夫婦生活

週末を子供達と過ごすなら合わせて『週末デジタルデトックス』がおすすめ

週末に子供達と遊ぶなら合わせて『週末デジタルデトックス』がおすすめ

こんにちわ、ももたまです。

皆さんは平日や土日などに何時間スマホ、パソコン、テレビなどのIT機器を利用していらっしゃいますか?

働いている方は業種や職種にもよると思いますが、私達の場合は調べてみると1日あたり3時間以上、スマホやパソコンを利用していました。

  • ももちゃん
    • 平日:12時間以上
    • 土日:4時間
  • たまちゃん
    • 平日:3時間
    • 土日:3時間

また、『利用』といってもずっと利用している場合だけでなく、SNSやメールなど隙間時間にスマホをチェックする方も多いのではないでしょうか?

たま
たま
何気なくスマホを触る場合も有りますよね

私達の場合、週末は家族で過ごすことが多いです。

そこで、土曜日に子供といる時間帯で何回スマホを触っているのかを数えてみたところ、ざっくり数えても30回を越えていました。

もちろん、場所を調べたり、写真を撮ったりと自分達の事の為だけに使っているわけでは無いですよ。

それでも、ふとスマホを使って自分が気になることを調べたり、メール、サイト、SNSをチェックしてしまう事もありました。

そんな私達が現在取り組んでいるのが『週末デジタルデトックス』です。

『今』という子供と過ごす大切な時間を思いっきり楽しむ秘訣の1つと感じているので、私達の取り組み内容も交えてまとめてみました。

週末に子供と遊ぶ予定の方、デジタルデトックスに興味がある方、子供と一緒にいてもスマホやパソコンを触ってしまう方にとって、今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

デジタルデトックス:IT機器と一定の距離を置く

1日中IT機器をまったく利用しないという事ではない

デジタルデトックスとは常に触ってはいけないわけでは無い

 

デジタルデトックスとは一般社団法人日本デジタルデトックス協会によると下記のように定義されています。

デジタルデトックスとは、一定期間スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を置くことでストレスを軽減し、現実世界でのコミュニケーションや、自然とのつながりにフォーカスする取り組みです。

デジタルデトックスは、デジタルを完全に手放して生きよう、というものではありません。より健全にデジタルデバイスやインターネットと付き合っていくために行うものです。
(出典:デジタルデトックスジャパン

つまり、全くスマホやパソコンを利用しないという事ではなく、一定の期間だけ距離を置こうという事です。

デジタルデトックスというと、スマホの電源を切って自然の中で瞑想したり、お寺の中で座禅を組んだりくらいのイメージを持っている方もいるのでは?

もも
もも
最初はそれくらいの事考えてました
たま
たま
ももちゃん、極端だもんね

実際はそこまでしなくとも、デジタルデトックスはいつでも、どこでも簡単に始めることが出来るものですよ。

距離や期間は自由で良く、大切なのは現実に触れること

デジタルデトックスで大切なのは現実に触れること

 

デジタルデトックスを行う上で大切なのは、距離や期間ではなく『現実』に触れるという事です。

例えば、一日中スマホの電源を切ってボーっとするのもデジタルデトックスである事には変わりありません。

ただ、それよりは夕食中にスマホの電源を切り家族との会話を楽しむ方がデジタルデトックスの効果は高いと私達は考えます。

同じデジタルデトックスでも、『デトックス中に何をするのか』によって効果も、達成感も違ってくるでしょう。

だからこそ、デジタルデトックスに取り組むなら、あわせて『デトックス中に何をするのか?もしくはどんな環境に身を置くのか』を決めておくことをおすすめします。

もも
もも
デトックス自体が目的にならないようにね

電源を切って完全にネットとの繋がりを絶つ必要は無い

電源を切って使わないと決めなくていい

 

デジタルデトックスだから『スマホの電源を切る』、『絶対にスマホを触らない』と考える必要はありません。

例えば、家族との会話の中で気になったことを、スマホで調べることでさらに話題が広がる事ありませんか?

また、写真や動画をテレビに映しながら当時のことをみんなで会話する事も私達にとってはデジタルデトックスだと考えています。

つまり、私達はデジタルデトックスを『IT機器を利用して自己完結するような行為を止める事と考えています。

私達のとらえ方が正しいとか、適切だというつもりはありませんので、こんな家族がいるんだなと思ってもらえたら嬉しいです。

たま
たま
誰かと、何かと比較する必要はありませんよね

私達の週末デジタルデトックスの実践方法を紹介

基本は毎週土日の午前9時から夜9時までの12時間

午前9時から、午後9時までがデトックスタイム

 

私達は基本的に毎週土日の午前9時から夜9時までの12時間、デジタルデトックスを実践しています。

『基本的に』にとあるように時間を厳守している訳では無く、朝早くからお出かけする場合は午前7時から12時間という形にしています。

もも
もも
12時間を1つの目安にしています

子供達には12時間くらい睡眠時間を取ってほしいという願いも込めて、残りの12時間を家族で向きあおうと決めました。

IT機器を利用する際は、理由を自分自身に説明する

IT機器を利用する際は自分に問いかける

 

私達はIT機器を一切使わないようにしている訳ではありませんが、利用する前に理由を自分自身に説明してから利用するようにしています。

たま
たま
お互い確認し合ってるわけでもないですよ。笑
  • お出かけ先の駐車場を知りたいから
  • 子供と一緒に車内でクイズをしたいから
  • 皆で音楽を楽しみたいから

当たり前の事ばかりだと思うかもしれませんが、意識的に理由を考えるようにすると、何気なくスマホを触ろうとする自分に気が付きます。

そして、何気なくスマホを触る理由が『誰の為でもない自分の為』というケースも結構あるのです。

そういう場合に限って、緊急でも重要でも無く、ほとんどが『今』しなくても良いことばかりでした。

本を読むよりも子供と接する時間に全力を傾けてみる

デジタルデトックス中は子供と全力で遊ぶ

 

私達はデジタルデトックスの間は『家族と向き合い、一緒に過ごす事に全力を尽くす』と決めています。

子供が車でお昼寝をすることもありますが、そういう時は夫婦2人で話をしたりするなど家族と向き合う事を意識します。

夫婦なら大人同士なんだから別にお互いが好きな事をしていても良いのでは?

もちろん良いと思いますが、私達としてはデジタルデトックスが終わってからの時間で本を読むなり好きな事をしたらいいと思っています。

もも
もも
自分の時間は自分で作り出せばいいかなと

週末デジタルデトックスを実践して感じている事

週末は室内より、屋外やお出かけすることが圧倒的に増えた

週末はお出かけ三昧

 

以前からお出かけは大好きでしたが、週末デジタルデトックスを取り組み始めてからは毎週どこかへ出かけるようになりました。

室内で遊ぶことも多いのですが、子供と1日過ごすとなると途中でお互い飽きてしまう事も結構多いです。

大人になってから1日家で過ごすことに対して苦労するという経験はあまりなく、スマホ・パソコンはもちろん、本を読んだり、お昼寝してみたり、料理してみたり。

子供だと絵本、おもちゃ、お絵かきと出来ることが限られてくるので『つまらない』と感じてしまう事も仕方が無いのでしょう。

私達も子供達も思いっきり楽しむならお出かけした方が良いと思うようになり、お出かけに対する意識が上がったというのがありますね。

体力的に大変な部分はもちろんありますが、精神的な満足感が前よりもとても大きいこともあって、疲れたと感じること減りました。

たま
たま
日曜日の夜とか2人でいたわり合ってます。笑
もも
もも
心が休まったという感じですね

デジタルデトックス外のデジタル利用率が高まった気がする

平日はがっつりデジタルに染まる

 

感覚的でしかありませんが、週末デジタルデトックスを始めてから、デトックスしていない時のIT機器利用率が高まった気がしています。

ももちゃんは平日の日中は仕事でパソコンを利用しますが、帰宅後もブログや週末のお出かけに向けた調べ事などでデジタル漬けです。

週末はデジタルデトックスと決めているからこそ、平日や土日の夜にガッツリ触るのは一種の反動みたいなものなんでしょうかね?

たま
たま
私は集中しているだけだと思っていますけどね

お出かけ中も一切触れないわけでは無いのですが、事前に色々と調べて触る頻度を下げようという意識の表れなのかもしれません。

IT機器を使う理由を自分に言い聞かせるのが中々面白い

IT機器を利用する際は自分に問いかけるは面白い

 

週末デジタルデトックスの中で、IT機器を使う際に理由を自分自身に説明しているのですが、中々面白いと感じることが多いです。

特に理由が『自分自身の為』という場合、IT機器を利用せずに自分で解決してみると面白いかも?と行動した事もあります。

普段ならスマホを使って調べておしまいかもしれませんが、時には誰かに直接聞いたりすることで、自然にリアルなコミュニケーションが増えてきたと感じています。

たま
たま
ももちゃん、あまり人にたずねないもんね
もも
もも
自然と話しかけられるたまちゃんは凄いよ

子供がIT機器に触れはじめると、終わりを迎えそう

週末デジタルデトックスの終わりは子供のIT機器の利用

 

現在取り組んでいる週末デジタルデトックスは子供達がIT機器に触れはじめると自然と終わりを迎えるかもしれないと感じています。

私達は子供と『ローマ字入力が出来るようになったらパソコンを買う』という約束をしています。

上の子供は今年6歳、来年は小学校に上がりキッズ携帯も持つようになるのでしょう。

小学校の内にスマホやパソコンを利用するのが当たり前の時代となり、子供達もデジタルの世界を早い段階から味わっていくことが必要と考えています。

たま
たま
自由にさせる、というつもりもないですが

良い面・悪い面もある為、親である私達もどういう風に子供とIT機器を付きあわせるのかは考えなければなりません。

どちらにせよ、今のようなデジタルデトックスとは違う形が必要になると想像しています。

もも
もも
どちらかというと楽しみにしてます

最後に

今回は私達が取り組んでいる『週末デジタルデトックス』の紹介をまじえながら、デジタルデトックスに関してまとめてみました。

IT機器が世の中にあふれて行く一方で、付き合い方も自分達で考える時代になってきました。

私達はIT機器やネットは包丁と一緒で使い方によって道具にも凶器にもなるものだと考えています。

そして、IT機器の普及によって家族とのコミュニケーションの時間が減っているのも事実だと最近は特に実感しています。

たま
たま
スマホとコミュニケーションとかね

デジタルデトックスを通してそんな事実を直視する経験も私達にとっては大切なのだと、記事にまとめながら改めて感じています。

週末に子供と遊ぶ予定の方、デジタルデトックスに興味がある方、子供と一緒にいてもスマホやパソコンを触ってしまう方にとって、今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

こちらも合わせてどうぞ♪