子育てアイデア

5歳の子供にお金の教育をするなら、一緒に子供珈琲店を開店するのがおすすめ

子供のお金の教育に子供珈琲店

こんにちわ、ももたまです。

以前から子供達のお金の教育をどうしたらいいのかを2人で考えていました。

キッズマネースクールのイベントにも参加してみましたが、普段の生活の中で何か出来ることはないか?

子供のお金の教育、キッズマネースクールに参加
子供のお金の教育、キッズマネースクールに参加してみたよっ!子供のお金の教育、キッズマネースクールに参加してみたら子供達もお金に対する興味が湧いたようでとても良いきっかけになりました。...

そんな時に見つけたのが佐藤ねじさんの小学生1年生の息子さんが始めた家庭内起業のツイートでした。

これを私達も応用できないかを考えて、5歳の子は子供珈琲店を開店

初めて1ヶ月以上が経ちましたが、想像以上の効果があり驚く事ばかりです。

お金に興味を持つだけでなく、稼ぐという事、値段と価値の感覚、勉強する意味まで考えるようになりました。

正直ここまで子供に響くとは思いませんでしたが、結果的に子供珈琲店は大成功だったと感じています。

同じように子供のお金の教育で悩んでいらっしゃる方がいれば、ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

もも
もも
親の理解や姿勢もとっても大切
たま
たま
ただ珈琲店を開けば良いってわけではないもんね

ももたま家の子供珈琲店

佐藤ねじさんの息子さんは当時小学校1年、しかもコーヒーもドリップとかなり本格的な珈琲屋さんでした。

5歳の子供にドリップは難しく、また私達自身がそこまでコーヒーに対して知識もありませんでした。

そこで、記事を参考にさせていただきながらももたま家なりの子供珈琲店を作り上げることにしました。

珈琲はインスタントコーヒー

今回子供が販売するコーヒーはドリップ式ではなくインスタントコーヒーとしました。

ドリップ式でも可能だとは思いましたが、もし本人が今後も続けて行くとなった時の商品拡充の選択肢として残しました。

また、私達自身がコーヒーに対してあまり詳しくないというのも大きな理由の一つです。

『コップの準備、お湯を沸かす、コーヒーを入れる、お湯を注ぐ、片づける、提供する』

この一連の流れを一人で全て行ってもらい、コーヒーを自分で販売するようにしました。

 

お金はお小遣いから

最初にインスタントコーヒーを購入する必要がありますが、これも子供自身のお小遣いで買ってもらいました。

数か月前、ちょうど祖父母から1,000円分の図書カードをいただきました。

それを現金に交換して購入をするのですが、今回珈琲店を行うかどうか最終的には子供に決めてもらいました

『この1,000円で大好きなリュウソウジャーの本を購入することも出来る』

『ただ、その場合は1冊しか買えないから2冊目は買えない』

『どうしたらお金を増やすことが出来るのか考えてみよう』

何が自分には出来るだろうか?

パパやママは何にお金を払っているだろうか?

佐藤ねじさんの会議を参考にさせてもらいながら、一緒に話し合いコーヒーを販売するという答えを導き出しました

元々子供自身もお金を稼ぐこと、稼いで好きなものを買う事に興味があったという点も、やると自分で決めれた理由だと思っています。

もも
もも
親が決めてやらせるのでは意味がないですからね

コーヒーの仕入れと値段決め

販売する物が決まったので商品であるコーヒーを子供とスーパーへ仕入れに行きました。

子供にとって人生初めてのコーヒー選びで、様々な種類のコーヒーに目を輝かせながら一生懸命選んでいましたよ。

たま
たま
最終的には私達が決めてしまいましたが

ももちゃんにはUCC The Blend 115を、たまちゃんにはBlendy stickのカフェインレスカフェオレを購入。

図書カードを換金して手に入れた1,000円札を握りしめて初めての仕入れは終了。

お小遣いは1,000円から490円を引いた510円となりました。

子供にとってはお札よりも硬貨が嬉しいようで、『お金が2枚に増えたっ!!』っと喜んでいました。笑

帰宅後、子供と2人で値段を決めることにしましたが赤字にならないようにだけ気を付けメニューも作成。

子供珈琲店メニュー

  • ブラックコーヒー:20円
  • カフェインレスコーヒー:30円
子供珈琲店のコーヒー仕入れ 子供珈琲店のコーヒー仕入れ
もも
もも
メメニウーって書いてる。笑
子供珈琲店のメニュー表

コーヒーを淹れる練習

最後にコーヒーを淹れる練習をしました。

インスタントコーヒーなので、コップを出してお湯を沸かして注げれば大丈夫です。

少しキッチンのレイアウトを変えて子供でも手が届くようにはしましたが、大きな問題もなく直ぐに覚える事ができました。

2019年5月19日、ももたま家の子供珈琲店の開店日となりました。

子供珈琲店を始めてみて

実際に子供珈琲店を始めてみると様々な驚きや経験を私達も味わうことになりました。

支払いはお小遣いから

子供珈琲店でコーヒーを飲むともちろんお金を支払わなければなりません。

この時支払いを家計から計上するか2人で考えましたが、私達も自分達のお小遣いから出すことにしました。

親としてではなく、お客さんとして接するべきだと考えました。

注文すると一人でコーヒーを入れて出してくれるので、これなら確かにお金を払っても良いなっと感じましたね。

もも
もも
確かに結構便利です

飲みたいときに飲む

毎朝必ず飲むという事は無く「飲みたくない時は飲みたくない」とはっきり伝えることも大切です。

逆に飲みたいときは子供に「今日は珈琲店やっているのかな?」っと聞くこともあります。

面白いことに、子供なりに考えているようで「今コーヒー飲みたい?」っと聞いてくることもあります。

もちろん飲みたくない時は断りますが、少しずつ子供なりにタイミングを計っているような気がしています。笑

例えば、朝ゆっくり外に出かける時、夜寝る前に仕事から帰ってきた時などは飲んでくれそうだと思っているようです。

たま
たま
本当の気持ちは分からないですけどね

お小遣い帳をつける

珈琲店を始めると必然とお金のやり取りが必要になります。

まだ足し算や引き算が分かるわけではありませんが、これを機会に計算機の使い方も含めてお小遣い帳を始めました

計算機で計算してみて、実際に数を数えて、数字を書く。

子供なりに気づきも多く、10円玉が10枚集まると100円になることが分かった時は大喜びしていましたね。笑

でも、初めて10円玉10枚を100円に交換した時は、お金の枚数が減って少し寂しそうにしてたのも印象的です。

たま
たま
ママ、お金減っちゃったって話してくれました
もも
もも
両替する時にしっかりと教えてあげました
子供珈琲店のお小遣い帳

勉強の意味を理解する

以前、習い事費用に関する考察記事の中でも紹介しましたが、5歳の子供は勉強系の習い事をしています。

幼児期の習い事はいつから?費用は?効果は?実体験と実際の費用から考察してみる子供の習い事って実際どれくれいかかるかご存知ですか?実体験を元に幼児期の習い事はいつから始めたのか?費用はどれくらいかかったのか?効果はどうだったのか?を考察してみました。...

宿題もあるので毎日数字を書いていますが、この『数字を書く』という事がお小遣い帳に生かされています。

また、もうすぐ始まる『足し算』や『引き算』も同じようにお小遣い帳に生きてきます。

驚いたのが子供自身が『お金を稼ぐ』為には『知識を得る(勉強)』が大切なのだと理解したことでした。

『色々な物を買ったりしたらたくさん数字を使うから今一生懸命練習しているんだよ』

宿題をやるときにそうやって説明してくれたのが今でもとても印象的に残っています。

もも
もも
最近は足し算、引き算が待ち遠しいみたい

物の価値を知る

コーヒーを一杯売ることで得られるのが20円と分かると物の値段の価値を考えるようになりました。

例えばお菓子を選ぶ時にも、『これ安いね、これ高いね』と話してくれます。

別に高いお菓子を買わないという訳ではなくて、自分が普段食べている物の値段の違いを感じることが子供にとっては新鮮だったようです。

うまい棒は10円ですけど、ヤングドーナッツは40円です。

「ママ、ドーナッツって意外に高いんだよっ!」っと興奮気味に話す子供がちょっと面白かったですね。

最近はスーパー行くとよく値札とにらめっこしていて、『これはお小遣いで買えるね』なんて話をしてくれます。

もも
もも
最近ではもやしの安さに大笑いしてました
たま
たま
もやし安すぎる―ってね。笑

初めて約1ヶ月後

2019年6月15日、売り上げが510円に到達し残高が1,050円になりました。

自分が初めて持っていたお金よりも増え、仕入れたコーヒーは残っているからまだお金が増やせる。

子供自身がこれらの体験を『稼ぐ』という言葉と紐づけられた大切な日となりました。

正直この日までは硬貨が増えているからお金が増えているという感覚でしかなくて、上手く稼ぐという意味合いが伝えられませんでした。

元々手元に合った1,000円札になった時が一番子供にとっても理解しやすかったのではないかな?っと今は思っています。

何はともあれ約1ヶ月もの間、コツコツと珈琲店を続けられたのは子供自身の頑張りに他なりません。

本当によく頑張ったなっと夫婦2人で思いっきり褒めてあげた日でもありました。

もも
もも
正直途中で嫌になっちゃうかと思っていました
たま
たま
喜ぶ姿を見たらちょっと泣きそうになっちゃいました
子供珈琲店で稼ぐということ

現在の子供珈琲店

1,000円に到達しましたが、本人がまだ稼ぎたいという事で現在も子供珈琲店は継続しています。

また、少しずつですが珈琲店も良い意味で変化していっています。

メニューが増えました

季節も夏に近づき暑い日も増えてきたので、子供珈琲店にもアイスコーヒーが追加されました。

子供と一緒に考え、氷を入れる手間暇を考え値段は10円高い30円と設定しました。

手間暇がかかると値段が上がる、この付加価値に関する考え方を今一生懸命理解しています。

たま
たま
メニューの『あいすこひい』笑
子供珈琲店のアイスコーヒー

下の子を利用し始めた

お湯を入れて終わりだった時に比べて、氷を入れる作業が増えかなり面倒だと子供自身が感じている様子。

そこで5歳の子が思いついたのが、3歳の下の子を利用するという手法でした。

上の子がやっていると『私もやってみたい』と3歳の子が自然と寄ってきます。

『じゃぁ、氷持ってくるから入れてね』っと優しい声掛けをしているのですが、自分は氷だけ持ってきて後は任せっきり

全てが終わったら売り上げのお金はちゃんともらい、下の子は参加出来たことに満足げ

どこまで考えてやっているのか正直分かりませんが子供の成長は面白いものですね。笑

まぁ、この前3歳の子が盛大にこぼしてコーヒーが1杯ダメになったので、最近はどうするのが良いのかを考えているみたいですよ。

もも
もも
子供なりにも一生懸命工夫してるみたいですね

お金の教育、子供珈琲店のまとめ

  • 家庭内でお金を回す仕組みを考える
  • 子供と一緒に理解を深めながら進める
  • 5歳ならインスタントコーヒーも良い
  • 仕入れも支払いもお小遣いから
  • 黒字になるような価格を子供と考える
  • 様々な驚きや経験を親も味わえる
  • お小遣い帳、物の価値を考え始める
  • 売り上げ>仕入れ額で『稼ぐ』を学ぶ
  • 今も子供珈琲店は自分の意志で継続中

以上

こちらも合わせてどうぞ♪