投資関連情報

【米国ETF投資】IYRは少額から米国不動産に分散投資ができる魅力的な高配当銘柄

【米国ETF投資】IYRの特徴まとめ。少額で幅広い米国不動産投資ができる高配当銘柄!

こんにちわ、ももたまです。

私達は2019年3月から米国ETFによるインデックス投資に取り組んでいます。

米国ETF投資(インデックス投資)の投資実績、投資銘柄を大公開
米国ETF投資(インデックス投資)の運用実績、投資銘柄、具体的な始め方を大公開2019年3月から取り組んでいる米国ETF投資の運用実績、保有銘柄、SBI証券での米国ETF投資の初め方についてのまとめ。...

この中で私達は、iシェアーズ 米国不動産 ETF(IYR)に投資をしています。

たま
たま
簡単に言えば米国REIT詰め合わせパックですね。

マンションや戸建てなど不動産投資には、通常大きな金額のお金が必要になります。

ですが、米国ETFのIYRを活用すればリート(REIT)を通じて幅広い米国不動産に投資することができます。

そこで今回はIYRに関して、以下4つのことをまとめました。

  1. リート(REIT)とIYRの概要
  2. IYRの保有銘柄、純資産総額、経費率
  3. IYRの市場価格、分配金、分配金利回り
  4. おすすめの買付タイミング
もも
もも
IYRで米国不動産投資を始めてみましょう。

リート(REIT、不動産投資信託)とは何か?

投資法人(REIT)の図解

リート(以下、REIT)はReal Estate Investment Trustのことで、簡単に言えば、不動産の投資信託です。

実際には不動産の保有や運用を行う投資法人を通して、画像のように投資を行うことになります。

そして、投資法人が不動産の売買・賃貸によって得た利益を、投資家に分配をするという仕組みです。

たま
たま
私達はここで言う「投資家」に該当するわけですね。

REITを活用すれば、何千万円以上ものお金が必要な不動産投資も、少額から行うことができます。

さらに投資法人は大きな金額を扱えるため、複数の不動産に分散投資もできます。

もも
もも
また、REITによって投資対象の不動産も違ってきますね。
IYRのイメージ図
  • 投資法人A→工業用不動産
  • 投資法人B→店舗用不動産
  • 投資法人C→住宅用不動産

そしてIYRは、画像のように複数の米国REITに投資を行うETFで、投資対象のREITは100を超えています

REITだけでも不動産への分散投資ができますが、IYRならさらに幅広い種類の不動産に投資ができるのです。

たま
たま
簡単に分散投資ができることがETFの魅力ですよね。

では次に、IYRの基本的な以下3つの情報をみていきましょう。

  1. 保有銘柄
  2. 純資産総額
  3. 経費率

IYRの保有銘柄、純資産総額、経費率

IYRの保有銘柄は日本から購入できない銘柄ばかり

2020年6月時点の、IYRの保有銘柄と割合をまとめたのがこちらです。

ティッカー 保有銘柄 保有割合
AMT AMERICAN TOWER REIT CORP 10.62%
CCI CROWN CASTLE INTERNATIONAL REIT CO 6.28%
PLD PROLOGIS REIT INC 6.20%
EQIX EQUINIX REIT INC 4.60%
DLR DIGITAL REALTY TRUST REIT INC 3.45%
SBAC SBA COMMUNICATIONS REIT CORP CLASS 3.01%
PSA PUBLIC STORAGE REIT 2.60%
CSGP COSTAR GROUP INC 2.58%
AVB AVALONBAY COMMUNITIES REIT INC 1.99%
WELL WELLTOWER INC 1.95%

私達は米国REITに馴染みがありませんが、例えば構成割合1位のAMTは通信インフラに投資をしているREITです。

ここで注目したいのは、日本の証券会社からは米国REITを買付できないということです。

つまり、日本からでも米国REITに投資ができることがIYRの魅力の1つと言えます。

もも
もも
人口増加が進む米国の不動産市場は魅力的ですよね。

仮に米国REITを個別買付する場合でも、個別株同様に銘柄と企業分析は必須です。

投資に対して強い興味と多くの時間を割かない私達には、IYRがとても魅力的です。

純資産総額は0.35兆円と他の保有ETFに比べて少ない

IYRの純資産総額は、私達が投資をしている他のETFと比べると以下の通り少ないことが分かります。

ティッカー 純資産総額
VT 約1.9兆円
VYM 約3.6兆円
LQD 約5.6兆円
IYR 約0.35兆円

約0.35兆円という数字は決して少ない額ではありませんが、大きな米国市場においては少ないと言わざるを得ないです。

たま
たま
もう少し人気が出てほしいなっと感じるところですね。

経費率も0.42%と、他の銘柄に比べると少し高め

経費率も、私達が投資をしている他のETFと比べると以下の通り少し高めです。

ティッカー 経費率
VT 0.08%
VYM 0.06%
LQD 0.15%
IYR 0.42%

経費率が安いバンガード社の不動産ETF(VNQ)でも0.12%と、一般的に不動産ETFは経費率が高めです。

もも
もも
残念なことにVNQはSBI証券で取り扱いが無いんですよね。

それでも0.5%以下という経費率は、高くはないと言える水準です。

さて、IYRの基本的な情報が分かったところで、次は以下の実績についてみていきましょう。

  1. 市場価格
  2. 分配金
  3. 分配金利回り

IYRの市場価格、分配金、分配金利回りの推移

市場価格はリーマンショック時には70%以上も下落

画像はIYRの市場価格推移ですが、以下の2つの時期で大きく暴落しています。

  1. 2007年~2009年:リーマンショック
  2. 2020年~:コロナショック

リーマンショックではサブプライム住宅ローン危機といった、住宅関連の金融危機も大きく問題となりました。

それに合わせて、不動産投資を行うIYRの市場価格も大きく暴落しました

そこでリーマンショック、コロナショックに関する市場価格の状況を以下のようにまとめてみました。

たま
たま
コロナショックの底はまだ分からないため参考値ですね。
リーマンショック コロナショック
暴落前の最高値 92.52ドル(2007年2月9日) 100.21ドル(2020年2月21日)
暴落後の最安値 22.21ドル(2009年3月6日) 57.84ドル(2020年3月23日)
暴落の期間 2年25日間(756日間) 31日間
騰落率 -76.00% -42.28%
市場価格が回復した時期 93.68ドル(2019年9月6日)
市場価格の回復までの期間 10年6か月間(3,836日間)

リーマンショックでは市場価格が3割以下となり、暴落前の水準に戻るまで10年以上かかったことが分かります。

これは以下のように言い換えることができます。

  • 1,000万円を投資していた場合
  • 2年かけて240万円まで下落
  • 10年かけて1,000万円に戻った
たま
たま
あらためてETFがリスク資産であることを実感しますね。

一方で暴落後は、ゆっくりと右肩上がりで回復を続けてきたことからも、米国の不動産市場の強さも理解できます。

2020年2月に最高値を更新しましたが、コロナショックにより大きく下落しました。

結論として、IYRは買付タイミングがとても重要な銘柄と言えますね。

分配金は増配・減配を繰り返しているが利回りは右肩下がり

IYRの年間分配金、(各年末の市場価格における)分配金利回りをまとめたものが、以下のグラフです。

IYRの分配金の推移

分配金はリーマンショックによって3割ほど下落していますが、市場価格の7割に比べれば小さな下落です。

もも
もも
暴落時における分配金の強さがよく分かりますね。

リーマンショック後は、2016年をピークに年間分配金(棒グラフ)は上下を繰り返しています。

一方で、市場価格は右肩上がりのため分配金利回りは下がり続けています。

たま
たま
2020年はコロナショックでどう変わるのか楽しみですね。

それでも分配金利回りは税引前3%と、私達が投資する他の銘柄に比べても悪くはありません。

では最後に、私達が考えるIYRのおすすめ買付タイミングについてみていきましょう。

IYRはどのタイミングで買付するのがおすすめか?

私達はIYRのおすすめ買付タイミングは、以下の2つの条件がそろった時と考えています。

  1. アセットアロケーションに合わせて不動産割合を増やす時
  2. 分配金利回りが4%を超えた時

私達は株式に投資をするVT、VYMを毎月買付しているため、保有資産における株式の割合は自然と増えていきます。

また、現時点のアセットアロケーションでは不動産割合は10%以下で十分と考えています。

私達のアセットアロケーションについては、下記の記事を参考にしてみてください。

【2020年版】アセットアロケーションを考え方と一緒に大公開【30代子育て世帯】
【2020年版】アセットアロケーションを考え方と一緒に大公開【30代子育て世帯】アセットアロケーションを考えるポイントは3つ。リスク資産割合、投資商品割合、投資地域割合。私達はリスク資産が4割。そのうち、株式7割、債券2割、不動産とMMFで1割。投資先は米国中心の全世界が対象。...

また、不動産投資であるIYRの1番の魅力は分配金です。

そのため分配金利回りが税引前3%程度の2020年6月時点では、あまり魅力的とは言えません。

米国ETF投資では、分配金に対して約3割の税金がかかるため、税引前3%では税引後2%まで落ち込むことになります。

もも
もも
外国税額控除の還付もそれほど期待できませんからね。
【米国ETF投資】SBI証券における分配金について。配当金との違い、利回り、税金、受取、再投資
【米国ETF投資】SBI証券での分配金に関するまとめ。利回り、税金、再投資がポイント【体験談】米国ETFから支払われる分配金。利回りも重要だが、3つの税金を理解し確定申告によって節税することも重要。受け取りは外貨(米ドル)のため、手動で買付、少額なら外貨建MMFも活用しよう。...

これまでの市場価格の成長から、定期買付で値上がり益(キャピタルゲイン)を狙うことも考えました。

ただし、以下の2つの理由から定期買付対象からは外しました

  1. リーマンショックの騰落率が高い
  2. 株式の方が不動産よりも過去の成長率が高い

私達としては、アセットアロケーションと分配金利回りの条件が揃った時に、追加の買付を行うことを考えます。

まとめ:少額で米国不動産投資ができる魅力的な銘柄

今回は私達が実際に投資をしている、IYR(iシェアーズ 米国不動産 ETF)についてまとめました。

IYRの特徴
  • 100を超える米国REITに投資
  • 個別買付ができない米国REITを含めた分散投資
  • 資産規模は約0.35兆円と少ない
  • 経費率は0.42%と少し高い
  • 市場価格は右肩上がりだが、暴落時には7割減も
  • 分配金は多少増えているが、利回りは右肩下がり

大きな金額が必要な不動産投資も、IYRなら少額から投資することができます。

リーマンショックでは市場価格が大きく暴落しましたが、その後の回復力に米国不動産市場の力強さを感じます。

たま
たま
人口が増加し続けている米国市場は有望ですよね。

IYR過去の騰落率、そして株式と比較した成長率の低さから定期買付はおすすめしません。

そこで私達は、以下の2つの条件が整った時に買付を検討していきます。

  1. アセットアロケーションに合わせて不動産割合を増やす時
  2. 分配金利回りが4%を超えた時

IYRならアセットアロケーションの中に、不動産を簡単に組み入れることができます。

不動産ETFの1番の魅力は分配金だからこそ、今後も少しずつ買付したい銘柄です。

みなさんも株式、債券、現金以外に、不動産も自分の資産に加えていきましょう。

米国ETF投資実績、初心者からの始め方を公開中
こちらも合わせてどうぞ♪