2018年度の年度別収支を通して、約2400万の資産構築方法を考察してみる

2018年度の年度別収支を通して考える資産構築方法

こんにちわ、ももたまです。

今日の話題は年度別収支から見る、資産構築方法!

2019年3月の家計収支がまとまったので、2018年度の収支が決まりました。資産は約2400万円となり、マス層脱却まであと600万程度まで来ました。

今年度はたまちゃんが扶養範囲内のパートに切り替えたこと下の子が保育園に入園する等、お金に関するイベントも多くありました。

今年度の収支とこれまでの資産推移を見ながら、今回は約2400万円という資産の構築方法について考察してみました。

大切なのは収入が減ったとしても家計全体の見直しを続けていくことで、少しずつでも資産を構築することが出来るという事です。

もも
もも
小さな積み重ねが大きな効果を生む

基本情報

家族構成などの基本情報がこちらです。

基本情報

  • 年代:30代夫婦
  • 家族構成:4人家族(子供は年長、年少)
  • 仕事:夫(サラリーマン)、妻(パート)
  • 住居:2LDK賃貸(家賃補助なし)
  • :1台所有

2018年度収支

収入 8,002,829円
支出 5,760,475円
収支 2,242,354円

現在扶養範囲内で働いているたまちゃんの収入(約130万円)は全て貯蓄に回すというのが最低限のももたま家の貯蓄防衛ラインです。

今年度は無事にクリア出来たことが分かります。基本はももちゃんの収入だけで生活していくのが理想ですね。

なお、ももちゃんのボーナス分を今回の収支から差し引くと、約130万円程度になります。ボーナスに依存しないようになっているのは良いことだと思っています。

もも
もも
いつまでもらえるか分からないですからね

年度別収支・資産推移

年度別収支と資産推移をまとめてみたのがこちらのグラフになります。

2013年時点で資産額が約500万円という事から、5年間で約1900万の資産を積み上げることが出来たという事になります。

ももたま家ではこれまでも資産運用をしてきましたが大きな利益はほとんど無い為、実質貯蓄によって資産を構築したことになります。

たま
たま
もう少し早いタイミングで資産運用開始したかったですね
2018年度資産推移

資産構築に関する考察

資産を構築するには収入を増加させる方法支出を減少させる方法があります。今回はこの2点に着目して考察してみます。

収入を増加させる方法

これまでのももたま家にとって収入とは労働収入しかありませんでした。

労働収入は夫・妻のみが働く(一馬力)、夫・妻どちらかが扶養範囲内で働く(1.2~1.5馬力)、夫婦共にフルタイムで働く(2馬力)という順で増加させることが出来ます。

これは子供が生まれるなどのライフプランによって適宜選択していくことになります。

ももたま家では2013年に第1子、2015年に第2子が生まれました。それに伴いたまちゃんは、正社員フルタイムから育児休暇の取得、転職、その後扶養内パートへと適宜変更をしていくことになりました。

つまり、ももたま家は2馬力から1.3馬力程度まで収入の減少に直面しました。実はたまちゃんのパートへの変更は当初から計画していたものではありませんでした。

2人で子育てをしていく中で『今の時期が一番子供と一緒に過ごせる貴重な時間』だと考え、パートへの切り替えを決めました。

たま
たま
収入が減少するという点はやはり気になりましたね

子供が生まれてからの収入減少への対策として行った1つがももちゃんの転職です。結果的に前職より高い収入を得ることができ収入全体の減少を抑える事にも取り組んできました。

この時、重要な指標にしていたのは転職先の会社規模です。前職の会社は規模的には小さく給与もですが、福利厚生が手薄いことを感じていました。

受け取る額面上の給与ももちろん大事ですが、福利厚生も大切な内容だと意識していました。

もも
もも
転職は思っている以上に検討余地ありですよ
高額療養費の自己負担をさらに下げる保険組合付加給付は見逃せない福利厚生!” はロックされています。 高額療養費の自己負担をさらに下げる保険組合付加給付
高額療養費の自己負担をさらに下げる保険組合付加給付は見逃せない福利厚生!3割自己負担を抑える高額療養費制度に対して、さらに保険組合が付加給付をする制度は見逃せない...
家族向け福利厚生
会社の福利厚生のオムツ代、イベントチケット代の補助内容、転職時の調べ方などを実体験レポ家族・子供向けの福利厚生も実際にはかなり多くあるので自分の会社の福利厚生を今一度チェックすることをおすすめする。...

支出を減少させる方法

支出の見直しの原則は固定費の削減を行ってから、流動費の見直しを行うというものです。

子供が生まれると必然と子育てにかかる費用が増加していきますが、その分も含めた支出全体の見直しが必要だと言えます。

ももたま家では第2子が生まれた2015年から取り組みを初め、子育て費用が増大していく中でも年度内の支出を減らすことが出来ました。

直近の固定費見直しの内容としては『学資目的の生命保険の解約』、『格安SIMへの乗り換え』が挙げられます。

学資目的の保険解約
学資目的の生命保険解約で固定費削減に取り組む学資目的の生命保険は利率を考えたら解約すべきですよ...
UQ Mobileの格安SIMにMNPで乗り換えのお得効果と注意点8つUQ Mobileの格安SIMにMNPで乗り換えのお得効果と注意点8つ...

一つ一つの見直しや対策は小さくても確実に効果は出ており、年一回のこのような振り返り時に実感します。

もも
もも
今後も支出を抑えることに取り組んでいくので、記事にしながら共有していきますね。

結論として誰でも資産構築は可能

重要なのはどんな状況でも資産構築は可能だとももたま家は考えていることです。子供が生まれたり、仕事が変わったりとライフプランはどんどん変わっていきます

収入・支出はそれに応じて自然と増減していきますが、意識的に見直していく事で支出は減少させることが出来ます。

その結果、例え少額でも少しずつ資産を構築することは可能だと考えています。もちろん、ペースや金額は家庭毎に違うと思います。

年1万円でも、月1万円でも今より一歩でも前に進み続ける事を続けていく事が大事です。SNSなどを見て一緒に頑張っている方を見るのは本当にパワーを貰えます。

たま
たま
一緒に頑張っていけたら嬉しいです。

貯蓄から資産へ

ももたま家では2019年3月から本格的に米国ETFの積立投資による資産運用を開始しました。これまでの労働収入のみだった家計に対して、少しでも収入の柱を増やしていく必要性がありました。

その一つが投資です。ももたま家では配当金(インカムゲイン)ではなく、長期的に運用し続けることで利益を得ること(キャピタルゲイン)を目標にしています。

現時点のリスク資産(運用資産)と無リスク資産(貯蓄)の割合を示したものが下記の円グラフになります。金額ではETFの積立が約28万、企業型DC(確定拠出年金)が約60万となっています。

リスク資産割合

投資比率は3.65%と現在はまだまだ低いです。ただ、これから子供達が大きくなるにつれて教育費用も高くなり、長期的に進めていきたいという事からも精神的に負担のない積立が必要と考えています。

その為全額直ぐに積み立てることはせず、毎月コツコツと積立を進めて行きます。多少の積み増しはあると思いますが、現時点では焦る必要がないと考えています。

加えて現在アメリカ市場の景気が良く、各ETFの価格も右肩上がりです。逆に暴落時に買い増しが出来るように今は子育てに専念するのも一つだとも思います。

現在はNISA口座を利用して米国ETFを通した資産運用が主体ですが、2023年のNISA終了後は米国ETFのみならず国内投信を含めたリバランスが必要になると考えています。

もも
もも
SBI証券のNISA口座だと米国ETFの買付手数料が無料なんですよ

所感

ももたま家は決して特別な家庭ではなく、むしろ一般的な家庭にかなり近いと思っています。

『サラリーマン、賃貸住み、車一台持ち、遺産相続なし、2人の子供を育て、両親からも独立』

一般的な家庭がこれからのライフプランを考えると、きっとこの後は住宅購入を検討するのでしょうが、ももたま家ではそれが資産運用になっているだけなのだと思います。

夫婦ともに働けるときは一生懸命働いて収入を増やす。収入が落ちることがあっても、転職・パートで収入の落ち方を支えること、そして固定費を中心とした支出の見直しで貯蓄を増やしていくことは可能です。

その為にも、例え夫婦共に働いているタイミングからでも支出を見直していくのが良いと思いますし、並行して資産運用まで考えられたら最高だとももたま家は考えています。

とりあえず、ももたま家の当面の目標は『子育てしながらマス層(金融資産3000万以下)からの脱却』です。同年代、そして子育て世代の人達と一緒に頑張っていけるよう今後ともよろしくお願いします。

約2400万の資産構築方法のまとめ

  • 2018年度収支は約200万のプラス
  • 労働収入はライフプランの選択によって増減する
  • 子育てによる収入の減少を転職で支えることも1つ
  • 支出は継続的な見直しで年間少しでも資産を構築できる。
  • 貯蓄から資産への移行と、資産運用・投資の開始
  • リスク資産の割合は現時点でわずか3.65%
  • 投資方針は米国ETFを利用した長期積立
  • 当面の目標はス層からの脱却

以上

こちらも合わせてどうぞ♪