家計見直し

ふるさと納税はポイント制度のある自治体を利用して有効期限を実質延ばす!

ふるさと納税のポイント制度を活用

こんにちわ、ももたまです。

今回は家計見直しをするなら絶対に取り組んでほしいふるさと納税についてです。

取り組んでいる方も多いふるさと納税ですが、税金の計算は年度ではなく年間のため毎年12月は駆け込み時期になります。

一方で今すぐ欲しい返礼品が無いという場合、なんとなく納税して返礼品を貰っているという方も多いのではないでしょうか?

実は自治体によってはポイント制度を取り入れており、ポイントとして保有しておけば翌年以降に返礼品をもらう時期をずらすことが出来ます。

私達は生活必需品(お米、洗剤など)にふるさと納税を利用していますが、必要になったら必要な分だけ注文しています。

たま
たま
特にお米は長期間保存すると痛んでしまいますからね
ふるさと納税の返礼品にお米を選択するなら発送日に注意!ふるさと納税の返礼品にお米を選択するなら発送日に注意しよう。タイミングが早すぎるとお米が傷んでしまうし、遅すぎると別途お米を買う必要が出てきてしまいますよ。...

そこで今回は、実際の私達の体験を元に、自治体のポイント制度を活用して家計見直す方法についてまとめてみました。

12月駆け込みでふるさと納税をする方はもちろん、ふるさと納税で生活支出を抑えたいと考えている方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

ふるさと納税とは何か?

実質負担2,000円でいろいろな返礼品が貰えるお得な制度

ふるさと納税について

 

ふるさと納税は自治体に寄付をすると『寄付金額-2,000円分』を翌年の住民税から控除してくれる制度です。

簡単な例:10,000円の寄付⇒翌年の住民が8,000円安くなる

もも
もも
やらないと絶対損ですよね

控除される上限の寄附金額は収入・扶養家族の有無・その他収入によって変わります。

初めてふるさと納税をする方はもちろん、扶養家族が増えたりした場合はシミュレーター(ふるさとチョイス)で確認しておきましょう。

寄付期間は年度(4~3月)ではなく、年間(1~12月)

ふるさと納税の寄付期間は年間

 

勘違いしている方も多いですが寄付する期間は年度ではなく年間です。つまり、毎年1月~12月までがその年の寄付期間になります。

2019年1-12月の寄付:2020年の住民税控除

2020年1-12月の寄付:2021年の住民税控除

そして、毎年12月は会社の年末調整が終わり、給与所得の総額が分かるので、特に駆け込みで寄付される方も多いです。

たま
たま
上限ぎりぎりまで寄付した方がお得ですからね

「12月の駆け込み寄付で悩むこと」といえば返礼品

ふるさと納税の返礼品で悩む

 

返礼品は好きなものを選べばいいのですが、私達がおすすめするのは生活必需品、例えばお米や洗剤です。

お米は絶対に必要ですが返礼品を利用すれば、実際に私達のお財布からお金を支払う必要がなくなります。

結果として支出を減らすことが出来るので、家計見直しをする際にはおすすめしたいところです。

ただ、お米の場合は長期保管すると傷んでしまいますし、洗剤などは大量にあると保管しておくスペースが必要になります。

もも
もも
必要なときに必要な分だけ欲しいところですね

そこで私達がおすすめするのが、自治体が採用しているポイント制度の活用です。

ポイント制度とは?

寄付金額に応じて自治体独自のポイントを発行する制度

通常はふるさと納税を行うときに返礼品を選択しますが、ポイント制度を導入している自治体では寄付金額に応じてポイントを発行します。

受け取ったポイントは、自治体ごとにある専用ページから好きな返礼品を選ぶというのがポイント制度の流れになります。

返礼品をもらえることには変わりませんが、ポイント制度にはいろいろなメリットがあります。

今回は私達が特にポイント制度をおすすめしたい3つのメリットを紹介します。

ポイントの有効期限が平均約2年間と長い

発行されるポイントの有効期限は自治体ごとに異なりますが、ほとんどの自治体では有効期限が2年間となっています。

寄付自体を年内に済ませてポイントを受け取り、2年後までポイントを利用して返礼品を受け取るということができます。

たま
たま
実質2年間延長しているのと一緒ですね

ポイントはいつでも返礼品に交換できる

各自治体が発行しているポイントは、サイトを通じていつでも返礼品に交換が出来ます。

返礼品としてお米が欲しい場合、なくなるタイミングを見計らって交換を行うことが出来るので、家の中に長期保管する必要もありません。

積み立てることで、普段手にはいらないものを貰うことも

ポイントは積立が出来るので、通常の控除される上限の寄附金額以上の返礼品を貰うことも可能です。

例えば、年間5万円が寄附金額の上限とした場合、返礼品は5万円の寄付に対する返礼品しかもらえません。

しかし、5万円の寄付で5万ポイントを発行する自治体の場合、翌年さらに5万円の寄付を行うことで合計10万ポイントを保有できます。

つまり、10万円を寄附したときと同じ返礼品と交換することが出来るのです。

もも
もも
普段は候補に挙がらない掘り出し物があるかも♪

実際にポイント制度を利用してみるとかなり便利

私達は昨年、寄付金額が余ってしまったので大阪府泉佐野市のポイント制度を利用しました。

注意:泉佐野市はふるさと納税のAmazonギフト還元騒動で、ふるさと納税の免除対象外の自治体のため、ふるさと納税目的での寄付の場合は行わないように注意しましょう。

たま
たま
先日もお米をいただきました
泉佐野市のふるさと納税返礼品

 

現在も泉佐野市のポイントが余っているため、今年度の寄附金額のあまりは別の自治体に寄付してポイントを積立しておく予定です。

好きな食べ物などに浪費してもいいですが、今後に向けて生活必需品のストックと考えて積立しておくのも良いですよ。

おすすめは自治体も多いふるさとチョイス

私達がおすすめするポイント制度を活用するサイトは『ふるさとチョイス』です。

自治体、返礼品の数も多く、検索もしやすいので私達も愛用しています。

注意すべき点として、ポイントはふるさとチョイス全体のポイントではなく、自治体毎のポイントという点です。

お米を返礼品として考えているなら、お米の返礼品がある自治体、また数も多く揃えている自治体がいいですね。

たま
たま
返礼品も日々変わるので、選択肢が多いほうが安心ですね

最後に

多くの会社員の方は年末調整がある12月で年間の給与所得が確定します。

それに合わせて、ふるさと納税も無駄なく活用したいところですが、駆け込みで消費するからこそ落ち着くことが大切です。

特に目当ての返礼品が無い、必要に迫られていない場合はポイント制度を活用してみることがおすすめです。

必要なときに必要だけということを普段から意識しておくと、無駄な支出を減らすだけでなく家の中もスッキリしますよ。

たま
たま
ストック品に部屋を占領されるのは避けたいです

12月駆け込みでふるさと納税をする方はもちろん、ふるさと納税で生活支出を抑えたいと考えている方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

ももたま家の家計簿を毎月公開中!
こちらも合わせてどうぞ♪