家計見直し

【家計見直し】格安SIMでスマホ代は夫婦で月4千円以下にできる!【体験談】

【家計見直し】スマホを格安SIMに乗り換えて通信費を安くしよう!

こんにちわ、ももたまです。

家計見直しにおいて、最優先に取り組むべきことは固定費の見直しです。

今回はその中でも通信費、特にスマホ代について考えてみましょう。

2019年3月の家計簿で話したように、私達は大手キャリアから格安SIMに切り替えました。

  • 以前:約1万円(夫婦)
  • 現在:約4,000円(夫婦)

格安SIMに切り替えただけで、月6,000円、年間7万円も通信費を安くすることができました。

たま
たま
スマホやデータはそのままで、簡単に切替できましたよ。

そこで今回は格安SIMとは何か?ということから、キャリア別おすすめ格安SIMをまとめてみました。

キャリア別おすすめ格安SIM

では最初に、格安スマホ、格安SIMについてみていきましょう。

格安スマホ、格安SIMって何?

格安スマホは端末を購入するが、格安SIMは今の端末を利用

大手キャリア、格安スマホ、格安SIMの違い

画像は大手キャリア、格安スマホ、格安SIMの違いをまとめたものです。

格安スマホは端末をセットで購入するため、現在スマホを持っていない場合には検討しても良いですね。

一方、iPhoneなどの最新端末を使いたい、今持っている端末を活用したい場合は格安SIMがおすすめです。

SIMはSIMカードと呼ばれ、簡単に言えば電話やネットを使うためのカードのことです。格安SIMを契約したら、今のスマホに入っているSIMカードを交換するだけです。

つまり、持っているスマホのSIMを差し替えるだけで、通信料金を安くできるのです。

たま
たま
私達も端末はそのままで、SIMカードだけ交換しました。
もも
もも
アプリも撮った写真もそのまま使えますよ。

では次に、どうして格安SIMは大手キャリアよりも安いのか?その理由をみていきましょう。

知っておくことで安心できる、格安SIMが安い理由

格安SIMが安い理由

格安SIMを扱っている会社(MVNO)は、電話やネットに必要な通信設備を大手キャリアからレンタルしています。

もも
もも
例えば、スマホの電波を受け取る基地局とかですね。

そのため、新しい設備などへの投資、設備をメンテナンスする費用が不要になります。

また、ネットでの受付を中心に店舗を少なくしているため、人件費も少なくできます。つまり、

  • 設備への投資が不要
  • メンテンス費用が不要
  • 人件費が少ない

そのため、通信料金を大手キャリアに比べて安くすることができるというわけです。

たま
たま
安い理由を理解することで、安心できますよね。

では、そんな安い格安SIMの電話ネット品質は大丈夫なのでしょうか?

大手キャリアからのネットワークレンタルの範囲が広い

格安SIMの通話とネットの通信の流れ

画像は格安SIMを利用した時の、電話、ネットの流れを簡単に示したものです。

電話の場合は全ての回線を大手キャリアからのレンタルしているので、品質は大手キャリアと全く同じ。

ネットもスマホと無線で通信する部分は全て大手キャリアからレンタルしていることがわかります。

つまり、格安SIMだから圏外になりやすいということはなく、大手キャリアと同じ通信エリアが確保できるのです。

格安SIMの会社が管理する設備も利用しますが、有線で接続されているため、品質も問題ありません。

もも
もも
実際、私達も不便を感じたことは一度も無いですね。

さて、料金も安く品質も問題がないと魅力的な格安SIMですが、次は抑えておくべき注意点2つをみていきましょう。

格安SIMへ乗り換えするときの注意点2つ

格安SIMが始まり出した時は、問い合わせがメールだけだったり、対応が不親切ということがありました。

今では会社の数も増え、問い合わせも電話やメールで丁寧にサポートしてもらえます。

たま
たま
私達も何度も電話していますが、本当に丁寧ですよ。

その上で、現在の格安SIMにおける注意点2つをみていきましょう。

1.契約時の通信容量を増やすと、結果的に料金が高くなる

私達がおすすめするキャリア別の格安SIMにおける、通信容量ごとの料金をまとめてみました。

2GB 3GB 5GB 6GB 9GB 12GB 14GB 20GB
(全キャリア)
楽天モバイル(*)
2,980円 5GB以上は1GB500円のチャージ式
20GBなら10,480円
(docomo)
BIGLOBEモバイル
1,600円 2,150円 3,400円 5,200円
(ソフトバンク)
b-mobile
990円 1,380円 1,990円 2,590円 3,590円 4,190円
(au)
UQ mobile
1,980円 2,980円 3,980円

*楽天モバイルは楽天基地局範囲のみ無制限、それ以外のエリア(パートナー回線エリア)は2020年4月22日より5GB/月となっている。

格安SIMでも通信容量が大きくなると、大手キャリアと変わらない料金になります。

つまり、格安SIMを活用して通信費を安くするためには、通信容量を少なくする必要があります。

もも
もも
でも、ネットをたくさん楽しみたい人もいますよね?

その場合は、自宅のネット回線をモバイルWi-Fiにすることで、通信費を安くまとめられます。

動画やゲームはもちろん、持ち出せば屋外でもネットを自由に楽しめるので本当に便利ですよ。

おすすめのモバイルWi-Fiについては、こちらの記事にまとめてあるので参考にして下さい。

【家計見直し】モバイルWi-Fiを活用して通信費・固定費を安くしよう!
【家計見直し】自宅のネット環境をモバイルWi-Fiに切り替えて通信費を安く自宅のネット環境をモバイルWi-Fiにするだけで、年1万円以上も通信費を安くできる。持ち運び自由で、屋外でネットを楽しめる。格安SIMとの相性も抜群で通信費をさらに安くできる。...

2.現在利用している大手キャリアにあった格安SIMを選ぶ

キャリアに合わせた格安SIMを選ぼう

現在ではSIMロック解除を行うことで、基本的にどんな格安SIMも利用することができます。

ただ、SIMロック解除手続きが必要で、スマホが古いとSIMロック解除自体ができません。

そこで、現在docomoを契約しているなら、docomo向けの格安SIMを利用することをおすすめします。

もも
もも
端末とキャリア回線との相性もありますしね。

例えばBIGLOBEモバイルではdocomo回線、au回線の2つを選ぶこともできます。

また、2020年4月8日からは楽天モバイルが独自の楽天回線を展開し始めました。

楽天ポイントが活用できおすすめですが、対応機種を購入、もしくは保有していないと利用できません。

たま
たま
詳しくはキャリア別おすすめ格安SIMを参考にして下さい。

では格安SIMの注意点2つが分かったところで、後は切り替えるだけですね。

実は格安SIMの切り替えは本当に簡単で、たった2つのステップで完了です。

格安SIMに切り替えるまでの2つのステップ

1.現在の大手キャリアからMNP予約番号を受け取る

格安SIMで今の電話番号を使うためには、MNP予約番号が必要になります。

もも
もも
格安SIMに電話番号を引き継ぐための番号ですよ。

MNP予約番号は電話で問い合わせすれば、無料ですぐに取得できます。

キャリア別に問い合わせ先をまとめたので、まずはMNP予約番号を取得しましょう。

キャリア 電話番号 受付時間
docomo 0120-800-000
docomoの携帯なら151
9:00~20:00
SoftBank 0800-100-5533 9:00~20:00
au 0077-75470 9:00~20:00
Y!mobile 0570-039-151 9:00~20:00

MNP予約番号には有効期限があり、取得してから15日間になります。

また、格安SIMの申込時点で10日以上、有効期限が残っている必要があります。

そのためMNP予約番号を取得したら、遅くとも5日以内には格安SIMを申込みましょう。

2.ネットから格安SIMの申込みを行うだけ

MNP予約番号を取得できたら、あとはネットから格安SIMの申込みを行うだけです。

たま
たま
ただ、格安SIMは会社も多くて悩むところですよね。

そこで、今回は実際に私達や友人が利用しているおすすめの格安SIMを、キャリア別にまとめました。

【2020年版】キャリア別おすすめ格安SIM4選

全キャリアで一度は検討したい楽天モバイル


私達が最初におすすめするのは2020年4月8日から独自に楽天回線を始めた楽天モバイルです。

  1. 楽天ポイントを支払いに利用できる(期間限定ポイントもOK)
  2. 先着300万名まで、プラン料金(2,980円)が1年間無料
  3. Rakuten Link利用時は通話料が無料
  4. パートナー回線(au)接続時のデータ容量5GB/月
  5. 5GB超過時でも1Mbpsの通信速度が出る(動画も普通に見れる)
  6. テザリングが無料で利用出来る

楽天モバイルの一番の魅力は楽天ポイントを支払いに利用できるということです。

楽天モバイルでスマホ代を無料に

私達の友人も楽天モバイルを利用していますが、楽天ポイントを活用しているのでスマホ代は実質無料です。

楽天カードを使って普段の支払い、ふるさと納税を行うだけで簡単にポイントを貯めることができますからね。

docomoなら初期費用が実質無料のBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは初期費用が本当にかからないことが魅力です。具体的には

  1. 最初の6ヶ月間、プラン料金が無料
  2. 通信容量3GBなら1,600円から利用できる。
  3. 初期費用が全額Gポイントで還元(実質無料
  4. +600円(3分)、+800円(10分)と通話かけ放題が選べる

初期費用もポイント還元され、最初の6ヶ月間はプラン料金が無料と安さを追求した格安SIMです。

契約から1年間に解約すると、1,000円の違約金がありますが良心的な金額です。

もも
もも
1年使ってみて、乗り換えしても良いですからね。

SoftBank(ソフトバンク)なら明瞭会計のb-mobile

b-mobileは料金の安さ、そして料金体系がシンプルなのが魅力的です。例えば

  1. 月額基本料金は990円から
  2. 2GB以降は1GBあたり200円ずつ加算
  3. 通信量は1GB単位でストップできる(使いすぎ防止)
  4. 月+500円で、5分間かけ放題
  5. 最低利用期間、解約金が無い

いろいろな格安SIMがある中で、とってもシンプルで分かりやすいのが特徴のb-mobile。

格安SIMは会社によっては本当に契約内容も複雑なので、逆にシンプルさが人気なのもよくわかります。

auならWiMAXとも相性が良い、学割もあるUQ mobile

私達も利用しているUQ mobileは料金の安さ、WiMAX(モバイルWi-Fi)との割引も魅力です。例えば

  1. 月額基本料金は1,980円から
  2. 家族で利用すると2台目は1,480円
  3. 5歳~18歳以下の利用者登録で学割適用の980円
  4. WiMAXを契約していると最大月500円割引
  5. +700円で、10分間のかけ放題がつけられる
  6. 最低利用期間、解約金が無い

私達もかけ放題はとても便利で愛用しています。

おでかけする時の問い合わせなど、ちょっとした電話ができるのは便利ですよ。

ちなみに学割は利用者登録さえ子供にしておけば、実際は大人が利用することもできます

たま
たま
WiMAXの割引と学割を上手く活用したいですね。

まとめ:格安SIMを利用してスマホ代を安く

今回は格安SIMを利用して通信費、スマホ代を安くする方法についてまとめました。

格安SIMの内容だけでなく、乗り換え手順、キャリア別おすすめ格安SIMまで。

今では生活必需品となったスマホですが、格安SIMを活用すれば夫婦でスマホ代を月4千円以下にすることができます。

もも
もも
大手キャリアと比べて年7万円以上も安くできます。
たま
たま
切り替えたら、すぐに効果が出るのも魅力ですよね。

ただ、格安SIMの会社は本当に多く、キャリアごとに格安SIMも違うので悩むところです。

そんな時は私達のキャリア別おすすめ格安SIMを参考にしてみて下さい。

キャリア別おすすめ格安SIM

家計見直しにおいて、通信費のような固定費の削減は1回取り組めば効果がずっと続きます

面倒だからと先延ばしにした人と、今すぐに取り組んだ人とのはどんどんついていきます。

だからこそ、できることからコツコツと。

さぁ、まずは格安SIMに切り替えて毎月のスマホ代を安くしましょう。

ももたま家の家計簿、家計見直し術を公開中!
こちらも合わせてどうぞ♪