投資関連情報

【米国ETF投資】30代の子育て投資家の保有銘柄を大公開

【米国ETF投資】30代の子育て投資家の保有銘柄を大公開

こんにちわ、ももたまです。

私達は2019年3月から米国ETFによるインデックス投資に取り組んでいます。

米国ETF投資(インデックス投資)の投資実績、投資銘柄を大公開
米国ETF投資(インデックス投資)の投資実績、投資銘柄を大公開2019年3月から取り組んでいる米国ETF投資の運用実績、保有銘柄、SBI証券での米国ETF投資の初め方についてのまとめ。...

米国ETFは約2,000もの銘柄があるので、どの銘柄に投資したら良いのか迷うことも多いですよね?

私達も自分達のアセット・アロケーション(資産配分)を意識して、ポートフォリオの見直し続けています。

もも
もも
投資の世界では、行動の全ては自己責任ですからね。
30代子育て世帯のアセットロケーション
【2019年版】30代子育て世帯が目指すアセット・アロケーションを公開子育て世帯のアセット・アロケーションは、リスク資産が全資産の内4割。その中で、株式が7割、債券2割、不動産とMMFで1割。投資先は米国を中心に全世界へ。...

今回は私達が現在も投資・保有している銘柄、過去に保有していた銘柄についてまとめましたので、銘柄を選ぶときの参考になれば嬉しいです。

ももたま家が現在も投資・保有している銘柄一覧

VT:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

2020年3月28日時点 内容
運用会社 バンガード
投資対象 株式
投資対象国 全世界(43の国)
ファンド純資産総額 約1.2兆円
銘柄構成数 8,444
経費率 0.08%
分配金利回り 3.00%

VTを一言で言えば、米国株式市場を中心に全世界の株式銘柄に分散投資をしているETFです。

たま
たま
これ1つだけで世界中の株式に投資できますよ。

銘柄の詳細な説明や考察は、こちら記事にまとめましたので参考にしてみてください。

【米国ETF投資】VTの特徴まとめ。世界中の株式に分散投資。長期積立に魅力的な銘柄
【米国ETF投資】VTの特徴まとめ。世界中の株式に分散投資。長期積立に魅力的な銘柄VTは40以上の国の8,000以上もの株式銘柄に簡単に投資ができる銘柄。銘柄の分散は広いが、セクターや市場には偏りが大きい。市場価格は暴落もありながら右肩上がり、分配金も同様だが利回りは税引前2%と低い。定期的な買付がおすすめ。...

VYM:バンガード米国高配当株ETF

2020年3月28日時点 内容
運用会社 バンガード
投資対象 株式
投資対象国 米国
ファンド純資産総額 約2.6兆円
銘柄構成数 399
経費率 0.06%
分配金利回り 4.09 %

VYMを一言で言えば、米国市場の高い配当利回りの株式銘柄に投資するETFです。

もも
もも
米国を代表する高配当銘柄へ簡単に投資できます。

銘柄の詳細な説明や考察は、こちら記事にまとめましたので参考にしてみてください。

【米国ETF投資】VYMは高い分散&高利回りで高配当投資、インデックス投資にも魅力的な銘柄
【米国ETF投資】VYMはインデックス投資を支えるキャッシュフローが魅力的な銘柄VYMは高配当400銘柄に分散投資しているが、構成比率やセクターには少し偏りがある。利回りも3%と低めだが、キャピタルゲインが狙えるため、定期買付によってインデックス投資を支えられる魅力的な銘柄。...

LQD:iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF

2020年3月28日時点 内容
運用会社 ブラックロック
投資対象 債券(社債)
投資対象国 米国
ファンド純資産総額 約3.9兆円
銘柄構成数 2,005
経費率 0.15%
分配金利回り 3.58%

LQDを一言で言えば、米国市場の幅広い投資適格社債に投資をするETFです。

株式よりも相対的にリスクが低いと言われている債券、その中でも社債に投資しています。

たま
たま
債券と高配当の特徴をあわせ持つ銘柄です。

銘柄の詳細な説明や考察は、こちら記事にまとめましたので参考にしてみてください。

LQD - iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF - BlackRock
【米国ETF投資】LQDの特徴まとめ。債券ETF、高配当ETFとしても魅力的な銘柄LQDは信頼度が高い超大手企業の社債に投資をする債権ETF。暴落時の下落が小さく、分配金も税引前3%で、債権と高配当の魅力をあわせ持つ魅力的な銘柄。買付タイミングは利回りがあがったとき。...

IYR:iシェアーズ 米国不動産 ETF

2020年3月28日時点 内容
運用会社 ブラックロック
投資対象 不動産(REIT)
投資対象国 米国
ファンド純資産総額 約0.5兆円
銘柄構成数 113
経費率 0.42%
分配金利回り 4.33%

IYRを一言で言えば、米国市場の不動産投資信託(REIT)に投資をするETFです。

不動産投資信託(REIT)は資産を使って不動産投資を行う投資商品です。

もも
もも
米国の不動産にETFを利用することで投資できます。

銘柄の詳細な説明や考察は、こちら記事にまとめましたので参考にしてみてください。

【米国ETF投資】IYRの特徴まとめ。少額で幅広い米国不動産投資ができる高配当銘柄!
【米国ETF投資】IYRの特徴まとめ。少額で幅広い米国不動産投資ができる高配当銘柄!IYRは100を超える米国REITに投資ができるため、少額で不動産投資を分散して行える。総資産額の低さ、経費率の高さは少し気になる。私達は定期買付ではなく、利回りが高くなったタイミングでの買い増しがおすすめ。...

ももたま家が過去に投資・保有していた銘柄一覧

VTI:バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

VTIを一言で言えば、米国市場ほぼ全ての株式銘柄に投資するETFです。

VTに比べて、VTIは米国市場に限定しているので、米国に集中しつつも銘柄を分散させたいときにおすすめ。

アメリカ市場の成長に投資するなら、VTIに投資するだけでも十分と言えるくらい魅力的なETFです。

私達は2019年11月に売却しました。(参考:2019年11月の投資報告

VOO:バンガードS&P500ETF

VOOを一言で言えば、米国市場における主要業種の代表500株式銘柄に投資するETFです。

S&P500はとても有名な指数で、米国株式市場のパフォーマンスを表すベンチマークとしても利用されています。

VTIに比べてより銘柄を絞っているので、分散性は落ちますが主要業種をカバーしているので米国の経済成長に十分連動します。

たま
たま
個人的にはVTIでもVOOでも変わらないと思ってますね。

私達は2019年11月に売却しました。(参考:2019年11月の投資報告

HDV:iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF

HDVを一言で言えば、米国市場の厳選された高い配当利回りの株式銘柄に投資するETFです。

もも
もも
VYMよりも構成銘柄数が少ないです。

高配当投資で活用する場合は、同じ高配当ETFであるSPYDに投資して、セクター分散を図ることも多いですね。

私達は2019年11月に売却しました。(参考:2019年11月の投資報告

IFGL:iシェアーズ 先進国(除く米国)不動産 ETF

IFGLを一言で言えば、米国市場以外の先進国における不動産会社、および不動産投資信託(REIT)に投資するETFです。

たま
たま
IYRの米国以外の先進国版といったところですね。

日本企業も投資対象に含まれ、保有割合も27%と高く日本の不動産投資を行っているETFと言えますね。

私達は2019年11月に売却しました。(参考:2019年11月の投資報告

まとめ:4つの銘柄で株式、債券、不動産へ投資

私達が投資している米国ETFは全部で4銘柄、そのうち2銘柄は毎月積立をしています。

投資・保有ETF銘柄
  • VT(全世界株式)- 毎月積立
  • VYM(米国株式、高配当)- 毎月積立
  • LQD(米国債券、高配当)
  • IYR(米国不動産、高配当)

米国ETF投資は簡単に幅広い分散投資ができ、分配金も受け取れるなど魅力も多いです。

投資信託でも同じような投資は可能ですが、私達は米国ETF投資を選びました。

たま
たま
その理由については、こちらの記事を参考にして下さい。
【米国ETF投資を選んだ5つの理由】つみたてNISAをやらない理由とは?
【米国ETF投資を選んだ5つの理由】つみたてNISAをやらない理由とは?米国ETF投資を選んだ理由は大きく5つ。①ブラックボックス、手数料を避ける。②分配金が欲しい。③税金について考えることができる。④運用金額の想定が非課税枠を超えている。⑤投資信託、米国ETFの2つを管理することが大変。...

米国ETFの銘柄数は約2,000を超えているからこそ、何を選ぶべきかは自分が投資をする目的によって変わってきます。

そのためにも、まずはしっかりと自分の価値観を明確にすることから始めていきましょう。

もも
もも
家族で取り組むのなら、なおさら目的は重要ですよ。
【夫婦円満の秘訣】自分の幸せ、人生の目的を明確にする価値観マップの作り方
【夫婦円満の秘訣】自分の幸せ、人生の目的を明確にする価値観マップの作り方自分の幸せ、人生の目的が明確だと自分の意見に自信が持てる。他人に影響されることなく、考えの中心にある軸となる。価値観マップは明確にするためのツールで、夫婦で取り組むことで嬉しい成果も。...

そして自分の投資目的が明確になったら、少額からでも投資を始めてみましょう。

どれだけ小さな金額でも、実際に投資をすることで得られる経験は本当に多くありますからね。

【初心者向け】SBI証券と住信SBIネット銀行で米国ETF投資を始める6ステップ
【初心者向け】SBI証券と住信SBIネット銀行で米国ETF投資を始める6ステップ米国ETF投資をこれから始めるための具体的な手順を6つのステップで紹介。米国ETF投資は魅力も多く、多くの人にとって最適解になる可能性が本当に高い。だからこそ、SBI証券、住信SBIネット銀行で米国ETF投資を始めよう。...
米国ETF投資実績、初心者からの始め方を公開中
こちらも合わせてどうぞ♪