投資実績

【2020年7月】米国ETF投資、企業型確定拠出年金の運用実績【30代子育て世帯】

【2020年7月】米国ETF投資、企業型確定拠出年金の運用実績【30代子育て世帯】

こんにちわ、ももたまです。

2019年3月から米国ETF投資、企業型確定拠出年金を開始して16ヶ月が経ちました。

世界的にもコロナウイルス感染症の影響は収まることはなく、引き続き余談を許さない状況です。

そんな状況下でも、ダウ平均株価は右肩上がりの回復を続けています。

たま
たま
経済的な影響も大きいのに株価は順調なんですよね。
もも
もも
理解できない市況を通して、投資の難しさを実感してます。

投資において「暴落は避けられない」と言われますが、暴落は過去を振り返って始めて分かります。

コロナショックは「3月の暴落で終わりなのか?」は、コロナが終息した後でしか答え合わせができません。

だからこそ私達は現在の市況の理解に時間を割くのではなく、毎月コツコツ積立して投資に関わる時間を最小限にしています。

たま
たま
1日(24時間)をどう活用するかが大切ですよね。

では、2020年7月の運用実績報告の前に、私達の投資・運用方針を見ていきましょう。

セミリタイア環境をつくるための投資・運用方針

私達は人生の目標の1つとして、「55歳までにセミリタイア環境をつくること」を挙げています。

そのために、以下の3つの取り組みを続けています。

  1. 家計見直しによる支出の倹約
  2. 投資による資産の構築
  3. 副業による収入の複数化

私達の人生の目的、目標については下記の記事を参考にしてみてください。

【2020年版】30代子育て世帯の人生の目的・目標を大公開。自分達の幸せを目指そう
【2020年版】30代子育て世帯の人生の目的・目標を大公開。自分達の幸せを目指そう私達の人生の目的は『今と未来を全力で楽しむこと』。そのために『夫婦いつまでも手をつないで歩くこと』、『家族で47都道府県、夫婦で世界50ヶ国制覇すること』、『55歳までにセミリタイア環境をつくること』を目指す。...

投資においては、米国ETF投資企業型確定拠出年金に取り組んでいて、それぞれの投資・運用方針は以下のとおりです。

運用方針 米国ETF投資 企業型確定拠出年金
投資対象 VT、VYMなどの米国ETF 外国債券・株式インデックス
投資方法 毎月定期積立(一般NISA+ジュニアNISA) 毎月定期積立
運用期間 20年以上 20年以上
積立金額 年間約400万 年間約60万(月約5万)
備考 積立金額は適宜調整
※2020年7月よりジュニアNISAを活用
給与の一部を加えた最大積立金額
※2020年8月より月約1万円に減額

2020年7月より私達はジュニアNISAでも、SBI証券を活用した米国ETF投資を始めました。

ちなみに、ジュニアNISAで米国ETFを買付できるのはSBI証券だけです。

もも
もも
ジュニアNISAに関しては、また別の記事にまとめますね。

ではさっそく、2020年7月の投資・資産運用の詳細な実績をみていきましょう。

米国ETF投資の買付、運用実績を公開

米国ETF・MMFの買付銘柄、保有銘柄の評価額

私達が2020年7月19日時点で、保有している全ての銘柄と評価額(1ドル=107.21円)を表にまとめました。

銘柄 口数 取得単価 現在値 損益
(ドル)
損益計
(ドル)
損益計
(円)
評価額別割合
VT 297 74.21 78.3 4.09 1215.16 130,277 75.44%
VYM 51 83.93 81.56 -2.37 -121.05 -12,978 13.49%
LQD 8 117.34 137.32 19.98 159.84 17,136 3.56%
IYR 7 87.59 79.06 -8.53 -59.74 -6,405 1.80%
MMF 1 1,759.82 0 0 0 5.71%
合計 1194.21 128,031 100%

2020年7月の買付銘柄、口数、そして買付金額は以下のとおりです。

  • VT:47口(ジュニアNISA含む)
  • VYM:4口
  • 買付金額:4,006ドル(約43万円)

ジュニアNISAは子供1人あたり年間80万円、私達の場合は子供達2人分、年間160万円の控除枠があります。

ただ現時点では、まだ1人分しかジュニアNISA口座の開設が終わっていません。

たま
たま
ジュニアNISA口座の開設は手続きが大変なんですよね。

とはいえ、2020年は残り半年しかないので、年末までにかけて投資額を増やしていきます

月々の資産増加額が増えており、キャッシュポジション(資産の内、無リスク資産の割合)が高止まりしていました。

そういう意味でも、ジュニアNISAの活用は、私達にとっても良いタイミングだったと言えます。

もも
もも
環境の変化に合わせて、自分達も変化していかないとね。

ちなみに、私達はジュニアNISAの銘柄(VT)を少なくとも、子供が成人するまで」は保有し続けます

米国ETF・MMFの銘柄別の保有割合

保有している米国ETFとMMFを、現在の評価額で計算した銘柄別の保有割合がこちらです。

2020年7月の米国ETF、MMFの保有割合

2020年7月も外貨建MMFを売却して、米国ETFを買付しました。

外貨建MMFの保有割合を「12.47%→5.71%」と下げられたため、停止していた外貨積立を再開しています

たま
たま
住信SBIネット銀行の外貨積立がおすすめですよ。
【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ
【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ【体験談】住信SBIネット銀行での外貨買付、外貨積立、SBI証券への外貨入金の考え方、具体的な手順を紹介。おすすめは為替手数料が2銭と安い外貨積立。ただし、外貨入金は定期的に自動で行えないので注意。...

なお、今回のコロナショックを受けて、米ドルMMFの利回りはかなり下がっています。

1番利回りが良い「ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド」でも0.146%です。

それでも銀行預金の利率に比べれば十分高く、外貨で保有しておくメリットはありません。

SBI証券では保有している外貨に利息がつかないためです。

もも
もも
小さな金額でも、しっかりお金に働いてもらいましょう。
【米国ETF投資】SBI証券における外貨建MMF(米ドル)の買付、再投資のまとめ
【米国ETF投資】SBI証券における外貨建MMF(米ドル)の買付、再投資のまとめ【体験談】外貨建MMFは買付手数料が無料で、いつでも、少額から売買できる投資信託。銘柄は金利が一番高いものがおすすめ。分配金の受取、課税、再投資まで全て自動のため運用がしやすい。外貨預金よりも米国ETF投資に活用しやすい。...

米国ETF・MMFへの投資額・評価額推移

2020年7月時点の投資額と評価額を加えた推移グラフがこちらです。

2020年7月の投資、評価額推移
年月 運用金額(円) 評価額(円) 損益差額(円) 運用増加額(円) 為替
(1ドル)
2020年7月 3,176,872 3,304,903 128,031 225,644 107.21
2020年6月 2,951,228 2,998,024 46,790 13,565 106.89
2020年5月 2,937,663 2,729,467 -208,196 51,526 106.89
2020年4月 2,886,137 2,660,436 -225,701 483,635 107.92
2020年3月 2,402,502 2,204,521 -197,981 121,348 103.45
2020年2月 2,281,154 2,429,221 148,066 286,944 109.94
2020年1月 1,994,210 2,101,004 106,794 114,643 109.61
2019年12月 1,879,567 1,949,852 70,285 95,503 108.60
2019年11月 1,784,064 1,835,116 51,052 249,262 108.87
2019年10月 1,534,802 1,566,652 31,850 278,829 108.69
2019年9月 1,255,973 1,298,611 42,638 179,458 108.05
2019年8月 1,076,515 1,094,417 17,902 143,598 105.99
2019年7月 932,917 962,301 29,384 276,055 108.88
2019年6月 656,862 653,210 -3,652 140,442 108.47
2019年5月 516,420 504,925 -11,495 128,734 109.64
2019年4月 387,686 392,882 5,196 100,846 111.49
2019年3月 286,840 289,873 3,033 286,840 110.00
2019年2月 0 0 0 0
  • 運用金額:3,176,872円
  • 損益差額:128,031円
  • 運用増加額:225,644円

2020年7月も外貨建MMFを売却して米国ETFを買付したため、運用増加額としては約22万円程度でした。

2020年8月は以下の2つの理由からも、運用金額は大きく増えると考えています。

  1. 外貨積立の再開
  2. 2人分のジュニアNISAの買付

なお、私達は運用金額の推移なども全て公開していますが、全ての金額は私達のリスク許容度に応じたものです。

リスク許容度は千差万別なので、単純に金額だけを見ないように気をつけていきましょう。

たま
たま
自分のリスク許容度を理解することが投資の第一歩ですよ。

リスク許容度に関しては以下の記事にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

【初心者向け】投資を始める前に理解すべきリスク許容度とは何か?
【初心者向け】リスク許容度の考え方、重要性を理解しよう【長期投資に必要不可欠】投資に必要不可欠な「リスク許容度」について初心者向けに分かりやすく解説します!リスク許容度を超えた投資をすれば、苦しみに最終的には大きな損失に繋がります。まずは自分のリスク許容度をしっかり把握しましょう!...

米国ETF・MMFからの分配金の推移

2020年7月19日における米国ETF・MMFからの分配金の詳細と推移をグラフにまとめました。

2020年7月の米国ETF・MMFからの分配金推移
日付 ティッカー等 分配金
(ドル)
年度別の累計
(ドル)
2019年3月からの累計
(ドル)
2020年6月19日 IYR 3.38 15.05 282.12
2020年6月25日 VT 85.23 100.28 367.35
2020年6月25日 VYM 35.41 135.69 402.76
2020年6月30日 MMF 0.25 135.94 403.01
2020年7月8日 LQD 4.25 140.19 407.26

2020年6月の報告時点ではVT、VYMの分配金を受け取っていませんでした。

あらためて6月の分配金を振り返ると、126.6ドル、約13,000円もの金額を受け取りました

もも
もも
分配金は、本当の意味で不労所得ですからね。
たま
たま
2020年6月の三重旅行も楽しんできました。

実際には分配金を引き出して利用することはなく、外貨建MMFなどに再投資しています。

ですが、受け取った金額を把握して利用したお金と比較することで、分配金を通して資産運用を実感できます

もも
もも
そして何よりも、米国ETF投資を家族で楽しめますよ。

米国ETFにおける分配金は税金の負担が大きく、資産を運用する上で効率が決して良いとは言えません。

【米国ETF投資】SBI証券における分配金について。配当金との違い、利回り、税金、受取、再投資
【米国ETF投資】SBI証券での分配金に関するまとめ。利回り、税金、再投資がポイント【体験談】米国ETFから支払われる分配金。利回りも重要だが、3つの税金を理解し確定申告によって節税することも重要。受け取りは外貨(米ドル)のため、手動で買付、少額なら外貨建MMFも活用しよう。...

また、配当金や分配金を目的とした高配当投資は、個別株投資と同様の難易度だと考えています。

そのため、私達はインデックス投資に取り組んでいますが、分配金の存在はとても大きいと実感しています。

【米国ETF投資を選んだ5つの理由】つみたてNISAをやらない理由とは?
【米国ETF投資を選んだ5つの理由】つみたてNISAをやらない理由とは?米国ETF投資を選んだ理由は大きく5つ。①ブラックボックス、手数料を避ける。②分配金が欲しい。③税金について考えることができる。④運用金額の想定が非課税枠を超えている。⑤投資信託、米国ETFの2つを管理することが大変。...

なお、2021年から「一般NISA→つみたてNISA」と切り替え予定ですが、理由は大きく2つあります。

  1. 企業型DCのマッチング拠出を止める
  2. 余剰資金が大きくなりジュニアNISAも活用できる

そのため、つみたてNISAを始めたとしても米国ETF投資は継続していきます。

企業型確定拠出年金(企業型DC)の運用実績

企業型確定拠出年金の推移をまとめたのがこちらのグラフです。

2020年7月の企業型確定拠出年金(企業型DC)の運用実績
年月 運用金額(円) 評価額(円) 損益差額(円) 積立額(円)
2020年7月 1,377,965 1,477,862 99,897 51,000
2020年6月 1,326,965 1,381,976 55,011 51,000
2020年5月 1,275,965 1,264,049 -11,916 51,000
2020年4月 1,224,985 1,211,674 -13,291 51,000
2020年3月 1,165,978 1,148,589 -17,389 51,000
2020年2月 1,114,978 1,226,521 111,543 51,000
2020年1月 1,063,978 1,132,969 68,991 51,000
2019年12月 1,012,978 1,070,251 57,273 51,000
2019年11月 961,978 1,017,567 55,589 51,000
2019年10月 910,978 925,467 14,489 51,000
2019年9月 859,978 879,373 19,395 51,000
2019年8月 808,978 805,050 -3,928 51,000
2019年7月 757,978 765,500 7,522 51,000
2019年6月 706,978 699,493 -7,485 51,000
2019年5月 655,978 667,057 \11,079 51,000

2020年6月の報告では、「マッチング拠出を7月より停止する」と報告しましたが、実際の停止は8月の積立分からでした。

たま
たま
来月からは約1万円の会社拠出分だけになる予定です。

ちなみに、企業型DCのマッチング拠出を止めた理由は大きく2つあります。

  1. 取り扱い商品に魅力がなかった
  2. 60歳まで資金が拘束されることがストレス

一方で、企業型DCには「課税所得が抑えられ、運用益も非課税」という魅力もあります。

また2022年10月から、企業型DCが導入されている企業の会社員でも、iDeCoが活用できるようになります。

現時点では資金拘束のデメリットが大きいと感じていますが、引き続き状況を注視していきます。

暴落リスク・為替リスク時の資産減少額を確認

2020年7月現在、暴落リスク・為替リスクによる資産の減少見込みは以下のとおりです。(1ドル=107.21円)

評価額(円) 暴落時の想定額(円) 暴落リスク
(5割減)
為替リスク
(3割減)
米国ETF 3,116,233 1,090,681
MMF 188,670 132,069 ×
企業型DC 1,477,862 738,931 ×
合計 4,782,765 1,961,682

暴落によって、資産が約478万から約196万円まで減少する可能性があるということです。

もも
もも
何年もかけて、ジワジワ下落し続けるのが暴落です。
たま
たま
だからこそ、自分達に合った資金管理が大切ですよね。

なお、暴落リスク・為替リスクについては、以下の記事にまとめましたので、参考にしてみてください。

【米国ETF投資】株価暴落・為替(円高)リスクで米ドル資産は最大3割まで減る
【米国ETF投資】株価暴落・為替(円高)リスクで米ドル資産は最大3割まで減る米国ETF投資において、過去に株価暴落によってETFの市場価格は▲56.9%、円高によって米ドル資産は▲24.24%になったという事実がある。その上で、長期・積立・分散を意識した投資を行うべき。...

最後に

2020年も7月となり、1年の折返しとなりましたが、いろいろな変化に私達も驚いています。

  • コロナウィルスによる暴落
  • 経済状況が不透明の中での株価回復
  • 企業型DCへのマッチング拠出停止
  • ジュニアNISAの開始
  • 一般NISAから積立NISAへの切り替え検討

周りの環境はもちろん、私達自身も変わり続けていることを改めて実感しています。

私達は「周りの環境が変化し続ける中で、自分達も変化し続けること」が本当の安定だと考えています。

もも
もも
明日も、来年も今と同じという保証はありませんよね。

その一方で、変わること無く継続し続けることが大切ということもあります。

私達が取り組んでいるインデックス投資は、継続が大切という代表例のひとつです。

そして、「決めたことを今回もやると」と決定し続けていくことも、変化する環境の中で行わなければなりません。

たま
たま
そのためにも、常に自分達が学び・変化していかないとね。

大切な自分達のお金を守るのは、他の誰でもない私達自身です。

20年以上という運用期間から見れば、私達の歩みはまだ本当に一歩目なのでしょう。

だからこそ今後も、日々変わる変化の中で、自分達なりの結論を出し続けられるように、夫婦で投資に取り組んでいきます。

米国ETF投資実績、初心者からの始め方を公開中
こちらも合わせてどうぞ♪