投資実績

【2020年9月】米国ETF投資、企業型確定拠出年金の運用実績【30代子育て世帯】

【2020年9月】米国ETF投資、企業型確定拠出年金の運用実績【30代子育て世帯】

こんにちは、ももたまです。

2019年3月から米国ETF投資、企業型確定拠出年金を開始して18ヶ月が経ちました。

みなさんは、9月にいろいろな「投資アノマリー」があるのをご存知ですか?

アノマリー(Anomaly)とは、現代ポートフォリオ理論や相場に関する理論の枠組みでは説明することができないものの、経験的に観測できるマーケットの規則性のことです。
(出典:SMBC日興証券株「初めてでもわかりやすい用語集」より)

  • 株は5月に売り9月に買え(セル・イン・メイ)
  • 9月底値
  • 秋には魔物が住む
もも
もも
9月は底値になりやすいと言われているそうですね。

ところが実際の米国市場、ダウ平均株価の推移は順調に右肩上がりを続けています。

先月の報告時(2020年8月14日)からの騰落率

  • 8月14日:27,931.02ドル
  • 9月16日:28,216.53ドル
  • 【結果】+101.36(+0.36%)

2020年2月末のコロナショックを受け、「第二波はいつ来るのか?」と懸念されていました。

ですが、2020年8月18日にS&P500の最高値が更新され、コロナショックは幕を閉じたと言えるでしょう。

たま
たま
あらためて、相場を「読む」って難しいと感じましたね。

2019年3月から投資を始めた私達にとって、今回のコロナショックは初めての暴落でした。

投資において経験が本当に重要で、頭で分かっていても理想通りに動くことはできないと痛感しました。

その一方で、だからこそ「少額からでも投資を始めた方が良い」とも強く感じました。

また、暴落時に落ち着いて過ごせたのは資金管理のおかげと理解できたので、リスク許容度を意識しながら今後も投資を続けていきます。

もも
もも
自分達のお金を守るのは、自分達ですからね。

では、2020年9月の運用実績報告の前に、私達の投資・運用方針を見ていきましょう。

セミリタイア環境をつくるための投資・運用方針

私達は人生の目標の1つとして、「55歳までにセミリタイア環境をつくること」を挙げています。

そのために、以下3つの取り組みを続けています。

  1. 家計見直しによる倹約(収支の改善)
  2. 投資による資産の構築
  3. 副業による収入の複数化

私達の人生の目的、目標については下記の記事を参考にしてみてください。

【2020年版】30代子育て世帯の人生の目的・目標を大公開。自分達の幸せを目指そう
【2020年版】30代子育て世帯の人生の目的・目標を大公開。自分達の幸せを目指そう30代子育て夫婦の人生の目的、3つの目標を紹介!2020年の目標、2020年8月末時点の実績も全て具体的に公開します!いろいろな取り組みを継続させていくコツも合わせてまとめました!...

投資においては、米国ETF投資企業型確定拠出年金に取り組み、運用方針は以下のとおりです。

運用方針米国ETF投資企業型確定拠出年金
投資対象米国ETF(VTVYMLQDIYR外国債券・株式インデックス
投資方法毎月定期積立(一般NISA+ジュニアNISA毎月定期積立
運用期間20年以上20年以上
積立金額年間約400万年間約60万(月約5万)
→約12万円(月約1万円)
備考積立金額は適宜調整
※2020年7月よりジュニアNISAを活用
給与の一部を加えた最大積立金額
※2020年8月より月約1万円に減額

私達が資産運用の主軸として「米国ETF投資」を選んだ理由は、下記の記事を参考にしてください。

【体験談】投資信託ではなく米国ETF投資をオススメする3つの理由
【体験談】投資信託ではなく米国ETF投資をオススメする3つの理由投資信託ではなく米国ETF投資をオススメする3つの理由とは?また、確定申告に不安を感じているなら、米国ETF投資をキッカケにして税法を学ぶべき理由も合わせて解説します!...

では、2020年9月の投資・資産運用の詳細な実績を見ていきましょう。

米国ETF投資の買付、運用実績を公開

米国ETF・MMFの買付銘柄、保有銘柄の評価額

私達が2020年9月16日時点で、保有している全ての銘柄と評価額(1ドル=105.31円)を表にまとめました。

銘柄口数取得単価現在値損益
(ドル)
損益計
(ドル)
損益計
(円)
評価額別割合
VT38476.0082.676.672559.78269,57077.96%
VYM6183.7083.5-0.212.461,31212.51%
LQD8117.34135.9918.65149.215,7122.67%
IYR787.5984.58-3.01-21.10-2,2221.45%
MMF12,199.120005.40%
合計2675.42281,748100%

2020年9月の買付銘柄・口数・買付金額は以下のとおりです。

  • VT53口(ジュニアNISA含む)
  • VYM5口
  • 買付金額:4,799ドル(約50万円)

2020年8月の報告で開設が完了していなかった、ジュニアNISA口座が無事に開設されました。

もも
もも
資料請求から開設まで、結局約2ヶ月かかりましたね。

ジュニアNISAで「何に投資するのか?」は話題に良くあがりますが、私達は米国ETFのVTを選択しました。

そのため証券会社も、ジュニアNISAで米国ETFが唯一買付できるSBI証券を選びました。

理論上は、分配金が自動的に再投資される投資信託の方が、米国ETFよりも資産運用効率が良いと言われています。

ではなぜ、私達はジュニアNISAで米国ETFを選んだのか?

その理由については、ジュニアNISAに関する下記の記事にまとめたので、参考にしてみてください。

【ジュニアNISA】SBI証券で米国ETF投資をおすすめする理由と入金・買付手順まとめジュニアNISA廃止決定によって生まれた魅力とは?また、投資信託ではなく米国ETF投資をおすすめする理由とは?さらに、SBI証券で米国ETFを買付する具体的な手順まで全て解説します!...

「投資は目的が全て」だからこそ、自分達の目的にあった手段を選択しましょう。

たま
たま
子供達と一緒に資産運用を学ぶことも、大切な目的ですよ。

ちなみに、ジュニアNISAにおける米国ETFの買付も、基本的には通常の買付方法と変わりません。

唯一の違いは、外貨入金ができないため「円貨決済」で買付しなければならない事でしょう。

【米国ETF投資】SBI証券における買付・定期買付・確認手順を画像付きで解説!
【米国ETF投資】SBI証券の買付・定期買付の操作手順と注意点を解説!【画像付】SBI証券における米国ETFの買付・定期買付手順を画像付きで徹底解説!入力項目の説明から、買付・定期買付後の注意点も合わせて紹介します!...

なお、VTを含めた私達が投資している銘柄の詳細は、下記の記事を参考にしてみてください。

【米国ETF投資】30代投資家が「投資する銘柄」と「選んだ理由」を解説
【米国ETF投資】30代投資家が「投資する銘柄」と「選んだ理由」を解説資産総額3,000万円以上の私達が実際に投資している米国ETFの銘柄と、投資理由を解説します!また、過去に売却した銘柄の理由、さらに銘柄を選ぶためのポイントもズバリ紹介します!...

米国ETF・MMFの銘柄別の保有割合

2020年9月時点で保有している米国ETFとMMFを、銘柄別ごとの評価額を基準にして保有割合をまとめました。

2020年9月の米国ETF、MMFの保有割合

2020年9月はVT、VYMの2銘柄を定期買付しただけなので、先月と比べても資産割合は大きく変わっていません。

なお、私達は住信SBIネット銀行の外貨積立を活用して、為替手数料を2銭に抑えながら外貨買付しています。

もも
もも
外貨積立は為替リスク対策にもなりますからね。
【米国ETF投資】外貨買付・外貨積立・外貨入金の図解付き解説【SBI証券&住信SBIネット銀行】
【米国ETF投資】外貨買付・外貨積立・外貨入金を徹底解説【SBI証券&住信SBIネット銀行】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立、SBI証券への外貨入金の手順を、画像と図解付きで解説します!特に外貨積立はおすすめだが、たった1つの注意点についても紹介します!...

外貨買付の場合、余った端数の外貨は外貨建MMFに投資することで無駄なく外貨も運用しましょう。

米国市場では金利の引き下げが続いているため、外貨建MMFの利回りも1年前に比べて0.1%と低迷しています。

それでもSBI証券では外貨で保有していても金利がつかないため、少しでも運用に回すことがおすすめです。

【米国ETF投資】SBI証券における外貨建MMF(米ドル)の買付、再投資のまとめ
【米国ETF投資】SBI証券における外貨建MMF(米ドル)の買付、再投資のまとめ【体験談】外貨建MMFは買付手数料が無料で、いつでも、少額から売買できる投資信託。銘柄は金利が一番高いものがおすすめ。分配金の受取、課税、再投資まで全て自動のため運用がしやすい。外貨預金よりも米国ETF投資に活用しやすい。...

ちなみに、私達が目指してるアセットアロケーションに比べると「債権・不動産+MMF」の割合が低くなっています。

現在(%)アセットアロケーション(%)
債権2.6720
不動産+MMF6.8510

現時点では債権ETF(LQD)、不動産ETF(IYR)のどちらも魅力的な水準ではありません。

そこで、債権を買付して割合を増やすのか?アセットアロケーションを見直すのか?を検討していきます。

たま
たま
夫婦で納得した結論を出すために話し合っていきます。
【2020年版】アセットアロケーションを考え方と一緒に大公開【30代子育て世帯】
【2020年版】アセットアロケーションを考え方と一緒に大公開【30代子育て世帯】アセットアロケーションを考えるポイントは3つ。リスク資産割合、投資商品割合、投資地域割合。私達はリスク資産が4割。そのうち、株式7割、債券2割、不動産とMMFで1割。投資先は米国中心の全世界が対象。...

米国ETF・MMFへの投資額・評価額推移

2020年9月時点の投資額と評価額を加えた推移グラフがこちらです。

2020年9月の投資、評価額推移
年月運用金額(円)評価額(円)損益差額(円)運用増加額(円)為替
(1ドル)
2020年9月4,004,1884,285,936281,748558,834105.31
2020年8月3,445,3543,703,987258,633268,482106.59
2020年7月3,176,8723,304,903128,031225,644107.21
2020年6月2,951,2282,998,02446,79013,565106.89
2020年5月2,937,6632,729,467-208,19651,526106.89
2020年4月2,886,1372,660,436-225,701483,635107.92
2020年3月2,402,5022,204,521-197,981121,348103.45
2020年2月2,281,1542,429,221148,066286,944109.94
2020年1月1,994,2102,101,004106,794114,643109.61
2019年12月1,879,5671,949,85270,28595,503108.60
2019年11月1,784,0641,835,11651,052249,262108.87
2019年10月1,534,8021,566,65231,850278,829108.69
2019年9月1,255,9731,298,61142,638179,458108.05
2019年8月1,076,5151,094,41717,902143,598105.99
2019年7月932,917962,30129,384276,055108.88
2019年6月656,862653,210-3,652140,442108.47
2019年5月516,420504,925-11,495128,734109.64
2019年4月387,686392,8825,196100,846111.49
2019年3月286,840289,8733,033286,840110.00
2019年2月0000
  • 運用金額:4,004,188円
  • 評価額:4,285,936円
  • 損益差額:281,748円
  • 運用増加額:558,834円

ジュニアNISA(子供達2人分)の本格的な運用が始まったため、今月の投資金額は約55万円と大きく増えました。

米国ETFの運用金額は400万円を超えましたが、総資産3,200万円に対する割合は約12%です。

もも
もも
運用する金額の大きさにも少しずつ慣れてきましたね。

投資を考える上で重要なのは、自分達のリスク許容度に合わせた金額を運用することです。

リスク許容度には「資産総額・投資経験」が含まれるため、基本的には時間と共に大きくなっていきます。

私達も月20万円の積立投資を1年以上続けてきたからこそ、今月の50万円も焦ることなく淡々と投資できました。

たま
たま
だから、少額でも投資する経験は無駄にはなりませんよ。

もし、リスク許容度が良く分からない場合は、ぜひ下記の記事を参考にして自分達のリスク許容度を見つけてください。

【初心者向け】投資を始める前に理解すべきリスク許容度とは何か?
【初心者向け】リスク許容度の考え方、重要性を理解しよう【長期投資に必要不可欠】投資に必要不可欠な「リスク許容度」について初心者向けに分かりやすく解説します!リスク許容度を超えた投資をすれば、苦しみに最終的には大きな損失に繋がります。まずは自分のリスク許容度をしっかり把握しましょう!...

米国ETF・MMFからの分配金の推移

2020年9月16日における米国ETF・MMFからの分配金の詳細と推移をグラフにまとめました。

2020年9月の米国ETF・MMFからの分配金推移
日付ティッカー等分配金
(ドル)
年度別の累計
(ドル)
2019年3月からの累計
(ドル)
2020年8月28日MMF0.09142.53409.60
2020年9月8日LQD2.13144.66411.73

2020年9月はVT、VYMの分配金が支払われる月ですが、月末になるため現時点では受け取っていません。

私達は積立投資をしているため、基本的に分配金も右肩上がりで増えていくことになります。

もも
もも
そういう意味でも、3ヶ月ごとの分配金は楽しみですね。

インデックス投資を行っている私達の場合、分配金の金額は決して多くはありません。

ですが、分配金という資産収入は例え少額であったとしても、不労所得を味わう大切な経験と考えています。

なぜなら、インデックス投資における1番の難しさは、「資産の増加を感じにくいこと」だからです。

たま
たま
分配金のない投資信託だと、評価額が全てですからね。

私達も理論上は「米国ETFは投資信託よりも資産運用効率が落ちる」と考えています。

特に分配金は二重課税され、一般NISAを利用していても外国源泉徴収税(10%)が徴収されます。

【米国ETF投資】SBI証券における分配金について。配当金との違い、利回り、税金、受取、再投資
【米国ETF投資】SBI証券での分配金に関するまとめ。利回り、税金、再投資がポイント【体験談】米国ETFから支払われる分配金。利回りも重要だが、3つの税金を理解し確定申告によって節税することも重要。受け取りは外貨(米ドル)のため、手動で買付、少額なら外貨建MMFも活用しよう。...

ただ、私達にとって資産運用における最重要ポイントは「相場で生き続けること」だと考えています。

もも
もも
簡単に言えば、「長い間投資し続けること」ですね。

米国ETF投資は、「分配金という資産収入を実感しながら、インデックス投資を続けられる」私達にとっての最適解です。

企業型確定拠出年金(企業型DC)の運用実績

2020年9月16日時点の企業型確定拠出年金の推移をまとめたのがこちらのグラフです。

2020年9月の企業型確定拠出年金(企業型DC)の運用実績
年月運用金額(円)評価額(円)損益差額(円)積立額(円)
2020年9月1,399,9651,532,085132,12011,000
2020年8月1,388,9651,532,626143,66111,000
2020年7月1,377,9651,477,86299,89751,000
2020年6月1,326,9651,381,97655,01151,000
2020年5月1,275,9651,264,049-11,91651,000
2020年4月1,224,9851,211,674-13,29151,000
2020年3月1,165,9781,148,589-17,38951,000
2020年2月1,114,9781,226,521111,54351,000
2020年1月1,063,9781,132,96968,99151,000
2019年12月1,012,9781,070,25157,27351,000
2019年11月961,9781,017,56755,58951,000
2019年10月910,978925,46714,48951,000
2019年9月859,978879,37319,39551,000
2019年8月808,978805,050-3,92851,000
2019年7月757,978765,5007,52251,000
2019年6月706,978699,493-7,48551,000
2019年5月655,978667,05711,07951,000

企業型DCは2020年8月から積立金額を、会社が拠出する金額のみ(1,1000円)に減額しました。

iDeCo・企業型DCは、所得控除・運用非課税のメリットはありますが、60歳までの資金拘束というデメリットが大きすぎます。

特に子育て世帯である私達の場合、数年先の状況が読めないことからも「資金の流動性」を重視しています。

たま
たま
だから非課税枠の利用も、流動性で判断していますね。
  1. 一般NISA…資金拘束なし
  2. ジュニアNISA…2024年から資金拘束なし
  3. 企業型DC・iDeCo…60歳まで資金拘束

また、企業型DC・iDeCoは受け取るタイミングで課税される可能性があるため、運用益が非課税でも注意が必要です。

まさに「目的に応じた利用検討が必要不可欠な制度」と言えるでしょう。

暴落リスク・為替リスク時の資産減少額を確認

2020年9月現在、暴落リスク・為替リスクによる資産の減少見込みは以下のとおりです。(1ドル=105.31円)

評価額(円)暴落時の想定額(円)暴落リスク
(5割減)
為替リスク
(3割減)
米国ETF4,054,3471,419,021
MMF231,589162,113×
企業型DC1,532,085766,043×
合計5,818,0212,347,176

暴落によって、「資産が約582万から約235万円まで減少する可能性がある」と考えられます。

今回のコロナショックで、私達も一時期は運用益がマイナスの期間が数ヶ月続きました。

その状況でも正直な話、リスクを常に意識していたため、不安は全くありませんでした

たま
たま
ただ、過去には何年間も下落が続いた時期もありますよね。

何年も右肩下がりが続く状況でも、淡々とインデックス投資を続けていくためには資金管理が最重要です。

常に暴落リスク・為替リスクを意識して、投資に取り組んでいきましょう。

なお、暴落リスク・為替リスクについては、以下の記事を参考にしてみてください。

【米国ETF投資】株価暴落・為替(円高)リスクで米ドル資産は最大3割まで減る
【米国ETF投資】株価暴落・為替(円高)リスクで米ドル資産は最大3割まで減る米国ETF投資において、過去に株価暴落によってETFの市場価格は▲56.9%、円高によって米ドル資産は▲24.24%になったという事実がある。その上で、長期・積立・分散を意識した投資を行うべき。...

まとめ:投資の経験とリスク許容度の関係を実感

2020年9月は子供達2人分のジュニアNISA口座が開設され、投資金額も月50万円を超えました。

2019年3月に始めた時(月20万円)と比べると、投資金額は約2倍になりました。

それでも淡々と投資できたことは、私達のリスク許容度が少しずつ上っているからだと言えるでしょう。

もも
もも
日々リスク許容度が上がっているという感じですね。

18ヶ月、1年半という投資経験を経て、あらためて「少額からでも投資を始めて経験を積むこと」が大切だと感じました。

また、少額投資は「行動」であり、その結果を踏まえた「試行錯誤」も大切です。

私達の場合、「いろいろな書籍を得た知識と実際の体験を紐付けること」を意識しています。

投資に関する初心者向けの書籍も、最初に読んだ時は全て理解することはできませんでした。

たま
たま
それくらい、私達の知識・経験は少なかったですね。

だからこそ、本に書いている内容や言葉を、自分達の経験を元に理解することで学び続けています。

もし既に少額から投資を始めている人は、知識と経験を紐付けることに挑戦してみてください。

私達が活用している投資に関する書籍については、下記の記事を参考にしてください。

【初心者向け】インデックス投資・米国ETF投資に関するおすすめの本9選
【初心者向け】インデックス投資・米国ETF投資に関するおすすめの本9選インデックス投資・米国ETF投資を始める初心者におすすめしたい本を紹介します!本の知識は実際の投資にも役立ちますが、あわせて投資経験を積むことでより理解も深まります!...

以上、ももたまでした!

米国ETF投資はマネーフォワードで一括管理!
ももたま家が愛用している理由
  • 家計簿に証券口座を加えて自動連携できる!
  • 外貨建でも円換算で資産表示ができる!
  • 最新の資産状況がリアルタイムで分かる!
  • 資産推移もグラフで分かりやすく確認できる!

 

こちらも合わせてどうぞ♪