投資関連情報

【初心者向け】SBI証券と住信SBIネット銀行で米国ETF投資を始める6ステップ

【初心者向け】SBI証券と住信SBIネット銀行で米国ETF投資を始める6ステップ

こんにちわ、ももたまです。

私達は2019年3月からSBI証券、住信SBIネット銀行を利用して外貨積立、米国ETF投資を毎月コツコツ行っています。

米国ETF投資(インデックス投資)の投資実績、投資銘柄を大公開
米国ETF投資(インデックス投資)の投資実績、投資銘柄を大公開2019年3月から取り組んでいる米国ETF投資の運用実績、保有銘柄、SBI証券での米国ETF投資の初め方についてのまとめ。...

米国ETFは本当に魅力が多く、これから投資を始める人達にもおすすめです。例えば、

  • 銘柄1つだけでも簡単に分散投資ができる
  • 銘柄の特徴がとても豊富(インデックス向け、高配当向け)
  • 運用しているファンドの規模がとても大きい
  • 手続きもかなり簡単になった
  • 手数料がかなり安くなってきている

だからこそ、どのような投資方針(インデックス投資、高配当株投資など)でも最適解を見つけやすいです。

そこで今回は米国ETF投資に興味がある、実際に始めてみたいという人に向けて、具体的に始める方法を6つのステップにまとめました。

たま
たま
ぜひ一緒に米国ETF投資をはじめましょう♪

STEP1:証券口座と銀行口座を開設する

米国ETF投資を行うならSBI証券、住信SBIネット銀行が一番おすすめです。

SBI証券、住信SBIネット銀行の魅力4つ
  1. 外貨(米ドル)の為替手数料が最安値(2銭
  2. SBI証券口座への外貨入金が簡単
  3. 米国ETFを定期買付できる
  4. NISA利用時の買付手数料が無料
【米国ETF投資】SBI証券の4つの魅力と口座開設手順のまとめ
【米国ETF投資】SBI証券の4つの魅力と口座開設手順のまとめ米国ETF投資ならSBI証券と住信SBIネット銀行が為替手数料がわずか2銭とおすすめ。買付した外貨の入金も簡単で、定期買付ができるのも魅力的。...

STEP2:住信SBIネット銀行で外貨を買付する

米国ETF投資では外貨決済、つまり外貨(米ドル)で米国ETFを買付することが一番おすすめです。

そこで簡単に、そして無駄手数料をかけることなく外貨(米ドル)を買付することが大切になります。

SBI証券に外貨入金するまでの手順
  1. SBI証券へ即時入金サービスを利用して日本円を入金
  2. 住信SBIネット銀行で日本円を代表口座へ振替
  3. 住信SBIネット銀行で外貨(米ドル)を買付
  4. SBI証券へ外貨(米ドル)を入金
【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ
【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ外貨買付のため、住信SBIネット銀行へ日本円を入金する時はSBI証券の即時入金サービスを活用。外貨買付は為替手数料が2銭、為替リスク対策としても有効な外貨積立がおすすめ。...

STEP3:米国ETFの買付、定期買付を設定する

外貨(米ドル)の準備ができたら、米国ETFを買付、または定期買付を設定しましょう。

米国ETFを買付するときに最低限抑えておくべきポイントはたった2つです。

米国ETFを買付するときのポイント
  1. 買付は口数単位でしか行えない
  2. 決済方法は外貨決済を選択

ちなみにSBI証券の魅力である定期買付ですが、外貨積立を利用する時は必ず手動SBI証券への外貨入金が必要です。

もも
もも
買付予定前に買付余力を確認しておけば大丈夫
たま
たま
入金を忘れてもエラーになるだけですけどね
【米国ETF投資】SBI証券における米国ETFの買付、定期買付手順まとめ
【米国ETF投資】SBI証券における米国ETFの買付、定期買付手順まとめSBI証券における米国ETFの買付、定期買付手順のまとめ。細かい設定は多いけれど、いちばん重要なのは買付余力だけ。定期買付の場合、買付余力が足りず失敗することも多いので注意。...

STEP4:米国ETFからの分配金で再投資を行う

米国ETFの大きな魅力の1つが、分配金を受け取れることですが、しっかり税金もかかります。

米国ETFの分配金にかかる税金
  1. 外国源泉徴収税:10%
  2. 所得税:15.315%
  3. 住民税:5%

確定申告を活用することで、各税金を節税できる可能性もあるのでしっかり理解しておきたいですね。

たま
たま
税金と向き合えるのも米国ETFの魅力です

また、受け取った税引き後の分配金の再投資は、日本の投資信託のように自動で行われません

買付余力に自動的に反映されるだけなので、自分で米国ETFを買付しましょう。

【米国ETF投資】SBI証券における分配金(配当金)の受取、税金、再投資のまとめ
【米国ETF投資】SBI証券における分配金(配当金)の受取、税金、再投資のまとめ米国ETFの分配金で重要な指標は分配金の利回り。その時、税金に関しても理解し、税引き後の利回りを意識しよう。分配金は外貨(米ドル)でしか受け取れず再投資は自分で行う必要がある。...

STEP5:少額の外貨は外貨建MMF(米ドル)で運用

米国ETF投資を行うと分配金、外貨積立によって外貨(米ドル)が余る場合が出てきます。

SBI証券では外貨(米ドル)を保有するだけでは金利がつかないため、余った外貨は外貨建MMF(米ドル)での運用がおすすめです。

もも
もも
MMFは安全性の高い投資信託のことですね
外貨建MMF(米ドル)の魅力
  1. 売買手数料が無料
  2. いつでも売買できる
  3. 少額からでも売買可能
【米国ETF投資】SBI証券における外貨建MMF(米ドル)の買付、再投資のまとめ
【米国ETF投資】SBI証券における外貨建MMF(米ドル)の買付、再投資のまとめ外貨建てMMFは買付手数料無料の安全性の高い投資信託。金利が一番高いものを選択しておけば良く、毎月末に特定口座なら課税処理後に自動で再投資もされる。...

STEP6:米国ETFの売却について理解しておく

一度買付したら絶対に売らないという場合であっても、投資に絶対はありません。

そのため、米国ETFの売却手順、手数料、そして税金について、事前に理解しておくことは大切です。

私達のようなインデックス投資の場合、最終的に利益を確定させるためにも売却は必須です。

投資において売却は買付よりも難しいと言われているため、売却の基準を決めておくことが本当に重要ですね。

たま
たま
一度売却してみましたが、本当に手が動かなかったです。笑
もも
もも
誰もが少しでも得をしたい、損をしたくないと考えるからね
【米国ETF投資】SBI証券における米国ETFの売却手順、手数料、税金のまとめ
【米国ETF投資】SBI証券における米国ETFの売却手順、手数料、税金のまとめSBI証券における米国ETFの売却手順は簡単。売却手数料に消費税、さらに売却益には所得税、住民税がかかり、申告分離課税しか選べない。売却は誰もが得をしたい、損をしたくないと考えるので、売却基準を明確にし淡々と売却できるように。...

まとめ:米国ETF投資を一緒に始めましょう

今回は米国ETF投資を始めるための具体的な手順を、6つのステップでまとめてみました。

米国ETF投資なら、SBI証券住信SBIネット銀行を活用するのが一番おすすめです。

私達は2019年3月から米国ETF投資をはじめましたが、コツコツ毎月積み上げていくインデックス投資を基本としています。

分配金は全て再投資していますが、米国ETFも分配金も少しずつ積み上がっていることを実感しています。

家計見直しで支出を減らし、副業で収入を増やし、余剰資金で米国ETF投資を20年以上積み上げる

たま
たま
私達の基本的な考え方、投資方針投資方針です

子育て世帯は子供の教育資金が必要なので、無理のない余剰資金で米国ETF投資を続けていく資金管理を徹底していきましょう。

米国ETF投資実績、初心者からの始め方を公開中
こちらも合わせてどうぞ♪