投資実績

【2020年1月】米国ETF投資、企業型確定拠出年金の運用実績【30代子育て世帯】

【2020年1月】米国ETF投資、企業型確定拠出年金の運用実績【30代子育て世帯】

こんにちわ、ももたまです。

2019年3月から米国ETF投資を開始して10ヶ月が経ちました。

2020年となり、気持ちも新たに今年もコツコツと米国ETF投資企業型確定拠出年金に取り組んでいきます

たま
たま
2020年はどんな年になるのか楽しみです
もも
もも
うん、楽しめるくらいの資金管理を大切にしていこう

まずは投資・資産運用の方針をしっかり確認しておきましょう。

セミリタイア環境をつくるための資産運用方針

私達は人生の目標の1つに『55歳までにセミリタイア環境をつくる』ことを挙げています。

そのために、家計見直しによる支出の倹約投資による資産の積上副業による収入の複数化に取り組み続けています。

【2020年版】30代子育て世帯の人生の目的・目標を大公開。自分達の幸せを目指そう
【2020年版】30代子育て世帯の人生の目的・目標を大公開。自分達の幸せを目指そう私達の人生の目的は『今と未来を全力で楽しむこと』。そのために『夫婦いつまでも手をつないで歩くこと』、『家族で47都道府県、夫婦で世界50ヶ国制覇すること』、『55歳までにセミリタイア環境をつくること』を目指す。...

投資においては、現在『米国ETF投資』『企業型確定拠出年金』を行っています。それぞれの投資方針は以下のとおりです。

運用方針 米国ETF投資 企業型確定拠出年金
投資対象 VT,VYMなどの米国ETF 外国債券・株式インデックス
投資方法 毎月定期積立(一般NISA) 毎月定期積立
運用期間 20年以上 20年以上
積立金額 年間約240万(月約20万) 年間約60万(月約5万)
備考 積立金額は適宜調整 給与の一部を加えた最大積立金額
※2020年4月見直し予定

ではさっそく、2020年1月の投資・資産運用の詳細な実績をみていきましょう。

30代子育て世帯の米国ETF投資の実績公開

米国ETF・MMFの保有銘柄の評価額を含めた詳細

私達が2020年1月現在、保有している全ての銘柄と評価額(1ドル=109.61円)と共に表にまとめました。

銘柄 口数 取得単価 現在値 損益($) 損益計($) 損益計(円) 評価額別割合
VT 142 76.41 81.68 5.27 747.73 81,959 60.13%
VYM 26 89.44 93.23 3.79 98.42 10,788 12.57%
LQD 8 117.34 128.7 11.36 90.88 9,961 5.34%
IYR 7 87.59 92.92 5.33 37.28 4,086 3.37%
MMF 1 3586.10 3586.10 0 0 0 18.59%
合計 974.31 106,794 100%

今月もMMFの一部を売却し、VTを20口VYMを5口買付しました。

買付金額はVT(81.68ドル)×20口+VYM(93.23)×5口で約2,100ドル(約22万円)となりました。

月約20万円という目安からすると少し買付金額が高くなってしまったため、来月はもう少し買付数を減らす予定です。

たま
たま
どの銘柄も市場価格が上がっていますね
もも
もも
20年以上の投資を意識した資金管理をしていきましょう
【2020年版】アセットアロケーションを考え方と一緒に大公開【30代子育て世帯】
【2020年版】アセットアロケーションを考え方と一緒に大公開【30代子育て世帯】アセットアロケーションを考えるポイントは3つ。リスク資産割合、投資商品割合、投資地域割合。私達はリスク資産が4割。そのうち、株式7割、債券2割、不動産とMMFで1割。投資先は米国中心の全世界が対象。...

米国ETF・MMFの銘柄別の保有割合

保有している米国ETFとMMFを、現在の評価額で計算した銘柄別の保有割合がこちらです。

2020年1月の米国ETF、MMFの保有割合

MMFの割合が先月の26.03%から18.59%と減っていますが、2月もMMFをもう少し売却する予定です。

一方で、毎月の積立金額は2019年の月13万円から、月20万円に増やしました。

私達は外貨積立を活用しているので、積立金額に合わせて外貨買付の金額とMMFの保有割合を引き続き調整していきます。

【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ
【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ【体験談】住信SBIネット銀行での外貨買付、外貨積立、SBI証券への外貨入金の考え方、具体的な手順を紹介。おすすめは為替手数料が2銭と安い外貨積立。ただし、外貨入金は定期的に自動で行えないので注意。...

米国ETF・MMFへの投資額・評価額推移

2020年1月時点の投資額と評価額を加えた推移グラフがこちらです。

2020年1月の投資、評価額推移
年月 運用金額(円) 評価額(円) 損益差額(円) 積立額(円) 為替(1ドル)
2020年1月 1,994,210 2,101,004 106,794 114,643 109.61
2019年12月 1,879,567 1,949,852 70,285 95,503 108.60
2019年11月 1,784,064 1,835,116 51,052 249,262 108.87
2019年10月 1,534,802 1,566,652 31,850 278,829 108.69
2019年9月 1,255,973 1,298,611 42,638 179,458 108.05
2019年8月 1,076,515 1,094,417 17,902 143,598 105.99
2019年7月 932,917 962,301 29,384 276,055 108.88
2019年6月 656,862 653,210 -3,652 140,442 108.47
2019年5月 516,420 504,925 -11,495 128,734 109.64
2019年4月 387,686 392,882 5,196 100,846 111.49
2019年3月 286,840 289,873 3,033 286,840 110.00
2019年2月 0 0 0 0

今月の積立金額は約11万円でしたが、これは円貨から外貨にした金額になります。

たま
たま
米国ETFは、VTとVYMで約22万円買付してますからね

米国ETFの買付金額と、運用金額全体の積立金額に差が生まれるのは、運用金額にMMFを含めているためです。

この場合、例えばMMFを売却した金額だけで米国ETFを買付すると、運用金額全体は変わりません。

米国ETF・MMFからの分配金の推移

2020年1月18日における米国ETF・MMFからの分配金の詳細と推移をグラフにまとめました。

2020年1月の米国ETF・MMFからの分配金推移
日付 ティッカー等 分配金(ドル)
2019年12月30日 VT 67.08
2019年12月30日 VYM 14.74
2019年12月27日 LQD 2.43
2019年12月23日 MMF 2.02
2019年12月23日 IYR 4.03

12月は保有している全ての米国ETFから分配金を受け取り、12月だけで90.37ドル(約9,800円)となりました。

さらに、2019年3月からの累計分配金は205.96ドル(約22,000円)となりました。

私達はインデックス投資のため分配金は全て再投資していますが、やはり分配金は受け取ると嬉しいものです。

たま
たま
積立投資だと、分配金の積み上がりも実感しますね

30代子育て世帯の企業型確定拠出年金実績

企業型確定拠出年金の推移をまとめたのがこちらのグラフです。

2020年1月の企業型確定拠出年金実績
年月 運用金額(円) 評価額(円) 損益差額(円) 積立額(円)
2020年1月 1,063,978 1,132,969 68,991 51,000
2019年12月 1,012,978 1,070,251 57,273 51,000
2019年11月 961,978 1,017,567 55,589 51,000
2019年10月 910,978 925,467 14,489 51,000
2019年9月 859,978 879,373 19,395 51,000
2019年8月 808,978 805,050 -3,928 51,000
2019年7月 757,978 765,500 7,522 51,000
2019年6月 706,978 699,493 -7,485 51,000
2019年5月 655,978 667,057 \11,079 51,000

実は2020年4月に企業型確定拠出年金の買付対象商品に少し変更があります。

そのタイミングで積立金額の変更もできるので、積立金額を減らすことを予定しています。

もも
もも
現在は給与の一部を加えています

給与の一部を加えると、積立金額が全て所得控除となるため、税金が安くなるメリットがあります。

ただ、企業型確定拠出年金にはあまり魅力的な商品が無く、60歳まで資金拘束が行われます。

投資を長期的に行っていく上でも、世帯全体の収入を増やしたほうが良いのではと考えています。

暴落リスク・為替リスク時の資産減少額を確認

2020年1月現在、暴落リスク・為替リスクによる資産減少見込みがこちらです。

リスク計算 評価金額(円) 暴落時の想定額(円) 暴落リスク
(5割減)
為替リスク
(3割減)
米国ETF投資 2,101,004 735,351
企業型DC 1,132,969 566,484 ×
合計 3,233,973 1,301,836

暴落によって投資している資産が約320万から約130万円まで減少する可能性があります。

資金管理は本当に大切で、特に子育て世帯で教育資金を投資資金にしている場合は気をつけましょう。

なお、暴落リスク・為替リスクについては別記事にまとめてありますので、参考にしてみてください。

【米国ETF投資】株価暴落・為替(円高)リスクで米ドル資産は最大3割まで減る
【米国ETF投資】株価暴落・為替(円高)リスクで米ドル資産は最大3割まで減る米国ETF投資において、過去に株価暴落によってETFの市場価格は▲56.9%、円高によって米ドル資産は▲24.24%になったという事実がある。その上で、長期・積立・分散を意識した投資を行うべき。...

最後に

米国ETF投資を始めてから10ヶ月が経ち、2020年が始まりました。

私達は引き続き、20年以上の運用を想定した、長期的なインデックス投資を米国ETFで続けていきます。

2019年は本当に手探り状態から始めた米国ETF投資ですが、実際に投資をすることで気づいたことも多いです。

2020年は米国ETF投資を続けていくことはもちろん、私達が困ったこと、理解したこともブログで情報共有していきます。

たま
たま
米国ETF投資家が増えていくと嬉しいですね
米国ETF投資実績、初心者からの始め方を公開中
こちらも合わせてどうぞ♪