遊び場

トヨタ産業技術記念館の展示内容、工作体験、テクノライブショー体験レポ

トヨタ産業技術記念館の展示内容、工作体験、テクノライブショー体験レポ

こんにちわ、ももたまです。

今回は愛知県名古屋市にある、トヨタ産業技術記念館に子供達(5歳と3歳)と一緒に遊びに行ってきました。

車に関する様々な展示物はもちろんですが、実際に機械を動かしたり、出来上がった部品を使って工作を体験するなど本当に楽しかったですね。

テクノライブショーでは子供向けに車や織機の技術を紹介したり、スタッフの方が展示物を動かしながら説明してくれたりと家族みんなで楽しむことが出来ました。

たま
たま
子供達への接し方も優しかったですね

12時頃に到着してお弁当を食べてから午後5時過ぎまで滞在していましたが、1日過ごせるくらいのボリュームですよ。

今回の記事では、トヨタ産業技術記念館の展示内容、工作体験、テクノライブショーなどを実際の体験談と共にまとめてみました。

トヨタ産業技術記念館に行く予定の方、展示内容、工作体験、テクノライブショーの体験談や口コミが知りたい方にとって、今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

自動車館はトヨタの歴史から製造工程まで紹介

最初はトヨタ自動車の歴史パネルが並ぶが子供には少し退屈

トヨタ産業技術記念館の自動車館の展示パネル

 

トヨタ産業技術記念館の自動車館を順路通りに進むと、最初にあるのがトヨタ自動車の歴史を紹介した人形やパネルです。

国産車を作るという当時にとっては夢物語の話を現実のものにする取り組みを、リアルな人形や当時の物品と共に紹介されています。

大人の私達にとっては中々面白く、展示内容の説明も文章で書いてあるだけでなく、話口調でとても読みやすかったですね。

また、床に見学推奨ルートが表示されていて、なぞって進むと館内を迷うことなく見学できるのは子供も離れづらくなるので良いアイデアでした。

たま
たま
どの順番で見るのか、一目で分かります
トヨタ産業技術記念館の見学推奨ルート

 

ただ、子供達には展示物も少し退屈で、見学推奨ルートを迷路に見立てて線を行ったり来たりして遊んでいました。

結局私達も、子供達に合わせてゆっくり見学できなかったのが少し残念でしたね。

大型機械や自動ロボットが動く様子に子供達も大喜び

トヨタ産業技術記念館の自動車館1階

 

見学推奨ルートを進んで行くと、写真にある大きな広いホールの1階に到着します。ホールには歴代の車や様々な機械などが広がっています。

奥に見える機械はスタッフの方が説明と共に、実施に動かしてくれますが、これがなかなかの迫力でした。

2tonドロップハンマーの実演では凄い音を出しながら、動く機械に子供達も大喜びしていましたが、スタッフも子供に向けて丁寧に説明してくれました。

もも
もも
優しい口調が印象的でしたね
トヨタ産業技術記念館の自動車館の2tonドロップハンマー

 

さらに進むと、ロボットが自動で車を組み立てて溶接している様子を見る事が出来るのですが、これも面白かったです。

実際に溶接をするわけではありませんが、4つのアームが軽快に動く様子に子供達だけでなく多くの方が足を止めていました。

ロボットによる組み立ては本などでも見られますが、実際に見学するとすごい技術に圧巻でした。

たま
たま
工場見学とかにも行ってみたくなりますね
トヨタ産業技術記念館の自動車館1階の自動ロボット溶接
トヨタ産業技術記念館の自動車館1階の自動ロボット溶接

 

本当に色々な機械がありますが、基本的にどの機械もボタンが設置してあり、自分達でスタートさせることが出来るのは面白い仕組みでしたね。

特に2つのボタンを同時に押さないといけないものもあり、子供と一緒にちょっとしたゲーム感覚で楽しめるのも良かったですよ。

トヨタ産業技術記念館の自動車館1階の機械操作ボタン

 

テクノライブショーは土日の1日3回、内容も子供向け

トヨタ産業技術記念館の自動車館のテクノライブショーのスケジュール

テクノライブショースケジュール

  • 開催日
    • 土日、祝日
  •  時間
    • 11:30~11:45
    • 14:00~14:15
    • 16:00~16:15

自動車館の1階では土日限定でテクノライブショーがあり、車・織機に関するテーマを一つ取り上げて子供向けに分かりやすく実験を交えながら教えてくれます。

私達が滞在した時には『平織綾織』『エンジン』『衝突安全』の3つのテーマがあり、私達は『エンジン』を子供達と体験してきました。

ショーの目の前には子供達用の専用スペース、後ろ側には大人用に椅子も置いてあり、日曜日の昼過ぎでしたが混雑はしていませんでした。

トヨタ産業技術記念館の自動車館のテクノライブショーの子供スペース
トヨタ産業技術記念館の自動車館のテクノライブショーの大人用の椅子

 

ショー子供向けですが、テーマ自体が少し難しいので、実験や絵を使うなど色々と工夫していて楽しかったです。

今回はエンジンの仕組みを説明してくれましたが、空気が無いと燃えない、圧力をかけてタイヤをまわしていることなどを上手に説明していました。

子供達にも実験に参加して貰ったり、問いかけをしたりと全体が楽しめるような進め方だったので、3歳の子も楽しんでいましたね。

また、ショーの時間も15分くらいと小さい子供でも聴いていられる長さなので、子供達もぐずらず見ていられました。

もも
もも
ちょうど良いボリューム感でしたね
トヨタ産業技術記念館の自動車館のテクノライブショーの実験

 

土日限定の無料工作体験が3つあり、クオリティが高い

トヨタ産業技術記念館の自動車館のわくわく体験コーナー
  • 開催日
    • 土日、祝日
    • 春・夏・冬休み
  • 対象:小中学生1人1回まで
  • 幼児は保護者同伴
  • 作品
    • AA型プルバックカー
    • アルミメダル
    • AA型ストラップ
トヨタ産業技術記念館の自動車館の工作体験の作品

 

自動車館の中央にあるわくわく体験コーナーでは、土日限定で3つの工作体験ができ、作品もかなりしっかりしているので子供達も大喜びしていました。

子供達と遊びに来るなら絶対におすすめしたいので、それぞれの作品について簡単に紹介します。

AA型プルバックカーは5歳の子でも中々難しい本格派

トヨタ産業技術記念館の自動車館のわくわく体験コーナーのAA型プルバックカー

 

AA型プルバックカーはチョロQの様に後ろに引っ張ると、ゴムの力で前に走り出す車で、全ての部品を組み立てて作ります。

製作時間は約15分とありますが、大人が手伝えば5分程度で作ることは出来ます。ただ、パーツが多いので幼児だと1人では難しいです。

何事も経験なので5歳の子も最初は1人でタイヤの組み立てから取り組んでみました。途中私達もフォローしながら楽しんでいましたね。

たま
たま
良く頑張りました
トヨタ産業技術記念館の自動車館のわくわく体験コーナーのAA型プルバックカー

 

アルミメダルはボタンを押して、ストラップを通すだけで簡単

トヨタ産業技術記念館の自動車館のわくわく体験コーナーのアルミメダル

 

アルミメダルは自分でメダルを取り機械にセットし、ボタンを押して穴を空けます。その後、ストラップの紐を通して終わりと簡単です。

機械の高さが高いので、3歳だと抱っこしてあげる必要はありました。それでも、しっかりと自分で機械を操作して作っていましたよ。

制作時間も短く、出来上がりも綺麗なので、子供達も自分のカバンにつけてとっても気に入っています。

もも
もも
思っている以上にメダルは厚めですよ」

AA型ストラップは色が自分で選べないので当日のお楽しみ

トヨタ産業技術記念館の自動車館のわくわく体験コーナーのAA型ストラップ

 

AA型ストラップも自分で機械を動かし、成形されたプラスチックを組み合わせて作るだけと簡単です。

サイズが小さいので幼児ではストラップの紐を通すのが難しかったですね。アルミメダル同様に見た目も可愛いので子供達は大満足でした。

写真の右上に色のサンプルがありますが、色の順番は決まっていないので、何色の車が作れるかは当日のお楽しみです。

たま
たま
全色集めたくなりますね。笑

繊維機械館ではスタッフの方と楽しむのがおすすめ

繊維機械館では先ほどの自動車館と同じように、繊維機械の数々が展示してあり、自分達で動かすことが出来ます。

ただ、スタッフの説明が無いと動いている機械が理解できず全然楽しめないので、入り口から順番にスタッフの方と楽しむのがおすすめです。

繭(まゆ)から糸を作る工程を最初に見ておくことが大切

トヨタ産業技術記念館の繊維機械館の糸が出来るまで

 

繊維機械館の入り口では、最初に繭(まゆ)から糸を作る工程を、当時の道具を元にスタッフの方が説明してくれます。

子供達にも実際に綿などを触らせてもらいながら進めてくれたので、子供達も興味津々に話を聞いていました。

実は繊維機械館の一番大切な説明が『糸を作る工程』についてです。その後は、この工程の自動化をどう進めたのか?という視点で機械を見ていくだけです。

みなさんも子供達と遊びに行った際には、『糸を作る工程』をしっかり理解しておくと、全体の機械について深く知ることが出来ますよ。

もも
もも
昔の道具も中々考えられていましたね

時代と共に技術革新が続いている繊維機械が凄い

トヨタ産業技術記念館の繊維機械館のガラ紡

 

臥雲辰致により1876年に考案された紡績機、通称『ガラ紡(がらぼう)』が効率的に糸を作れる紡績機の始まりです。

その後、水車を利用したガラ紡、そして電動式の紡績機へと技術が発達していくのですが、昔の発明が中々面白かったです。

子供達も最初は1人1本の糸しか作れなかったのに、最終的には糸、そして布まで機械で大量に作れるようになっていく様子を楽しそうに見学していました。

たま
たま
スタッフの方の説明も迫力ありました
トヨタ産業技術記念館の水車のガラ紡
トヨタ産業技術記念館の繊維機械館の電動織機

 

子供が話を聞けるならガイドツアーもおすすめ

  • 自動車館:(11:15 / 14:45)
  • 繊維機械館:(10:00 / 13:30)
  • 定員:20名

トヨタ産業技術記念館では1日2回ガイドツアーを行っており、スタッフの方が見学推奨ルートに合わせて説明をしてくれます。

定員20名と少なく、説明内容が大人向けなのでしっかり話を聞ける小学校中学年以上が良さそうでしたね。

ただ、ガイドツアーは正式に参加していなくても、近くにいる事で説明を一緒に聞く事が出来ます。

小さい子供がいてツアーは参加しづらいけど、説明を聞きたいならガイドツアーの時間に合わせて見学するのもおすすめですよ。

トヨタ産業技術記念館のガイドツアーの様子

最後に

今回はトヨタ産業技術記念館の展示内容、工作体験、テクノライブショーなど、子供達との実体験を元にまとめてみました。

子供達(5歳、3歳)には展示物や説明が難しいと感じるところは多いですが、スタッフの方の説明は本当に丁寧で分かりやすかったです。

特に5歳の子はスタッフの方の説明に聞き入っており、興味津々で前の方で話を聞く姿は親としても嬉しかったですね。

3歳の子は動く機械等に目を奪われている時もありましたが、じっくり話を聞く事のは少し難しかったですね。

それでも、機械を動かすボタンの操作、テクノライブショー、工作体験コーナーに子供達は大満足でした。

たま
たま
また遊びに来たいそうですよ

トヨタ産業技術記念館に行く予定の方、展示内容、工作体験、テクノライブショーの体験談や口コミが知りたい方にとって、今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

日本全国 子連れおでかけランキング
こちらも合わせてどうぞ♪