投資実績

【2020年2月】米国ETF投資、企業型確定拠出年金の運用実績【30代子育て世帯】

【2020年2月】米国ETF投資、企業型確定拠出年金の運用実績【30代子育て世帯】

こんにちわ、ももたまです。

2019年3月から米国ETF投資を開始して11ヶ月が経ちました。

今月も米国ETFの定期買付をしましたが、新型コロナウィルスの影響を感じさせないくらい米国市場は右肩あがりを続けています。

これだけ相場が良いと投資しないと損と考えて、少し焦ってしまう人もいませんか?

そういう時ほど、自分の投資方針を見直して本当に投資をすべきか、落ち着いて振り返ってみましょう。

ということで、私達も投資・資産運用の方針をしっかり確認しておきましょう。

たま
たま
私達は毎月コツコツ、買付金額に合わせて買付するだけです

セミリタイア環境をつくるための資産運用方針

私達は人生の目標の1つに55歳までにセミリタイア環境をつくることを挙げています。

そのために、家計見直しによる支出の倹約投資による資産の積上副業による収入の複数化に取り組み続けています。

【2020年版】30代子育て世帯の人生の目的・目標を大公開。自分達の幸せを目指そう
【2020年版】30代子育て世帯の人生の目的・目標を大公開。自分達の幸せを目指そう私達の人生の目的は『今と未来を全力で楽しむこと』。そのために『夫婦いつまでも手をつないで歩くこと』、『家族で47都道府県、夫婦で世界50ヶ国制覇すること』、『55歳までにセミリタイア環境をつくること』を目指す。...

投資においては、米国ETF投資企業型確定拠出年金に取り組んでいて、それぞれの投資方針は以下のとおりです。

運用方針 米国ETF投資 企業型確定拠出年金
投資対象 VT、VYMなどの米国ETF 外国債券・株式インデックス
投資方法 毎月定期積立(一般NISA) 毎月定期積立
運用期間 20年以上 20年以上
積立金額 年間約240万(月約20万) 年間約60万(月約5万)
備考 積立金額は適宜調整 給与の一部を加えた最大積立金額
※2020年4月見直し予定

ではさっそく、2020年2月の投資・資産運用の詳細な実績をみていきましょう。

30代子育て世帯の米国ETF投資の実績公開

米国ETF・MMFの保有銘柄の評価額を含めた詳細

私達が2020年2月現在、保有している全ての銘柄と評価額(1ドル=109.94円)と共に表にまとめました。

銘柄 口数 取得単価 現在値 損益($) 損益計($) 損益計(円) 評価額別割合
VT 162 76.86 83.17 6.31 1021.98 112,356 60.98%
VYM 28 89.61 94.6 4.99 139.72 15,361 11.99%
LQD 8 117.34 130.75 13.41 107.28 11,794 4.73%
IYR 7 87.59 98.71 11.12 77.81 8,554 3.13%
MMF 1 4234.14 0 0 0 19.16%
合計 1346.79 148,066 100%

今月はVTを20口VYMを2口買付しました

買付金額はVT(83.17ドル)×20口+VYM(94.6ドル)×2口で約1,852.6ドル(約20万円)となりました。

先月の買付金額が約22万円と高かったため、今月はVYMの買付口数を2口に減らすことに。

それでもVT、VYMの市場価格が高くなっているため、実際の買付金額は約20万円となり予想よりも高かったです。

もも
もも
本当に米国市場は順調すぎるくらいの右肩あがりですね

今後どこまで米国市場が伸びるかは分かりませんが、引き続き市場価格に合わせて買付口数を調整していきます。

なお、2020年になったのでアセットアロケーションの記事も今後見直していきますね。

30代子育て世帯のアセットロケーション
【2019年版】30代子育て世帯が目指すアセット・アロケーションを公開子育て世帯のアセット・アロケーションは、リスク資産が全資産の内4割。その中で、株式が7割、債券2割、不動産とMMFで1割。投資先は米国を中心に全世界へ。...

米国ETF・MMFの銘柄別の保有割合

保有している米国ETFとMMFを、現在の評価額で計算した銘柄別の保有割合がこちらです。

2020年2月の米国ETF、MMFの保有割合

月20万円の買付金額に合わせて、外貨積立の金額を現在調整しているため、2月はMMFの売却をしませんでした

またMMFの売却は、手数料こそ無料ですが、売却後すぐに買付金額に反映されるわけではないので手間暇がかかります

私達は毎月の買付金額である約20万円を外貨積立の金額としているため、定期買付後の余りも大きな金額にはなりません。

そこで今後は、MMFの売却をせずに定期買付の余りはMMFで積み上げていくことを考えています。

たま
たま
わずかな金額のために売買するのは、効率が悪いですよね
【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ
【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ外貨買付のため、住信SBIネット銀行へ日本円を入金する時はSBI証券の即時入金サービスを活用。外貨買付は為替手数料が2銭、為替リスク対策としても有効な外貨積立がおすすめ。...

米国ETF・MMFへの投資額・評価額推移

2020年2月時点の投資額と評価額を加えた推移グラフがこちらです。

2020年2月の投資、評価額推移
年月 運用金額(円) 評価額(円) 損益差額(円) 積立額(円) 為替(1$)
2020年2月 2,281,154 2,429,221 148,066 286,944 109.94
2020年1月 1,994,210 2,101,004 106,794 114,643 109.61
2019年12月 1,879,567 1,949,852 70,285 95,503 108.60
2019年11月 1,784,064 1,835,116 51,052 249,262 108.87
2019年10月 1,534,802 1,566,652 31,850 278,829 108.69
2019年9月 1,255,973 1,298,611 42,638 179,458 108.05
2019年8月 1,076,515 1,094,417 17,902 143,598 105.99
2019年7月 932,917 962,301 29,384 276,055 108.88
2019年6月 656,862 653,210 -3,652 140,442 108.47
2019年5月 516,420 504,925 -11,495 128,734 109.64
2019年4月 387,686 392,882 5,196 100,846 111.49
2019年3月 286,840 289,873 3,033 286,840 110.00
2019年2月 0 0 0 0

今月はMMFの売却を行わなかったため、積立金額は約28万円となりました。

運用金額も220万円を超えましたが、2019年12月末の総資産額が2,800万円ということから米国ETFの資産割合はわずか7%程度です。

他人と比較して高い、低いと考えるのではなく自分達にとってどうか?を考えることが大切ですね。

私達は子供2人を育てているため、教育費が今後大きくかかることが決まっています。

だからこそ、20年以上の長期投資ができる資金管理を意識しており、現在の積立金額が適切だと考えています。

もも
もも
適切な積立金額は家庭の条件によって変わりますね
たま
たま
私達は今後も一括投資を行う予定はありません

米国ETF・MMFからの分配金の推移

2020年2月18日における米国ETF・MMFからの分配金の詳細と推移をグラフにまとめました。

2020年2月の米国ETF・MMFからの分配金推移
日付 ティッカー等 分配金(ドル)
2020年2月10日 LQD 2.43

1月は分配金の支払いはなく、2月もLQDのみと分配金は少額でした。

私達はインデックス投資のため分配金を指標の1つにはしていませんが、分配金を受け取る経験は本当に重要だと感じています。

分配金や配当金の年間受取額を目にすることはありますが、実際には受け取る金額は月によって変わります。

あたり前のことで、頭では分かっていても分配金の大小によって気分も変わります。

もも
もも
分配金のある月は幸せな気分になりますね。笑

逆に分配金がでない投資信託に積立続けることは、本当に凄いことだなと私達は感じています。

30代子育て世帯の企業型確定拠出年金実績

企業型確定拠出年金の推移をまとめたのがこちらのグラフです。

2020年2月の企業型確定拠出年金実績
年月 運用金額(円) 評価額(円) 損益差額(円) 積立額(円)
2020年2月 1,114,978 1,226,521 111,543 51,000
2020年1月 1,063,978 1,132,969 68,991 51,000
2019年12月 1,012,978 1,070,251 57,273 51,000
2019年11月 961,978 1,017,567 55,589 51,000
2019年10月 910,978 925,467 14,489 51,000
2019年9月 859,978 879,373 19,395 51,000
2019年8月 808,978 805,050 -3,928 51,000
2019年7月 757,978 765,500 7,522 51,000
2019年6月 706,978 699,493 -7,485 51,000
2019年5月 655,978 667,057 \11,079 51,000

企業型確定拠出年金(企業型DC)は特にやることはありませんが、今後の積立金額については現在検討中です。

企業型DCは引き出しが60歳以降のため、私達の目標である55歳までのセミリタイア環境作りに対しては意味がありません。

それよりも、現在の余剰資金を増やすことに注力した方が良いのではないかと夫婦で考えています。

もちろん企業型DCでは、給与の一部から積立を行うことで積立金額給与控除されるメリットがありますけどね。

たま
たま
自分達で納得した結論を出せるよう話し合いを続けています

暴落リスク・為替リスク時の資産減少額を確認

2020年2月現在、暴落リスク・為替リスクによる資産減少見込みがこちらです。

リスク計算 評価金額(円) 暴落時の想定額(円) 暴落リスク
(5割減)
為替リスク
(3割減)
米国ETF投資 2,429,221 850,227
企業型DC 1,226,521 613,260 ×
合計 3,655,742 1,463,487

暴落によって投資している資産が約360万から約145万円まで減少する可能性があります。

暴落がどんなタイミングで、どれくらいの期間起きるのかは誰にも分かりません。

一方で、暴落を恐れて投資できないことも、暴落を軽んじて投資をすることも私達にとってはリスクだと考えています。

だからこそ、最低でも20年以上は投資し続けられる資金管理を私達は意識しています。

もも
もも
総資産額におけるリスク資産割合は約12.8%ですね

なお、暴落リスク・為替リスクについては別記事にまとめてありますので、参考にしてみてください。

【米国ETF投資】株価暴落・為替(円高)リスクで米ドル資産は最大3割まで減る
【米国ETF投資】株価暴落・為替(円高)リスクで米ドル資産は最大3割まで減る米国ETF投資において、過去に株価暴落によってETFの市場価格は▲56.9%、円高によって米ドル資産は▲24.24%になったという事実がある。その上で、長期・積立・分散を意識した投資を行うべき。...

最後に

米国ETF投資を始めてから11ヶ月、来月は米国ETF投資を開始して1年になります。

20年以上の運用を考えている私達にとって、たった1年ですが得られた知識・経験は本当に大きいものでした。

一方で相場はコロナウィルスの影響も少なく、米国市場の伸びは好調のままです。

暴落の経験はまだしていませんが、多くの人が投資の利益を喜ぶ今の状況にとても不安を感じているのも正直なところです。

こういう時ほど誰かと比較することなく、自分達の投資方針を再確認しておきたいですね。

たま
たま
投資をしていないと損をする雰囲気が、私は少し怖いですね
米国ETF投資実績、初心者からの始め方を公開中
こちらも合わせてどうぞ♪