投資関連情報

【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ【体験談】

【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ

こんにちは、ももたまです。

私達は2019年3月から米国ETFによるインデックス投資に取り組んでいます。

米国ETF投資(インデックス投資)の投資実績、投資銘柄を大公開
米国ETF投資(インデックス投資)の運用実績、投資銘柄、具体的な始め方を大公開資産総額3,000万円を超えた30代4人家族の米国ETF投資家の運用実績、保有銘柄、おすすめの初心者向けの書籍、実際の投資の始め方までを一挙に解説します!...

米国ETF投資では買付する時に、円貨決済外貨決済を選びます。

  • 円貨決済:日本円で買付(証券会社が外貨にして買付)
  • 外貨決済:米ドル(外貨)で買付

ただ為替手数料を比べると、住信SBIネット銀行の外貨積立一番安くおすすめです。

  • 円貨決済:25銭
  • 外貨決済(通常買付):4銭
  • 外貨決済(外貨積立):2銭

そこで今回は、住信SBIネット銀行を活用した

  1. 外貨買付
  2. 外貨積立
  3. (SBI証券への)外貨入金

について、考え方や具体的な手順を含めてまとめました。

たま
たま
手数料をかけずに行うことがポイントですね。

では初めに、住信SBIネット銀行における外貨買付の手順3つからみていきましょう。

 

\ 米国ETF投資を始めるならSBI証券 /

住信SBIネット銀行における外貨買付の手順3つ

手順1.住信SBIネット銀行に日本円を入金

住信SBIネット銀行への入金

まずは、外貨(米ドル)を買付するために、日本円を住信SBIネット銀行に入金します。

ただ、ここで気になるのが、画像のように振込をした時に発生する手数料です。

もも
もも
数百円のお金も、積み重なると大きくなりますからね。

そこで私達がおすすめするのが、SBI証券の即時入金サービスを活用する方法です。

SBI証券の即時入金サービス

即時入金サービスは、SBI証券へ提携金融機関(*)から日本円を簡単に入金できます。特徴は

  • 利用可能時間:24時間いつでも
  • 入金反映:即時
  • 振込手数料:無料

*提携金融機関:住信SBIネット銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、スルガ銀行、イオン銀行

しかも、SBI証券と住信SBIネット銀行はSBIハイブリット預金(**)により、お金の移動は必要ありません。

**SBIハイブリット預金:簡単に言えば、SBI証券口座、住信SBIネット銀行のお金をお互いに共用できる仕組み。(別名:預り金自動スィープサービス)

つまり、住信SBIネット銀行に日本円を手数料無料で入金できるのです。

たま
たま
ネットで簡単に行えることも魅力ですね。

SBIハイブリット預金(預り金自動スィープサービス)は、口座開設時に設定しておくと便利です。

【米国ETF投資】SBI証券のおすすめ理由5つと口座開設のポイント4つ【体験談】
【米国ETF投資】SBI証券のおすすめ理由5つと口座開設のポイント4つ【体験談】米国ETF投資ならSBI証券と住信SBIネット銀行が為替手数料がわずか2銭とおすすめ。買付した外貨の入金も簡単で、定期買付ができるのも魅力的。...

では、即時入金サービスを活用した住信SBIネット銀行への入金までを、5つのステップでみていきましょう。

  • ステップ1
    SBI証券にログイン後、入金を選択
    SBI証券口座への入金方法

    SBI証券にログインし、画面中央にある入金ボタンをクリック。

    右上のメニューにある入金ボタンをクリックしてもOK。

  • ステップ2
    振込元の銀行を選択

    SBI証券口座への即時入金サービス

    次に振込を行う提携金融機関をクリック。

    今回は私達が愛用している三菱UFJ銀行を選択。

  • ステップ3
    振込金額、取引パスワードを入力

    SBI証券口座への即時入金サービスでの入金額指定とパスワード入力

    振込金額SBI証券の取引パスワードを入力し振込指示をクリック。

    なお、振込を行う銀行口座の名義と、SBI証券口座の名義は同一に限られる。

    家族間の口座でも入金はできないので注意。

  • ステップ4
    提携金融機関で決済を完了
    SBI証券への即時入金サービス:銀行側の手続き

    提携金融機関で決済を完了させる。

    三菱UFJ銀行(三菱UFJダイレクト)の場合は、口座番号、パスワードを入力。

  • ステップ5
    入金明細を確認
    SBI証券口座への即時入金サービスの確認

    決済完了後は、SBI証券の入出金明細で履歴が確認できる。

もも
もも
入金が終わったら、次は住信SBIネット銀行での振替です。

手順2.SBIハイブリット預金から代表口座に振替

SBIハイブリット預金から代表口座への振替

即時入金サービスによってSBI証券に入金されたお金は、画像のようにSBIハイブリット預金に自動振替されます。

たま
たま
ただ、このままでは外貨買付はできません。

実は外貨買付、外貨積立は代表口座(円)からのみ行うことができます。

そのため、SBIハイブリット預金から代表口座(円)への振替が必要です。

では実際に、代表口座(円)に振替するまでのステップ4つをみていきましょう。

  • ステップ1
    SBI証券から住信SBIネット銀行へログイン
    SBI証券口座から住信SBIネット銀行へのログイン

    トップページ右側のメニューから、住信SBIネット銀行のログインボタンをクリック。

  • ステップ2
    パスワードを入力してログイン
    SBI証券口座から住信SBIネット銀行へのログイン

    SBI証券と連動していれば、ユーザーネーム自動入力される。

    WEBログインパスワードのみ入力してログイン。

  • ステップ3
    振替を選択
    住信SBIネット銀行の振替

    ログイン後、中央のメニューから振替をクリック。

  • ステップ4
    振替先、振替金額を決定
    住信SBIネット銀行の口座振替

    下記のように入力し、振替金額は手順1で入金した金額を入力。

    • 出金口座:SBIハイブリット預金
    • 振替先口座:代表口座 円普通
    • 振替金額:手順1の入金金額
たま
たま
最後に外貨(米ドル)を買付していきましょう。

手順3.円普通預金から外貨(米ドル)を買付

住信SBIネット銀行の外貨買付

最後に、振替した日本円を使って、外貨(米ドル)を買付します。

たま
たま
通常の買付なので、為替手数料は4銭ですね。

ちなみに外貨買付を行うと、外貨(米ドル)は米ドル普通預金に預けられます。

では、外貨(米ドル)を買付するまでのステップ4つをみていきましょう。

  • ステップ1
    外貨預金のページに移動
    住信SBIネット銀行の外貨買付

    上部メニューにある、商品・サービスをクリック。

    その後に表示される預金欄にある、外貨預金をクリック。

  • ステップ2
    米ドル/円を選択
    住信SBIネット銀行の外貨買付

    外貨の一覧が表示されるため、米ドル/円をクリック。

  • ステップ3
    外貨買付の情報を入力
    住信SBIネット銀行の外貨買付

    買付に関する情報を、下記の通りに入力。

    • 出金口座:代表口座:円普通預金
    • 入金口座:代表口座:米ドル普通預金
    • 注文方法:リアルタイム
    • 買付金額:円指定
    • 金額:振替した金額

     

    注文方法は指値も選べるが、理由がないならリアルタイムで問題ない。

    買付金額は米ドル指定も選べるが、こちらも理由がないなら円指定がおすすめ

    金額で振替した金額を指定すれば、綺麗に全額を使って外貨を買付できるため。

  • ステップ4
    買付レートを確認し10秒以内に確定
    住信SBIネット銀行での外貨買付

    最後に買付レートを確認し、10秒以内に確定ボタンをクリック。

    10秒という時間制限があるのは、為替はリアルタイムで価格が変動するため。

    なお、買付レートには4銭の為替手数料が既に含まれている。

これで住信SBIネット銀行での外貨(米ドル)の買付手順が分かりましたね。

次は私達がおすすめする、外貨積立手順をみていきましょう。

住信SBIネット銀行における外貨積立の手順

外貨積立で為替手数料2銭、為替リスク対策

外貨積立は毎日・毎週・毎月など、定期的一定金額の外貨(米ドル)を買付することです。

住信SBIネット銀行では、外貨積立の為替手数料が2銭と魅力的です。

たま
たま
為替リスク対策にも効果がありますからね。

円高による為替リスクについてはこちらの記事に詳しくまとめたので参考にして下さい。

【米国ETF投資】株価暴落・為替(円高)リスクで米ドル資産は最大3割まで減る
【米国ETF投資】株価暴落・為替(円高)リスクで米ドル資産は最大3割まで減る米国ETF投資において、過去に株価暴落によってETFの市場価格は▲56.9%、円高によって米ドル資産は▲24.24%になったという事実がある。その上で、長期・積立・分散を意識した投資を行うべき。...

ちなみに、為替手数料が安い住信SBIネット銀行だからこそ、外貨積立をおすすめしています。

為替手数料が高い他の銀行では、コストが高くなりますからね。

では、実際に外貨積立を設定するまでのステップ2つをみていきましょう。

もも
もも
日本円の入金、振替は外貨買付時の手順1、2と同様です。
  • ステップ1
    外貨預金のページに移動
    住信SBIネット銀行の外貨買付

    上部メニューにある、商品・サービスをクリック。

    その後に表示される預金欄にある、外貨預金をクリック。

  • ステップ2
    外貨積立を選択
    住信SBI銀行の外貨積立

    左側メニューから外貨積立を選択。

  • 手順3
    買付金額、買付頻度を入力
    住信SBIネット銀行の外貨積立

    外貨積立に関する情報を、下記の通りに入力。

    • 買付通貨:米ドル
    • 1回あたりの買付金額:好きな金額
    • 買付頻度:毎日、毎週、毎月
たま
たま
私達は毎週買付をしていますが、毎月でも十分ですよ。

さて、外貨積立の設定が終わったら、最後にSBI証券へ外貨入金をしましょう。

SBI証券における外貨入金の手順

SBI証券口座への外貨入金

最後に買付した外貨(米ドル)を、SBI証券の口座に入金します。

入金手続きはSBI証券の外貨入金から行います。

もも
もも
もちろん、入金にかかる手数料は無料ですよ。

では、SBI証券に外貨(米ドル)を入金をするまでのステップ3つをみていきましょう。

  • ステップ1
    SBI証券で入金を選択
    SBI証券口座への入金方法

    SBI証券の画面中央にある入金ボタンをクリック。

  • ステップ2
    外貨入金を選択し、振込金額を入力
    SBI証券口座への外貨入金

    左側のメニューから外貨入金をクリック。

    振込金額(ドル、セント)、SBI証券の取引パスワードを入力して振込指示をクリック。

  • ステップ3
    住信SBIネット銀行にログイン
    外貨入金時はユーザーネームが入らない

    住信SBIネット銀行にログインし、確認事項の同意、取引パスワードを入力して完了。

    なお、外貨入金時はユーザーネームが自動入力されないため注意。

  • ステップ4
    外貨入金を買付余力で確認
    SBI証券口座への米ドル買付余力の確認

    口座情報を確認し、買付余力が外貨入金した金額だけ増えていることを確認。

これで、住信SBIネット銀行における外貨買付、外貨積立、そして外貨入金について分かりましたね。

ただ、私達がおすすめしている外貨積立には、1点だけ注意すべきことがあります。

外貨積立の場合、外貨入金も定期的に行うこと

定期的な外貨入金

SBI証券の外貨入金は、定期的に自動で行うことができません

つまり外貨積立の場合は、SBI証券への外貨入金が定期的必要になります。

なお、SBI証券には米国ETFの定期買付サービスがありますが、買付余力がなければ買付できません。

定期買付ができても手動で外貨入金が必要

画像は、外貨買付から米国ETF買付までを、自動・手動でまとめたものです。

  • 外貨積立:自動
  • 外貨入金手動
  • 定期買付:自動
たま
たま
私達も毎月の買付前には必ず外貨入金をしています。

まとめ:おすすめは為替手数料が2銭の外貨積立

今回は住信SBIネット銀行を活用した、

  1. 外貨買付
  2. 外貨積立
  3. (SBI証券への)外貨入金

について、具体的な手順、注意点を含めてまとめました。

米国ETF投資では外貨決済おすすめですが、外貨(米ドル)の買付が必要です。

おすすめは為替手数料2銭と安い、住信SBIネット銀行の外貨積立です。

もも
もも
為替リスクに対する対策も同時にできますからね。

SBI証券への外貨入金も簡単ですが、定期的に自動で入金することができないので注意が必要です。

外貨積立、SBI証券の定期買付サービスを活用する場合は、買付前に必ず外貨入金を忘れないようにしましょう。

さて、外貨(米ドル)の買付ができたら、次はこちらの記事を参考に米国ETFを買付していきましょう。

【米国ETF投資】SBI証券における買付、定期買付、確認手順のまとめ【体験談】
【米国ETF投資】SBI証券における買付、定期買付、確認手順のまとめ【体験談】SBI証券における、米国ETFの買付、定期買付、買付後の確認ポイントをまとめた。最初は大変と感じるかもしれないが、重要なのは買付余力だけ。定期買付の予定日を過ぎたら、予定通りに買付できたかを確認。...

 

\ 米国ETF投資を始めるならSBI証券 /

米国ETF投資はマネーフォワードで一括管理!
ももたま家のおすすめ理由
  • 家計簿に証券口座を加えて自動連携できる!
  • 外貨建でも円換算で資産表示ができる!
  • 最新の資産状況がリアルタイムで分かる!
  • 資産推移もグラフで分かりやすく確認できる!

 

こちらも合わせてどうぞ♪