遊び場

レトロでんしゃ館の展示内容、遊べること、子供達は楽しめる?滞在時間の目安など現地レポ

レトロでんしゃ館の展示内容、過ごし方の紹介

こんにちわ、ももたまです。

今回は愛知県日進市にあるレトロでんしゃ館に関して、実際に子供達(5歳と3歳)と遊びに行ってきましたので実体験をもとに、詳しく紹介していきます。

レトロでんしゃ館の施設情報は別記事にてまとめましたので、特に小さいお子さんや授乳が必要な乳児を連れて行く場合は参考にしていただければ幸いです。

レトロでんしゃ館の設備などの情報まとめ
レトロでんしゃ館の入館料、営業時間、駐車場、授乳室、飲食可能か?など現地レポ愛知県日進市にあるレトロでんしゃ館は入館料が無料、営業時間は午前10時から午後4時まで、駐車場・空調も完備されています。授乳室や飲食できる場所が無いので、車内や周辺を利用することをおすすめします。...

今回は実際に展示されている内容や子供達が遊べる内容を紹介していきます。施設自体は大きくありませんが所狭しと様々な物があります。

特にペーパークラフト作成はゲームコントローラーを使ってゲーム感覚で自分の顔と名前付きのものを作成することが出来るので、私達の子供達はみんな大好きです。

ただ、その場で作ることが出来ないので、作り終えたら帰るか、帰ってから作成するように上手くもっていかないと、作ってほしいと泣いてしまう子もチラホラ。

たま
たま
早く作ってほしい気持ちはよく分かります

1時間程度の滞在が妥当だと思うので、今回の記事を参考にしてぜひ一度立ち寄ってみてくださいね。

レトロでんしゃ館の展示や遊べる内容

4つの列車が展示されており乗車や運転席操作まで自由

レトロでんしゃ館には全部で4つの列車が置いてあり、どれも乗車が可能です。入り口に段差はありますが5歳くらいなら一人で乗り降りする事も出来ます。

私達はあまり電車に詳しくありませんが『名古屋市交通局 地下鉄100型(107号車)や市電2000型』などが展示されていました。

下の写真は市電2000型で、もちろんこちらも乗車することが出来ますよ。

レトロでんしゃ館の展示車両

車内の座席も全て自由に座る事ができ、すわり心地もとても良く手入れが行き届いているなといつも感じます。

よく公園などでも展示されている車両もありますが、室内という事もあり座席も綺麗です。

レトロでんしゃ館の展示列車の車内

そして、運転席にも入ることが出来、レバーなども全て操作が可能です。

運転席には良く座席が設置されていたり、少し細かい機械等があるケースもありますが、ここの運転席はかなり子供向けに綺麗にまとめられています。

また子供が操作しやすいように全体的に高さも低く、身長90cmもあれば十分ボタンやレバーなどを操作することが出来ます。

一部のレバーだけ少し高めに設定されていますが、あまり気にならないです。

各車両前後の運転席が利用できるため、全体としても運転席の数が多いので子供達が並んでゆっくり遊べないという事は無く、比較的じっくりと遊ぶことが出来るのもいいですね。

たま
たま
身長が90cmの下の子でもご覧のとおり
レトロでんしゃ館の展示車両の運転席

大人向けの歴史パネルなどの展示物も数多くある

レトロでんしゃ館には様々な歴史パネルなども展示されています。これらは子供達向けではなく大人向けの内容になっているので、高さもかなり高く展示されています。

実際に子供達が見て楽しんでいるような状況を見かけたことは無いですが、大人の来場者の方々などが熱心に見ている姿を何度も見かけたことがあります。

電車が好きな方にとっては素敵な情報ばかりなのでしょうね。

レトロでんしゃ館の展示パネルの内容 レトロでんしゃ館の展示パネルの内容

2つのジオラマは走る車両も操作可能で子供達の一番人気

レトロでんしゃ館内には2つのジオラマが設置されています。中央のジオラマが一番大きく、中を走る車両を全て操作することが出来ます。

操作方法はとても簡単で、ボタンを回すだけで走行と停止を行います。

もも
もも
ほどほどの大きさで全体の車両も見やすいです
レトロでんしゃ館のジオラマと操作車両 レトロでんしゃ館のジオラマと操作車両

操作できる車両も多く、各操作場所の前に操作車両の絵があるので自分が操作する車両を子供と一緒に探すのも楽しいです。

このジオラマが一番人気で操作席は大体いつも埋まっています。

張り紙にも列車が3周したら代わるようにありますが、近くのパパ・ママさん達も後ろで待っていると気を使って子供に代わるようにうながしてくれる姿をよく見かけます。

3周は結構短いのですが、操作場所も多くすごく混雑しているという事はないので、直ぐにまた操作出来ます。

3歳くらいだと自分が動かしている列車を見つけるのも難しいですが、5歳くらいになると一人で運転して楽しんでくれますね。

運転する車両が異なるので、端から一つずつ運転している子供も見かけます。

もう一つのジオラマは入り口に入って右手側にあります。中央のジオラマに比べると小型で、操作もボタンを押すだけとシンプルです。

このジオラマは操作が出来る時間が15分おきに設定されています。

その為、あまり子供達も気にしている様子はなく、動く時間帯になると子供達が少し触っている程度です。

操作がボタンを押すだけという事で、中央のジオラマでは操作が難しい3歳くらいの子供達には良いかもしれませんね。

レトロでんしゃ館のジオラマと操作車両、ボタン版

運転体験ゲームは小学生でも難しく高得点を出すには大人も本気に

レトロでんしゃ館の中央には2つのゲームが楽しめる場所があり、全部で4台の液晶モニターと操作用コントローラーが設置されています。

1つ目のゲームは運転体験ゲームで、『とことん地下鉄!!』をプレイすることが出来ます。『電車でGO』のようなゲームで自分で列車を操作して進めるのですが、小学生低学年でも結構難しい内容でした。

パパ・ママが一緒になって楽しんでいる姿もありますが、途中で嫌になってしまう子もチラホラみかけます。

一応高得点を出すと名前を入力して結果を残すことが出来るのですが、上位が軒並み高得点なので名前を残すには結構頑張らないと難しいかも。

ゲームに腕のある方は是非子供と一緒に高得点を目指してください!

もも
もも
一度も本気で取り組んだことが無いのでいつか真面目に取り組んで高得点取ってみたいです
たま
たま
ももちゃんらしい
レトロでんしゃ館のゲームレトロでんしゃ館の運転ゲームのとことん地下鉄(電車でGo風)

絶対におすすめなペーパークラフト作成は簡単でお土産にぴったり

もう1つのゲームはペーパークラフト作成ゲームです。レトロでんしゃ館にきたら絶対にやっておくといいおすすめゲームです。

タッチパネルを利用して自分が好きな電車、色、デザインを選択することが出来、写真を撮って自分の顔、名前をデザインに入れ込むことが出来ます。

デザインが終わると市内か宇宙のどちらかを選択して走る姿を見ることが出来ます。それと同時に受付のプリンターでデザインした車両のペーパークラフトが印刷されます。

画面内での走行が終わると印刷が終了しているので、受付で自分が入力した名前を伝えるとペーパークラフトが貰えます。

たま
たま
名前と写真が印刷されるって良いですよね

なお、ペーパークラフトは小学生以下の子供一人に付き1枚のみです。大人の方は利用できないので注意してください。

選べる車両の種類は全6種類ありますが、車両ごとにペーパークラフトの難易度が違います。全部を試したことはありませんが、一般的なバスはクラフト自体も簡単でした。

少し変わったデザインのものはかなり難易度が高く、大人でも作るのに少し時間がかかります。

今回5歳の子が難しいデザインを選んだので自分で作ってもらいましたが、大きなパーツは切ることが出来ましたが小さいパーツは難しく一人では出来ませんでした。

糊付けなどは手伝いをしてあげると組み立てられる感じですね。

レトロでんしゃ館のペーパークラフト作りレトロでんしゃ館のペーパークラフト作り レトロでんしゃ館のペーパークラフト作り

レトロでんしゃ館の過ごし方

あまり大きくない施設なので滞在は長くても1時間あれば十分

レトロでんしゃ館の滞在時間は大体1時間程度です。たくさん遊べるものがあるわけでは無いので、ゆっくり見て回っても1時間くらいで十分です。

今回は私達が良く回るルートを紹介しておきます。

入館したら名古屋市交通局職員の制帽をかぶって準備を整えよう

入り口入って左手側に『名古屋市交通局職員の制帽』が飾ってあります。色々なデザインの帽子がかけてあるので好きな帽子を選んで自由に被ることが出来ます。

数がたくさんあるわけでは無いですが、いつも大体数個は余っているような感じですね。しばらくすると返却されるので、滞在中には必ず被ることが出来ますよ。

レトロでんしゃ館の名古屋市交通局職員の制帽

展示電車の乗車と運転席、ジオラマの車両運転を体験しよう

帽子を被ったら中央のジオラマに行き、空いているようであれば運転をしていきます。帽子を被った子供達の気分は運転手そのもの。

ジオラマが空いていない場合は、展示車両に乗り込み運転席に一直線です。運転手になりきって色々なボタンを押したりレバーを回したりとご機嫌。

ちなみに、車両の向きによっては外からも運転している姿が取れるので、私達は大体中に付き添う人と外から写真を取る人に分かれます。

子供達も車内から外にパパやママがいると喜びますよ。

一つの車両での運転が終わったら、他の車両へと移動していきます。途中で信号機がありボタンを押すことで表示内容を変える事も出来ます。見落としがちなので忘れずに。

レトロでんしゃ館の信号機

車両移動の際には大体中央のジオラマが目に入るので、ジオラマの空き状況も確認できます。

空いているタイミングがあれば子供を誘導してあげると子供達ともスムーズに遊ぶことが出来て良いですよ。

運転手の気分を味わったらペーパークラフトを作成しよう

ひとしきり運転手の気分を味わったら最後にペーパークラフトを作成します。私達はいつも帰る前にペーパークラフトをすることが多いです。

子供もペーパークラフトを貰うと早く作りたいという気持ちが強くなる為、その後もぐずってしまう事も多かったです。

それと過去に遊んでいる最中に破れてしまったこともありました。出来上がったものは自分で持っていたい気持ちも分かりますが、破れてしまうとやっぱり悲しいですよね。

ペーパークラフトを作成したらレトロでんしゃ館を後にするようにして、本来の目的地に向かったり、お弁当タイムにすることで気分転換を図っています。

帰宅したら子供達と一緒にペーパークラフトで遊ぶこともできるので、帰ってから子供達と遊ぶ内容の1つに出来るのも嬉しいですね。

もも
もも
これまでに何度作った事か。笑

最後に

今回は愛知県日進市にあるレトロでんしゃ館の展示内容、遊べること、子供達は楽しめるのかを中心に滞在時間の目安などもまとめて紹介してみました。

小さい子供でも楽しめ、特にペーパークラフトはおススメです。アクセスもしやすい場所でもあるので、一度は寄ってみることをおすすめします。

その際にはこの記事をぜひ参考にしていただければ嬉しいですね。

こちらも合わせてどうぞ♪