アイテムレポ

ホームベーカリー導入のおすすめ理由を悪い点・気になる点も含めて紹介します

ホームベーカリー

こんにちわ、ももたまです。

今日の話題はホームベーカリー!

皆さんは朝食は御飯派?パン派?どちらでしょうか?ももたま家はどちらも有りで前日の気分で決めます

それが出来るのもホームベーカリーのおかげとも言えますね。

たま
たま
焼きたてのパンの香りってとっても好きだよ。もちろん美味しいしね。

今回はももたま家では無くてはならない存在となったホームベーカリーのおすすめな点4つ悪い点1つ実は悪くなかった点3つを紹介

ももたま家のホームベーカリー

私達が愛用しているのはパナソニック製のホームベーカリーです。

パナソニック SD-MB1-W ホームベーカリー

他のホームベーカリーと比較してこの機種をおすすめしたいところですが、実はももたま家ではいただいたものなのです。

たま
たま
機種選びで悩んでいる方の参考にならず申し訳ないです。

ホームベーカリーのおすすめな点4つ

おすすめ①:想像以上に簡単に作れる

ホームベーカリーで普段作るものと言えば食パンですが、もちろん他の物を作ることも可能です。ただ、そのほとんどが簡単で材料を事前に全て入れて焼き上がりを待つだけです。

普通の食パンなら特に特別な材料も必要ないので、毎晩お米を研いで準備する手間と比較しても変わらないくらいです。

もちろん予約機能もあるので、朝方に焼き立てパンを食べられますよ。

おすすめ②:子供に安心して食べさせられる

子供を持つ親であれば誰もが口に入れるものは少しでも安全なものにしたいと思いますよね。

もも
もも
良く食べる主食だからこそ、いっぱい食べて欲しいとも思います。

ちなみに1年以上ホームベーカリーを利用していますが、たまに市販の食パンを食べる機会があります。食べると甘みが強いなと感じます。

決して市販の食パンがダメと言っているわけでは無いですが、いったい何が入っているのだろうかっと考えてしまいますね。

ちなみに子供達も市販の食パンを食べないわけではありませんが、あまり食べるほうではないですね。

おすすめ③:食パン以外にも大活躍

どうしても食パンのイメージが強いホームベーカリーですが、ピザやケーキ作りにも活躍します。

特にピザは発酵までしてくれる為、伸ばして具材をのせて焼くだけで簡単に作ることが出来ます。

もも
もも
ちなみに余ったら冷凍出来るので、伸ばした状態で冷凍しておくと良いですよ。

それとケーキはちょっとしたお菓子にも使えますが、最近ももたま家が利用しているのは『おからケーキ』です。

ちょっと小腹が空いた時にも食べられて、腹持ちもよく糖質制限も出来ます

ももちゃんは最近は少し食べ過ぎだったので朝や夜におからケーキを利用してプチダイエットも実施中。

おすすめ④:焼き立てのパン

焼きたてのパンの香りって良い香りしますよね。朝起きてキッチンが美味しいパンの香りで包まれていると、なんだかすごくリラックス出来ます。

それに焼き立てのパンはフワフワでとても美味しいです。

もも
もも
ホームベーカリーを利用し始めた当時は、何もつけずにそれだけでパンを食べていましたね。

悪い点は初期コストのみ

これは初期コストしかありませんでした。実際色々と考えてみたのですが、この後で記載する実は悪くなかった点に入ってしまいました

値段はピンキリですが、ももたま家のものは一万円代の機種です。

たま
たま
値段が高い分もちろん性能も良いのだと思いますが、正直このくらいの価格帯でも十分だと感じます。

悪くなかった点

当初は悪い点だと思っていましたが、実際に利用していく中で悪い点ではなかったというものが3つあります。

①:ランニングコスト

普通に安く買えば食パンなら一つ100円程で購入することが出来ます。一方で作るとなると手間暇材料費もかかります。

手間暇はおすすめ①で述べたように簡単なのは分かりましたが、果たして本当にお得なのかどうか疑っていました。

そこで実際のレシピを基に1回あたりどれくらいの費用が発生しているのかを調べてみました。

材料 分量 金額
強力粉 250g 約25円
牛乳 210ml 約30円
無塩バター 15g 約30円
2g 約1円
ドライイースト 3g 約10円
合計 約101円

 

このレシピで出来る食パンは市販食パンの約1.2倍の大きさですので、実際には市販サイズ約84円程度となります。

もも
もも
この金額を見て初めて納得感が出ましたね。

ドライイーストや無塩バターはある程度の量を一括で購入した方が圧倒的に安いです。おすすめのドライイーストは『サフのドライイースト金色』です。

created by Rinker
¥998
(2019/12/06 00:54:03時点 楽天市場調べ-詳細)

購入したら250mlほどの小さいペットボトルに入れて冷蔵保存し、残りは冷凍保存しておきます。冷凍保存すれば1年以上は持つため、50gずつくらい出して利用し続けるといいですよ。

無塩バターは業務スーパー等に450gの大きいサイズが販売されています。賞味期限は大体半年以上ありますのでこちらも安心。

普通に市販の食パンを購入する価格で楽しめることが分かり、ランニングコストは問題ではないことが分かりました。

②:洗うのが大変

広告や宣伝では洗うのが大変とは言っていませんが、なんとなく想像するだけで大変そう。ただ、利用後すぐに水をつけて放置しておけばストレスなく取れることが分かりました。

細かい部分は爪楊枝で取りますが、そもそもあまり細かい部分が無いのでかき混ぜる部分くらいですね。

ホームベーカリーのお手入れ

③:そんなに食べない

ホームベーカリーだと出来上がりのサイズは1斤です。しかも防腐剤も入っていないので特に夏場は早く食べる必要があります

そんな懸念は冷凍することで解消されます。食べて余ったら、切った後1枚ずつラップで包んで冷凍してしまえばOKです。

食べるときには冷凍したままオーブントースターで焼くことも出来るので、さっと食べることも可能です。

たま
たま
子供が小さいころは離乳食に使って残りは冷凍していましたが、大きくなった今は2日で食べきってしまいますね。

実際の出来上がり

実際に出来上がった直後を写真に撮ってみましたがこんな感じに仕上がります。

ホームベーカリーの出来上がり

簡単に作れちゃうので分量をしっかり守れば大丈夫です。

ちなみに、過去ももたま家が失敗したのはドライイーストを入れ忘れて膨らまなかった事と、有塩バターを利用して塩を入れなかったら膨らまなかった事くらいです。

まとめ

  • ホームベーカリー購入はおすすめ
  • 特に子供がいるなら、安心ですよ
  • 簡単に出来てバリエーションも豊富
  • 初期コストはかかるけど1万円代で大丈夫
  • ランニングコストは市販のパンと同等
  • 焼き立てのパンの香りは最高
  • ドライイーストの入れ忘れには注意

以上

パナソニック SD-MB1-W ホームベーカリー

ももたま家の家計簿、家計見直し術を公開中!
こちらも合わせてどうぞ♪