家計見直し

UQ Mobileの格安SIMにMNPで乗り換えのお得効果と注意点8つ

こんにちわ、ももたまです。

今回の話題は固定費削減、格安スマホへの乗り換え!

貯蓄体質にしていく中で最初に取り組むべき点は固定費の削減です。今回、更新期間に入った大手キャリアスマホをUQ Mobileの格安SIMを利用した格安スマホにMNP乗り換えします。

もも
もも
切替を通して色々と注意すべき点も見えてきたので今回紹介していきたいと思います。

どれくらいお得になるのか

切替前の携帯費用

ももたま家では切替前は大手キャリアのauを利用していましたが、その際もMNPキャンペーンを利用してお得に切り替えを済ませていました。

当時の契約資料を基にかかった費用や条件、キャッシュバックをまとめたのがこちらです。

  • 月額10,252円(消費税別)
    • ももちゃん携帯:2,980円
    • たまちゃん携帯:2,980円
    • Home Wi-Fi:4,292円
  • その他
    • 5分間話し放題+データ容量3G
    • Home wifiは容量制限なし
    • キャッシュバック金額12万円
    • 購入後1か月有料プラン(1000円)必須
    • 購入後3ヶ月ガラケー契約(2000円)必須

ちなみに直近の携帯電話料金を平均してみると1,1540円という事から、容量やプランはこれで十分という事が分かります。

もも
もも
自分たちの家庭が普段どの程度スマホを利用しているのかを把握することはとても重要です。
たま
たま
せっかく見直しを行っても、結局通話料や通信量が高くなって支払金額が増えてしまっては意味がないもんね。

通信費は1万円以内が原則

ももたま家ではライフプランシートを作っていますが、その中でも夫婦2人の携帯とHome Wi-Fiを合わせた予算は1万円で見込んでいます。

その為、この1万円を下回ることが最低条件になります。これを基に最初は大手キャリアであるSoftBankへの乗り換えを検討しました。

もも
もも
キャッシュバック金額が大きいキャンペーンがあり一見お得に見えたのですが、月々の支払額がかなり高くなってしまいました。

さらに、現在ももたま家が利用している端末は大きな傷もなく動作も快適であることから新規に端末を購入する必要性がありませんでした。

これらの事から今回初めて格安SIMを利用した格安スマホへのMNP乗り換えに挑戦することとしました。

たま
たま
携帯を更新するからと言って、新しい端末がいる事にはなりません。しっかり必要性を見極めましょうね。

乗り換え先はUQ Mobile

UQ Mobileはauキャリアと親和性が高いことで有名です。その為、auキャリアで購入した端末を利用したいももたま家にとっては有力候補になります。

また、月額1万円に抑えらえる事に加え、Home Wi-FiでWiMAXを利用することでさらに割引(ギガMAX月割)も発生します。これらを試算した結果がこちらになります。

  • 月額73,600円(消費税別)
    • ももちゃん携帯:1,680円(ギガMAX月割り)
    • たまちゃん携帯:1,480円(家族割)
    • Home Wi-Fi:4,200円
  • その他
    • 5分間話し放題+データ容量3G
    • Home wifiは容量制限なし
    • キャッシュバック金額5万7千円

通話オプションや容量も問題ないことが確認できたのでこちらに決定しました。

WiMAXへの切り替えも完了しましたので、合わせて検討されるときはこちらもどうぞ。

GMOとくとくBBのWiMAXはUQ MobileのギガMAX月割でお得?注意点は?GMOとくとくBBのWiMAXは安くておすすめだけどキャッシュバック期間に注意...

切替に伴う注意点8つ

予約番号発行後2日以内に申込み

ももたま家では事前に予約番号を取得してから様々な格安SIMの検討を進めていました。その後、UQ Mobileに決定し有効期限内なのでそのまま購入申請したところ、このような画面でエラーが発生してしまいました。

UQ MobileではMNP予約番号を取得後2日以内に申し込みをしなければいけないという事をこの時知りました。

MNP予約番号再取得は即日対応不可

MNP予約番号が有効期限内にあるにも関わらず再発行となると、現在発行しているMNP予約番号を一旦キャンセルする必要があります。

その為、一度キャンセルを依頼したのちに後日再発行を依頼してください。

もも
もも
キャンセルも再発行もコールセンターへの電話が必須になります。大手キャリアは特につながりづらいので、予約番号取得は購入直前の方がいいですね。

学割利用時は購入時に申請

子供が5歳を超えているとUQ Mobileでは学割を申請することが出来ます。ただし、購入時に利用者情報を合わせて入力しておく必要があります。

<購入時に選択>

学割のように契約者と利用者が別々の場合、購入後の確認書類アップロードにて別途利用者(つまり子供)の身分証明書などが必要です。保険証などあらかじめ準備しておきましょう。

<購入後の確認書類アップロード>

家族割は後日申請

家族割は申し込み時に申請をすることが出来ません。その為、一旦別々に2つの回線契約を行ってから、後日コールセンターへ連絡し家族割申請を行うことになります。

ももたま家では2回線とも、ももちゃん名義しているので電話で簡単にまとめることが出来ました。

名義人が異なったり、住所が違うと別途申請書類などが必要になる場合もあります。同居している家族なら、名義人は一人にまとめた方が便利だと感じましたね。

申し込み不備はキャンセル扱い

ももたま家では購入時一つの回線に住所入力に不備があり、購入自体がキャンセル扱いになりました。

ただし購入自体がキャンセルの為、予約番号発行2日以内であれば再購入が即日で出来ます

もも
もも
購入申し込みを行うと翌日には購入結果がメールで来ていました。申し込みをした数日間はこまめにメールチェックをすることをお勧めします。

SIMはポスト投函禁止で届く

格安SIM自体はこのようなパッケージで送付されてくるのですが、ポスト投函禁止が明記されています。

手続きを早く進めたい人(例えば、大手キャリア側の解約期限が迫っている人など)は注意しておきましょう。

マルチSIMの場合は切りとり注意

ももたま家が今回利用したのはマルチSIMと呼ばれるタイプですが、これは自分たちで任意の大きさにカットしなければなりません

基本的に切り込みが入っているの心配はありませんが失敗すると再発行に3000円かかるので気を付けましょう。

たま
たま
ちなみにSIM自体には電話番号の記載とかはないので、申し込み番号を見ながら一つずつ対応するのが良いですよ。あやうく両方開けて混じってしまいそうでした。

回線切替は9:30-20:30

SIMを切替して端末へ差し込んだ後、UQ Mobileのサイトを通して回線切替を行います。この回線切替を通して元のキャリアが解約されることになります。

ただ、この回線切替が行える時間帯が9:30-20:30となっています。ももたま家は気づかず夜遅くにSIMを切り替えてしまった為、翌日の9:30まで待ちました。

もも
もも
Wi-Fiとか利用出来たから良かったけど、それが出来なかったら再度SIMを差し戻す必要があります。

なお、回線切替直後は圏外表記のままですが端末を再起動すればちゃんとUQ Mobileが表示されます。

所感

今回格安SIMを利用した格安スマホへのMNP乗り換えを行ってきましたが、手続きは多少面倒な部分が多いと感じます。

たま
たま
私たちも結局色々調べながらやっていくことになったので、もう少し簡単に出来ると良いですよね

ただ、冒頭の料金明細を見て分かる通り、通信費をかなり抑えることが出来たと思います。今後通信費は確実にかかる固定費になるのは間違いありません。

その為、家計見直しの中では重要度が一番高く、なおかつ効果もかなり大きいです。現在大手キャリアを利用されている家庭はぜひ利用をお勧めしますよ!

もも
もも
今後の月次収支報告などで、この効果を実感出来ると思うのでお楽しみにしてください。またキャッシュバックも入り次第、月次報告で紹介します。

まとめ

  • 固定費削減は家計見直しの最重要ポイント
  • 大手キャリア利用者は通信費を見直そう
  • 手続きは多少面倒、でも難しくはない
  • au利用でWiMAX検討ならUQ Mobileがおすすめ
  • 家族割申請も忘れずに
以上
こちらも合わせてどうぞ♪