投資関連情報

【2019年版】アメリカETF投資向け住信SBIネット銀行の外貨買付、SBI証券口座の入金方法のまとめ

アメリカETF投資向け住信SBIネット銀行の外貨買付、SBI証券口座への入金方法のまとめ

こんにちわ、ももたまです。

私達は現在アメリカのETFに対して毎月コツコツと積立投資を行っています。

30代子育て世帯の2019年8月の資産運用・投資実績を公開(通算損益175.62ドル、累計配当43.98ドル)
30代子育て世帯の2019年8月の資産運用・投資実績を公開(通算損益169.86ドル、累計配当46.49ドル)2019年8月度の資産運用実績は通算損益169.86ドル、累計配当46.49ドル。今月はNYダウ平均株価の暴落、円高進行が話題になっていますが、大切なのはリスクを知っておく事。...

実体験を元に、前回の記事では私達がおすすめするSBI証券の魅力と、口座開設方法をまとめました。

アメリカETF投資を始める為のSBI証券の魅力紹介と口座の開設のポイント
【2019年版】アメリカETF投資を始める為のSBI証券の魅力紹介と口座の開設のポイントアメリカのETFへの投資を始めるならSBI証券&住信SBIネット銀行が一番おすすめ。口座開設は簡単で、マイナンバーと本人確認書類をWebアップロードすれば翌営業日には取引できます。SBI証券の魅力を再確認してアメリカのETFへの投資を始めましょう。...

今回は住信SBIネット銀行での外貨買付方法、そしてSBI証券口座への外貨入金方法を私達が実際に行っている方法に沿ってまとめました。

その中で魅力的な為替手数料為替リスクを避けるための定期的な買付方法などもあわせて紹介していきます。

これからアメリカのETFへの投資を考えている方、外貨決済について具体的な手順を知りたい方などへ、少しでも今回の記事が参考になれば嬉しいですね。

たま
たま
一緒に一歩ずつ取り組んで行きましょう

住信SBIネット銀行での外貨買付が一番おすすめ

入金は一旦SBI証券口座へ即時入金サービスの利用が手軽

住信SBIネット銀行への入金方法はいくつも有り、自分達に合ったものを選べばいいです。

入金元の銀行が他の銀行口座への振込手数料が無料という場合もあります。

もも
もも
預入金額などでランクが決まっていたりしますよね

その場合は、直接自分の住信SBIネット銀行への振り込むでも良いですね。

例:『三菱UFJ銀行』から『住信SBIネット銀行』の自分宛に振り込み

私達はSBI証券口座の即時入金サービスを利用しています。

一旦SBI証券口座に他の銀行口座から振り込みを行い、住信SBIネット銀行に入金します。

例:『三菱UFJ銀行』から『SBI証券口座』、そして『住信SBIネット銀行』へ入金

たま
たま
SBI証券を中心に動けるので気に入ってます

SBI証券口座における即時入金サービスの手順は以下の3ステップです。

 

SBI証券にログイン後、入金を選択

SBI証券にログインした後、画面中央にある入金ボタンをクリックします。

SBI証券口座への入金方法

 

即時入金サービスで自分達が利用している銀行を選択

主要な銀行は全て対象で、手数料も無料で買付余力への反映も即座に行ってくれます。

私達の場合は三菱UFJ銀行を選択します。

SBI証券口座への即時入金サービス

 

入金する金額とパスワードを入力して、銀行側の手続きへ

SBI証券口座に振り込む金額、つまり入金する金額を入力します。

その後SBI証券側の取引パスワードを入力して、振込指示確認→振込指示へと進みます。

注意が必要なのは必ずSBI証券名義人の口座を利用しないとエラーとなります。

夫婦で別々の口座で管理されている場合などは特に注意が必要ですね。

私達はそれぞれが銀行口座やSBI証券口座を保有しているので、あまり気にしたことはありません。

SBI証券口座への即時入金サービスでの入金額指定とパスワード入力

 

銀行側で口座番号やワンタイムパスワードなどを入力して完了

後は指定した銀行側のネット決済手続きに必要な口座番号やワンタイムパスワードなどを入力します。

問題が無ければ買付余力にも即時反映され、明細にて詳細を確認することが出来ます。

たま
たま
口座移動なのでしっかり確認しましょう
SBI証券口座への即時入金サービスの確認

SBI証券口座への入金は即時入金サービスが便利

続いて、住信SBIネット銀行に入金した金額を移動していきます。

この手続きは住信SBIネット銀行側で行います。

 

住信SBIネット銀行へSBI証券からワンクリックログイン

住信SBIネット銀行へはSBI証券の右下から、簡単にログインすることが出来ます。

SBI証券口座から住信SBIネット銀行へのログイン

クリックすると自動で住信SBIネット銀行と接続される為、ログインパスワードを入力します。

SBI証券と連携しているのでユーザーネームは自動入力してくれますよ。

もも
もも
ちょっとした事でもかなり楽です
SBI証券口座から住信SBIネット銀行へのログイン

 

SBIハイブリッド預金から代表口座へ振替を行う

ログイン後、振替手続きに進みます。

出金口座にSBIハイブリット預金(先ほど入金した金額が表示される)、振替先口座に代表口座 円普通を選択します。

米ドルの買付に必要な金額を入力して振替を行います。

SBI証券口座に日本円が不要なら、先ほどの入金した金額を全て振替すれば良いですよ。

住信SBIネット銀行の口座振替

住信SBIネット銀行への入金は振替で行う

 

代表口座で円から米ドルの買付を行い為替手数料を抑える

続いて、外貨普通預金の米ドル買付を行います。

わずか4銭の為替手数料をここで実感することが出来ます。

住信SBIネット銀行の外貨買付
住信SBIネット銀行の外貨買付
住信SBIネット銀行の外貨買付

買付金額は円で指定する事(100,000円分買う)、もしくは米ドルで指定する事(500ドル分買う)が出来ます。

私達は円で指定する事が多いですが、好きな方を選べばいいですね。

たま
たま
完全に好みですよ

住信SBIネット銀行の為替手数料は4銭

 

為替リスクを少しでも下げるなら外貨積立もおすすめ

為替、つまり1ドル何円か?というのは毎日刻々と変わっていきます。

1998年には1ドルが150円を越え、2012年には1ドル80円を切ったこともあります。

外貨を資産運用に取り入れると、為替のリスク・リターンも気になるところです。

1ドル=100円で全資産をドルにした場合

  • 1ドル=120円:何もしなくても資産は20%増加
  • 1ドル=80円:何もしなくても資産は20%減少

もちろん最終的に円に両替する前提ですが、ほとんどの方は最終的に円に換算するのではないでしょうか?

そこで、少しでも為替のリスクを下げるために私達は外貨積立をしています。

毎月・毎週一定の金額で外貨にすることで、為替の変動を少しでも抑えようという試みです。

ただし、これは為替手数料が安い住信SBIネット銀行だからこそ取り入れられる手法と言えます。

たま
たま
頻繁な取引は手数料を何度も払う事になるからね
住信SBIネット銀行の外貨積立
住信SBIネット銀行の外貨積立

為替リスクを抑えるなら外貨積立がおすすめ

 

SBI証券への外貨入金も即時対応なので安心

外貨入金はセント単位で指定が出来、入金は即時行われる

無事に外貨買付が完了したら、SBI証券口座側に戻り外貨入金手続きを行います。

先ほどの即時入金サービスの左メニューに外貨入金があります。

指定の額(ドル、セント)を入力して振込指示確認→振込指示と進むと自動的に住信SBIネット銀行に繋がります。

取引パスワードなどを入力すれば即時に入金が完了します。

SBI証券口座への外貨入金

外貨買付後はSBI証券口座への外貨入金を行う

 

外貨入金を行った後は必ず買付余力を確認しておくこと

外貨入金での入金を行ったら米ドルの買付余力に反映されていることをしっかり確認しておきましょう。

口座管理→口座(外貨建)→口座サマリー(外貨建て商品)から確認することが出来ますよ。

もも
もも
証券口座に無事にドルが入金されましたね
SBI証券口座への米ドル買付余力の確認

これで無事にアメリカETFを購入する事が出来る環境が整いました。

次回記事では実際にアメリカETFを購入する手順をまとめますのでお楽しみに。

もも
もも
いよいよアメリカのETFの購入です!
たま
たま
資産を買う経験だね

長期的な積み立てに定期的な外貨入金を忘れずに

今回の手続きの中で、外貨(米ドル)を定期的に買い付ける方法を紹介しました。

為替リスクを避けるためには良いのですが、SBI証券側への外貨入金を忘れて買付余力が足りなくなる場合があります。

外貨(米ドル)の定期積立を行う場合は、同様に定期的な外貨入金が必要であることを忘れないようにしましょう。

購入余力が無ければいくらETFを自動で積み立てる設定をしていても買付は行われません。

毎日SBI証券にログインする必要は無いですが、月1回くらいはログインして振り返るのがおすすめです。

たま
たま
初心者だからこそのコツコツ積立

外貨積立を行うなら、SBI証券への入金は定期的に実施

 

最後に

今回はアメリカのETFを外貨決済で投資する上で欠かせない、外貨買付に関してSBI証券と住信SBIネット銀行での方法を紹介しました。

アメリカのETF投資を行う上で避けられない為替リスクを、外貨積立で少しでも軽減するのも一つだと私達は考えています。

同時に定期的な外貨入金が必要でもある為、忘れないようにしておきましょう。

なお、口座開設がまだという方は、ぜひ前回の記事を参考にSBI証券口座を開設しましょう。

アメリカETF投資を始める為のSBI証券の魅力紹介と口座の開設のポイント
【2019年版】アメリカETF投資を始める為のSBI証券の魅力紹介と口座の開設のポイントアメリカのETFへの投資を始めるならSBI証券&住信SBIネット銀行が一番おすすめ。口座開設は簡単で、マイナンバーと本人確認書類をWebアップロードすれば翌営業日には取引できます。SBI証券の魅力を再確認してアメリカのETFへの投資を始めましょう。...

これからアメリカのETFへの投資を考えている方、外貨決済について具体的な手順を知りたい方などへ、少しでも今回の記事が参考になれば嬉しいですね。

こちらも合わせてどうぞ♪