子育てアイデア

賃貸でもベランダで家庭菜園して子供と一緒に野菜・植物を育てみると楽しい

こんにちわ、ももたまです。

野菜や植物を育てることは保育園でも最近行われていますが、家庭でとなるとちょっと躊躇しますね。

でも、子供達にとてもいい経験になりますし親子で楽しめる体験として結構おすすめです。

私達は賃貸住まいですが、小さいベランダでも十分楽しめることが出来ますよ。

今回は簡単にベランダでの家庭菜園を始める方法と共に、私達のベランダ家庭菜園の様子も紹介します。

たま
たま
なんていうかちょっとした憧れがあります、家庭菜園。

始めたキッカケは子供達

家庭菜園をしたいと思ったキッカケはやはり子供達です。

子供達と一緒に土いじりを通して実際に野菜・植物を育てていくと楽しいだろうなっと感じていました。

自分達で育てたものを自分達で食べる経験って素敵だと思いませんか?

また、土いじりを通して土や虫などにも遠慮なく触って楽しめるように育って欲しいとも思っていました。

家庭菜園だけの成果ではないと思いますが、ももたま家の子供たちは虫とか平気です。

もも
もも
虫を捕まえてきて家で飼うのだけは、数を減らしてほしい。

賃貸でもベランダで家庭菜園は可能

私達は賃貸ですが、いわゆるプランターを利用したランダ菜園をしています。

といっても全然大したことは無くて、この小さいプランターが二つあるだけです。

ベランダでの家庭菜園のプランター

育てる植物によっておすすめのプランターのサイズなどもあるそうですが、ホームセンターの園芸売り場に行って直接話をするのが一番早いです。

実際ももたま家も事前にインターネットとかで調べたのですが、情報が多すぎて何が何やら状態でした。

それに賃貸だとベランダ菜園が多いと思うのですが、実際のベランダの状況は物件によってかなりバラバラです。

そこで、私達がおすすめする簡単にベランダ家庭菜園を始める4ステップがこちら

①:菜園場所のサイズ感を洗い出す

賃貸の場合たいていベランダで行うのですが、そのサイズ感が重要です。

プランターのサイズもかなり色々あって横長・縦長・正方形など様々です。

あらかじめ自分達の菜園場所、ベランダのサイズを測っておくと良いですよ。

ちなみに室外機や洗濯機などがベランダにある場合はその周辺は避けるようにした方が無難です。

忘れがちですが洗濯物を干すときの動線上に置かないようにすることも考えておきましょうね。

たま
たま
プランター置いたら足の踏み場が無くなったら笑えない

②:菜園場所の特徴を洗い出す

ベランダ菜園の場合、日が当たりやすい、雨が入りやすい、水はけがしにくいなど特に悪い面を中心に洗い出しておきましょう

私達もそうでしたが、そもそも栽培する知識すら乏しく売り場で聞かれた質問に答えることすら出来ませんでした。

その時スタッフの方からも言われたのが、菜園を行う場所がどんな場所なのかを洗い出しておくと良いとのことでした。

③:育てたい植物を洗い出す

自分が育てたい植物を育てたい!っと思うのが普通ですが植物には難易度があります。

イチゴとか美味しいし子供も好きだからと思っていたけど難易度高いらしいです。

ミニトマトとかよく聞く野菜が一番難易度が簡単などは想像つきますけどね。

自分の育てたい植物候補をいくつか考えておきましょう。

ダメなら私達と一緒でミニトマトで初めて見るのが一番簡単ですね。

ちなみに家庭菜園2年目の私達は今回一緒にパプリカにも挑戦しています!

もも
もも
実は1年目に枝豆も頑張ったのですが上手くいかず。
たま
たま
今年はパプリカ頑張ろうね。
ベランダでの家庭菜園のミニトマト

④:すべての情報を基に売り場へ!

あとはホームセンターのスタッフの方と好きなだけご相談ください。笑

どの植物にするのか。種から始めるのか、苗から始めるのか。

プランターのサイズはどれにするのか。土や肥料はどれにするのか。

相談することは結構あると思いますが、情報がまとまっていると30分もすれば大体決まると思いますよ。

私達は今回こちらの肥料も購入しました。

ベランダでの家庭菜園のミニトマト資料

かかる費用はどれくらい?

プランター、苗木、土、いくつかの備品を入れると大体1500円くらいでした。

プランターは昨年購入したものを流用するので、今年は苗木、土、肥料の代金だけで済みました。

正直、費用の素が取れるくらい野菜が取れるかというと厳しいでしょうね。

もも
もも
毎年の恒例行事にしてみると良いかもね

家庭菜園をやってみて良かった点

昨年から家庭菜園をやってみて特に良かったと感じた事3つを紹介します。

①子供達の興味が予想以上

中々成長してこないことや、水やりもあるのでどうかと思っていましたが予想以上に子供たちは興味津々でした。

2人そろって朝起きてから、保育園から帰ってきてから成長を確認する姿は見ていて嬉しいものです。

水やりなんかは逆に喧嘩になっていましたが。笑

家族みんなで関わっていける取り組みとして家庭菜園はおすすめできますね。

たま
たま
保育園とは違った感じがあるようですよ

②自分たちで育てる大変さを実感

よく子供にもご飯を無駄にしないという話をするのですが、それを家族全体で実感しています。

昨年私達はミニトマトと枝豆を挑戦したのですが、枝豆の方は殆どうまく育てることが出来ませんでした

なかなか育たない枝豆に試行錯誤してみるも結果的には育たず家族みんなで農家の大変さを実感しました。

子供達もそれを感じているようで、今でも野菜を育てるって大変なんだよっと話してくれます。

たま
たま
今年はパプリカでリベンジを果たします!

③愛着がわく

ももたま家は結婚してからずっと賃貸なのでペット等を飼っていた事がありません。

育てているのは野菜ですが自然と愛着が湧いてきますね。

水やりとか、日当たりとか、天気とかを気にして何かしてあげようと思う気持ちが自然と生まれてきます。

風が強い日などは子供達も『トマトさん大丈夫かな?』と自然に言ってくれるようになりました。

それが家族全体で共有できるというのも家庭菜園をして良かった点だと思っています。

家庭菜園をしてみて気づいた点

今度は逆に私達が家庭菜園を始めてから気づいたこと3つを紹介します

①少なからず虫がわく

小さいプランターといえど、植物を育てるなら避けては通れない虫です。

私達の場合びっくりするほどわくことは無いですが虫がいるという認識はしておきましょう。

もも
もも
洗濯物に影響が出るようなことはなかったです。

②お得ではない

お得かどうかと言われれば、手間暇も考えれば全然お得じゃないです。

子育ての中で子供達と一緒にする一つの経験としてはおすすめしますが、お得さを求めてやるならば割に合わないです。

ホームセンターの方によると、簡単に元が取りやすくお得なのはハーブ類だそうです。

ちなみにミニトマトも元が取りやすい野菜です。

たま
たま
私達普段ハーブ使わないからね

③意外に難しい

もっと簡単に育つのかなと思ったのですが、案外難しいものです。

水やりの程度や頻度だけでも気温や天候によって本来は変えていかないといけないはずです。

それに育った場合もそれが100点中何点なのか?が分からないのでよく育った方なのか及第点なのかすら分からないです。

たま
たま
家庭菜園はじめてから農業の奥深さを感じてます

初めて2か月目の状況

2019年4月に苗木から始めましたが、6月になってミニトマトは高さ100cm以上まで成長しました!

ミニトマトも大きくなってきて色づき始めてきたものも出てきました。

もも
もも
昨年よりも大きく育ってます!

パプリカの方は成長はしているものの、まだ実などがなっている様子はないです。

今年は少し暑い日が続いたのでお水を多めにあげてきましたが、ミニトマトもパプリカもすくすく成長してくれていますね。

ベランダでの家庭菜園のミニトマト2か月目 ベランダでの家庭菜園のミニトマト2か月目 ベランダでの家庭菜園のパプリカ2か月目

ベランダでの家庭菜園まとめ

  • 子供と一緒に色々な経験が出来るおすすめの体験
  • 事前準備をすれば簡単に始められる
  • 費用は高くないけど、元が取るのは結構難しい
  • 子供達の興味は大きく一緒に楽しめる
  • 色々な感情や成長を家族全体で共有できる
  • 洗濯ものに影響はないけど虫は少なからずわく
  • 意外に野菜を育てるって難しい

以上

ももたま家の家計簿、家計見直し術を公開中!
こちらも合わせてどうぞ♪