家計見直し

高額療養費の自己負担をさらに下げる保険組合付加給付は見逃せない福利厚生!

高額療養費の自己負担をさらに下げる保険組合付加給付は見逃せない福利厚生!” はロックされています。 高額療養費の自己負担をさらに下げる保険組合付加給付

こんにちわ、ももたまです。

今日の話題は高額療養費における保険組合付加給付!

医療費は3割自己負担ですが、この自己負担額が高額になった際に上限を定め負担を一定額に抑えるのが高額療養費制度です。

最近だいぶ知られるようになってきましたが、健康保険組合の中にはその上限からさらに一部を組合が負担してくれる制度を持っている組合があります。

会社員として働いているなら、自分の会社の使える制度・福利厚生を把握し、しっかり利用していきましょう。

もも
もも
保険組合付加給付の存在はあまり知られてませんね

高額療養費制度

今回は東京ガス健康保険組合さんを例に説明します。正確な数値は必ず自身が加入している健康保険組合に確認しましょう。

東京ガス健康保険組合さんのページでは高額療養費は下記の通り定義されています。また標準報酬月額に合わせた自己負担限度額は下記の表の通りです。

窓口で支払う医療費の自己負担額が高額になったときは負担を軽くするために一定額(自己負担限度額)を超えた額があとで健康保険組合から支給されます。これを「高額療養費」(被扶養者の場合は「家族高額療養費」)といいます。

高額療養費の算定は月の1日から末日までの1ヵ月にかかった医療費が対象となります。そのほか、1人ごと、各病院ごと(外来・入院別、医科・歯科別など)に行われます。
なお、院外処方に係る療養費として調剤合算制度があります。

標準報酬月額 自己負担限度額
83万円以上 252,600円+(医療費-842,000円)×1%
53万~79万円 167,400円+(医療費-558,000円)×1%
28万~50万円 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
26万円以下 57,600円

この例を基に標準報酬月額が28万~50万円、医療費総額が月に100万円かかった場合を考えてみます。

通常であれば3割自己負担の為、30万円の支払いが必要になります。高額療養費制度を利用する場合は上記の数式にあてはめます。

【80,100円+(100万円-267,000円)×1%】=87,430円

つまり今回のケースでは87,430円が実質的に支払う月額の医療費になり、当初の30万円から20万円以上も支払う医療費が削減されていることが分かります。

たま
たま
高額療養費制度だけでもかなり大きい

組合独自の付加給付

一部の健康保険組合にはさらに独自の制度が存在し、今回の東京ガス健康保険組合さんの場合、25,430円を超えた分を付加給付してもらえます。

つまり、自身が支払う最終的な自己負担金は100万円の内、25,430円のみになります。

この付加給付の額は健康保険組合ごとに違う為、自身が加入している保険組合を確認しておくことが重要です。

2019年5月現在、インターネットで公開をしている健康保険組合をいくつか調べてみたところ下記の通りでした。

健康保険組合名 最終的な自己負担額
東京ガス健康保険組合 25,430円
NTT健康保険組合 25,030円
産業機械健康保険組合 77,430円
ホンダ健康保険組合 20,030円
日本アイ・ビー・エム健康保険組合 25,030円(家族50,030円)
デパート健康保険組合 35,430円
もも
もも
保険組合に差はあれど絶対にお得な制度

介護の自己負担と合算できるケースもある

東京ガス健康保険組合さんの場合は、さらに医療と介護の自己負担が高額になったとき年額の自己負担限度額が存在します。

標準報酬月額 70歳未満がいる世帯
83万円以上 212万
53万~79万円 141万
28万~50万円 67万
26万円以下 60万

標準報酬月額が28万~50万の場合、月平均しても約5万円程度が上限になっていることが分かります。

介護にかかる費用は年々増加傾向にあります。自分や家族の医療費だけでなく介護費用まで抑えることが出来るというのは嬉しいですね。

自分が所属する保険組合に確認をしよう

ある程度の大きな健康保険組合であれば、ホームページで確認することが出来ます。見つからない場合は直接健康保険組合に確認してみましょう。

面倒だと思うかもしれませんが、8万円代から2万円代にまで医療費が抑えられるというのはかなり大きな効果です。

会社員として働いて健康保険組合に加入しているなら当然の権利なのでしっかりと把握して利用していきたいですね。

自分の加入する保険組合の制度内容を知らない人は、まだまだ多い印象です。

たま
たま
保険組合ってあまり意識しないですからね

医療保険の見直しポイント

高額医療費制度と組合独自の付加給付制度は医療保険を見直すにあたって大きなポイントになります。

通常の健康保険によって医療費が抑えられるという事は、医療保険の必要性も低くなります

ただし、組合独自の付加給付制度は諸条件が組合ごとにかなり違いがあるのでしっかりと確認は必要です。

現在支払っている医療保険の額と補償内容を考えながらぜひ見直していきたいですね。

たま
たま
ももたま家も絶賛見直し中

会社選びの際は健康保険組合もチェック

新卒・転職のどちらでも会社選びの際は健康保険組合をチェックすることをおすすめします。

また、現在既に勤めている方で自分の健康保険組合に付加給付が無い場合でもしっかりと理解をしておくことは、次回の転職時にも重要になりますよ。

健康保険組合も会社員としての福利厚生の大切な1つです。

ももちゃんは転職経験者の為、健康保険組合の情報は会社求人情報、転職エージェント資料には記載がないことは理解しています。

大企業であればネットを通じて情報を得ることが出来ますが大体の企業の場合は難しいでしょう。

新卒の場合は採用担当、エージェント利用時は担当エージェントにぜひ問い合わせをして確認しておくと良いですね。

額面給与を気にすることはもちろん大事ですが、保険組合を含めた福利厚生もしっかり把握しておきましょう。

もも
もも
福利厚生は意外に大きな効果がありますよ
家族向け福利厚生
会社の福利厚生のオムツ代、イベントチケット代の補助内容、転職時の調べ方などを実体験レポ家族・子供向けの福利厚生も実際にはかなり多くあるので自分の会社の福利厚生を今一度チェックすることをおすすめする。...

大企業じゃなくても付加給付を受けられる可能性

会社の規模が大きくなると福利厚生も自然と手厚くなる傾向があります。大企業の全てが福利厚生が良いとは言えませんが、可能性として高くなります。

今いる会社はそんな大企業でもないしと思っている方こそ、加入している健康保険組合を確認してほしいですね。

実はグループ・関連会社の場合同等の恩恵を受けられることが多いです。親会社と同じ健康保険組合に加入している場合や、グループ会社全体で共通の健康保険組合の場合もあります。

グループ会社で共通の健康保険組合の場合、多くの制度が親会社の健康保険組合を採用している所も多いです。会社規模の大小にかかわらず自分が加入している健康保険組合を確認してみましょう。

逆もしかりで、グループ会社だからと言って恩恵が受けられるとは限りません。ももちゃんの前職はグループ会社でしたが、健康保険組合がまったく別で恩恵を受けれませんでした。

もも
もも
こういう話は誰も教えてくれないですよね

保険組合付加給付のまとめ

  • 高額療養費は3割自己負担を抑える制度
  • 一部の組合には独自に追加給付を行う制度を持つ
  • 加給付制度内容は組合ごとに違うので注意
  • 介護費とも合算できるケースまである
  • 自分が加入している健康保険組合の制度をしっかり把握
  • 会社選びの際、福利厚生はもしっかり確認しておく
  • グループ会社なら大企業じゃなくても可能性がある

以上

ももたま家の家計簿、家計見直し術を公開中!
こちらも合わせてどうぞ♪