投資関連情報

【米国ETF投資】VTの特徴まとめ。世界中の株式に分散投資。長期積立に魅力的な銘柄

【米国ETF投資】VTの特徴まとめ。世界中の株式に分散投資。長期積立に魅力的な銘柄

こんにちは、ももたまです。

私達は2019年3月から毎月積立の米国ETFのインデックス投資を続けています。

米国ETF投資(インデックス投資)の投資実績、投資銘柄を大公開
米国ETF投資(インデックス投資)の運用実績、投資銘柄、具体的な始め方を大公開資産総額3,000万円を超えた30代4人家族の米国ETF投資家の運用実績、保有銘柄、おすすめの初心者向けの書籍、実際の投資の始め方までを一挙に解説します!...

そして、保有している米国ETFの中で70%以上を占めているのが、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(以下、VT)です。

たま
たま
簡単に言えば、世界中の株式詰め合わせパックですね。笑

VTは投資の基本である「長期・積立・分散」に最適な銘柄だと考えています。

そこで今回は、VTに関する以下の5つのことをまとめました。

  1. VTの特徴(全世界の株式への分散投資)
  2. VTの分散性(構成銘柄・セクター・投資市場)
  3. VTの純資産総額と経費率
  4. VTの市場価格・分配金・分配金利回りの推移
  5. VTを買付する「おすすめのタイミング」

私達は、「世界経済の状況を把握しながら投資をする」ことに、多くの時間を割きたくありません。

だからこそ、世界中の銘柄を自動で調整しながら、分散投資を続けてくれるVTは本当に魅力的です。

もも
もも
10年、20年、30年と付き合っていきたい銘柄ですね。

 

\ VTへ投資するならSBI証券がおすすめ /

VTの特徴は「全世界の株式への分散投資」

小型株も含む全47ヶ国の約8,000銘柄の株式で構成される

VTは以下の通り、世界中の株式銘柄に対して分散投資を行っているETF(上場投資信託)です。

  • 投資先の国:40ヶ国以上
  • 投資先の銘柄:8000以上

VTというETFを1口購入するだけで、全世界の株式銘柄に投資ができます。

さらに、今後の世界経済の状況に合わせて、投資先の国や銘柄も自動で調整してくれるのです。

たま
たま
30年後の世界状況なんて私達には想像もつきません。
もも
もも
中国やアフリカなどが大きく成長している「かも」ね。

普通に幅広く分散投資するには、全ての株式銘柄を買付する必要があります。

それがVTなら日本円で約8,000円で分散投資ができるのですから、本当に凄いです。

実際にはできませんが、仮に100円ずつで全ての銘柄を買付した場合との投資金額を比較すると以下のようになります。

  • 100円ずつ8,000銘柄に投資→80万円が必要
  • VTに投資→約8,000円

これだけ見ても、世界中の株式へ分散投資をするならVTが魅力的だと分かります。

もも
もも
ただ、本当に分散投資されているのか気になりますよね?

そこで、「VTがどれくらい分散投資しているのか?」を以下の3つの観点で見てみましょう。

  1. 構成銘柄
  2. セクター
  3. 投資先市場

VTの分散性(構成銘柄・セクター・投資市場)

構成割合が1%を超える株式銘柄はわずか5つだけ

2020年6月30日時点で、VTが投資している銘柄の中で、割合が多い上位10銘柄は以下の通りです。

銘柄シンボル構成割合
Microsoft Corp.MSFT2.84900%
Apple Inc.AAPL2.79000%
Amazon.com Inc.AMZN2.18700%
Facebook Inc. Class AFB1.02000%
Alphabet Inc. Class CGOOG0.79500%
Alphabet Inc. Class AGOOGL0.78400%
Alibaba Group Holding Ltd. ADRBABA0.70700%
Johnson & JohnsonJNJ0.69400%
Tencent Holdings Ltd.7000.68500 %
Visa Inc. Class AV0.61100%

この中で、構成割合が1%を超えている会社は以下の5つです。

  1. Google(Class CとClass Aの合計)
  2. Apple
  3. Facebook
  4. Amazon
  5. Microsoft
たま
たま
GAFAMと呼ばれている、世界トップのIT企業ですね。

IT業界において巨大で支配的・独占的な企業群を指すために2010年台より報道などで使用されている用語。GAFAはGoogle・Amazon・Facebook・Appleの4社を指し、GAFAMは更にMicrosoftを含む5社を指す。(出典:Wikipedia

大きく株価を伸ばし続ける成長企業は、企業の時価総額が大きくなるためVTの構成割合も増えていきます。

もも
もも
VTは時価総額に合わせて銘柄を調整するからですよ。

一方で、1番割合が大きいMicrosoftでも全体の約2%と、広く分散投資していることが分かります。

現在は世界を席巻するGAFAMも、50年後はどうなっているか分かりません。

VTへの投資は「今伸びている企業に投資ができる」だけでなく、「これから伸びる企業にも投資ができる」と言えます。

逆に、株価が伸びず低迷する企業は自動的に割合を下げることになるので、本当にやることはありません。

たま
たま
私達も細かく構成銘柄をチェックしていませんからね。

長期的に投資を続けていくからこそ、投資にかける時間を短くすることも大切です。

では続いて、セクターの割合を見ていきましょう。

セクターも分散されているが、少し偏りもみられる

セクターとは企業の業種などをグループ分けしたものです。

2020年6月30日時点で、VTが投資している銘柄のセクター割合は以下の通りです。

セクター構成割合
テクノロジー20.3%
金融18.3%
資本財12.9%
消費サービス12.4%
ヘルスケア12.2%
消費財10.6%
素材4.0%
石油・ガス3.6%
公益3.2%
電気通信2.4%

実は2020年1月時点では、金融が20%を超えていましたが、6月時点では18.3%まで割合が減っています。

その代わり、GAFAMの成長によってテクノロジーのセクターが増えていることが分かります。

もも
もも
セクターで重要なのは、景気や成長度合いの違いですね。

セクターごとに景気による影響の大きさ今後の成長度合いも変わっていきます。

確かにテクノロジーは大きく伸びていますが、過去にはITバブルで大きく暴落しました。

そのため景気敏感セクターとも呼ばれていますが、今後も景気に左右されやすいのかは誰にも分かりません。

たま
たま
GAFAMも今では、新たな経済インフラとも呼べますからね。

仮に今後もGAFAMの時価総額が伸び続けると、セクターの偏りは大きくなっていくでしょう。

そして、株式という特性上、暴落が発生すると市場価格は大きく下落することは避けられません。

後で詳しく解説しますが、2020年2月のコロナショックでも大きく暴落しました

VTは銘柄の分散性は良くとも、セクターはどうしても偏るということです。

では、続いてVTが投資する市場の割合を見ていきましょう。

市場は米国が50%を超えており、現在は米国偏重といえる

2020年6月30日時点で、VTが投資している銘柄を市場別に分けた割合は以下の通りです。

市場VT
米国56.7%
日本7.5%
中国4.6%
英国4.1%
スイス2.7%
フランス2.6%
カナダ2.6%
ドイツ2.5%
オーストラリア2.0%
台湾1.7%
韓国1.5%
オランダ1.2%
香港1.0%
インド1.0%
その他8.3%

いろいろな国に投資していますが、米国市場が50%以上を占めていることが分かります。

VTは全世界への分散投資を行う銘柄と言われますが、現時点では米国に大きく偏っています。

もも
もも
それだけ米国の経済力が世界的に大きいということですね。

現時点では、世界全体の経済状況よりも、米国市場の経済状況がVTに大きく影響すると言えます。

ただ、これはあくまで「今」に限った話であり「未来」については分かりません

例えば、2020年1月と2020年6月における米国と中国の割合を比較してみましょう。

  • 2020年1月:米国(56.3%)、中国(3.6%)
  • 2020年6月:米国(56.7%)中国(4.6%)
たま
たま
構成割合の増加率は、中国の方が大きいですよね?

仮に中国の構成割合が30%となれば、米国市場だけでなく中国市場の影響を受けるようになります。

逆に言えば、中国市場の成長による恩恵も自動的に受けることができるというわけです。

長期的に保有し続ける前提であれば、世界経済の変化も意識していきましょう。

 

さて、VTの投資先に関して分かったところで、続いてはVTについて、以下の2つを見ていきましょう。

  1. 純資産総額
  2. 経費率

純資産総額は約1.4兆円、経費率もわずか0.08%

純資産総額約1.4兆円は多いのか?少ないのか?

VTの純資産総額は約1.4兆円ですが、金額だけ見ても多いのか?少ないのか?私達もよく分かりませんでした

そこで、『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019』の上位10銘柄の純資産総額と比較してみました。

順位銘柄純資産総額(億円)
※2020年6月時点
1eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)395
2eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)1,336
3eMAXIS Slim 先進国株式インデックス1,166
4ニッセイ外国株式インデックスファンド1,821
5eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)579
6楽天・全米株式インデックスファンド1231
7セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド2,116
8グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)3,901
9バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)13,771
10SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド550

また、日本の投資信託の純資産総額1位の銘柄とも比較してみました。

  • ピクテグローバルインカム株式F(毎月分配):約1兆円
  • VT:約1.4兆円
もも
もも
比べると、VTの純資産総額の大きさがよく分かりますね。

純資産総額が多いことは、それだけ多くの投資家に買付されているということを意味します。

また、資産総額が多くなれば、より多くの金額を運用することができるとも言えます。

純資産総額だけで良し悪しを判断することはできませんが、ファンドを評価する重要な指標の1つです。

経費率は「わずか0.08%」と圧倒的な低さを誇る

VTの経費率は0.08%と低いのですが、どれだけ低いのでしょうか?

そこで、先ほどと同じように『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019』の上位10銘柄の管理費用と比べてみましょう。

順位銘柄管理費用(経費率)
※2020年6月時点
1eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)0.1144%
2eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)0.0968%
3eMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.1023%
4ニッセイ外国株式インデックスファンド0.1023%
5eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)0.154%
6楽天・全米株式インデックスファンド0.162%
7セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド0.506%
8グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)0.396%
9バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)0.08%
10SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド0.0938%

VTの経費率0.08%が、ランキング内でも最安値ということが分かります。

また先程と同様に、日本における投資信託の純資産総額1位の銘柄とも比較してみました。

  • ピクテグローバルインカム株式F(毎月分配):1.81%
  • VT:0.08%

日本の投資信託における信託報酬の平均は約1%程度と言われているので、VTの経費率の低さは圧倒的です

たま
たま
それに、VTは経費率の推移からも魅力が分かりますよ。
  • 2014年2月:0.18%に引き下げ
  • 2015年2月:0.17%に引き下げ
  • 2016年2月:0.14%に引き下げ
  • 2017年2月:0.11%に引き下げ
  • 2018年2月:0.10%に引き下げ
  • 2019年2月:0.09%に引き下げ
  • 2020年2月:0.08%に引き下げ

VTを運用するバンガード社は、低コストでも有名であり、実績からもその姿勢が分かります。

仮に、同じ100万円を運用した場合、経費率1%なら1万円、0.08%ならわずか800円です。

もも
もも
投資におけるコストは意識していきたいですね。

なお、投資信託の場合は信託報酬以外に、「隠れコスト」があることを忘れてはいけません。

誰にも分からないブラックボックス部分であり、私達が米国ETFを資産運用の主軸に選んでいる理由でもあります。

「隠れコスト」に関しては、以下の記事にまとめたので参考にしてみて下さい。

【米国ETF投資を選んだ5つの理由】つみたてNISAをやらない理由とは?
【米国ETF投資を選んだ5つの理由】つみたてNISAをやらない理由とは?米国ETF投資を選んだ理由は大きく5つ。①ブラックボックス、手数料を避ける。②分配金が欲しい。③税金について考えることができる。④運用金額の想定が非課税枠を超えている。⑤投資信託、米国ETFの2つを管理することが大変。...

 

では続いて、VTを投資商品としての目線から、以下の2つを見ていきましょう。

  1. 市場価格の推移
  2. 分配金・分配金利回りの推移

VTの市場価格、分配金、分配金利回りの推移

市場価格は暴落を経験するも、右肩上がりを続けている

VTの市場価格は2008年から大きな暴落を経験しながらも、ゆっくりと右肩あがりを続けています。

そこで、過去の大きな2つの暴落について、以下のようにまとめてみました。

リーマンショックコロナショック
暴落最高値38.49ドル
(2008年6月26日)
82.84ドル
(2020年2月12日)
暴落最安値19.14ドル
(2009年3月9日)
54.48ドル
(2020年3月23日)
騰落率▲50.2%▲34.2%
暴落から
暴落までの期間
256日
(8ヶ月と8日)
40日
(1ヶ月と11日)
暴落の最高値更新38.57ドル
(2010年12月29日)
暴落から
最高値更新までの期間
916日
(2年6ヶ月と28日)
  • 市場価格は最大半分にまで下落
  • 暴落してから最安値までは約8ヶ月
  • 暴落してから最高値までは約2年6ヶ月
たま
たま
暴落を具体的な数字でまとめると、凄いですよね。

どれだけVTが多くの銘柄に分散投資をしていても、株式である以上、暴落の影響は決して小さくありません。

さらに、VTは米ドル資産であることからも、日本人である私達は為替リスクも考慮すべきです。

「為替リスク」については下記の記事にまとめたので、参考にしてみて下さい。

【米国ETF投資】株価暴落・為替(円高)リスクで米ドル資産は最大3割まで減る
【米国ETF投資】株価暴落・為替(円高)リスクで米ドル資産は最大3割まで減る米国ETF投資において、過去に株価暴落によってETFの市場価格は▲56.9%、円高によって米ドル資産は▲24.24%になったという事実がある。その上で、長期・積立・分散を意識した投資を行うべき。...

なお、私達は米国ETFの買付には外貨決済をおすすめしています。

【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ
【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ【体験談】住信SBIネット銀行での外貨買付、外貨積立、SBI証券への外貨入金の考え方、具体的な手順を紹介。おすすめは為替手数料が2銭と安い外貨積立。ただし、外貨入金は定期的に自動で行えないので注意。...

リーマンショック以降、何度も下落を繰り返しながらも全体としては右肩上がりを続けています。

世界全体の経済は必ず回復して、さらに成長し続けていくという力強さを感じます。

もも
もも
だからこそ投資し続けることが大切なんですよね。

分配金は増配を続けているが、利回りは2%台を推移

VTの分配金、分配金利回り

グラフはVTの年間分配金と、各年末時の市場価格から算出した分配金利回り(税引前)の推移です。

分配金は右肩上がりですが、分配金利回りは税引前2%台を推移していることが分かります。

VTの市場価格は右肩上がりを続けているため、分配金が増えても利回りは増えません。

たま
たま
でも、過去から保有している場合は別ですよね?
  • 2009年3月:19ドル(1口)
  • 2020年2月:82ドル(1口)

どちらのタイミングで購入しても、2019年には1口約1.8ドルの分配金がもらえます。

つまり、「購入時点の市場価格」から見た利回りは以下の通りです。

  • 2009年3月:19ドル(1口)→利回り9%
  • 2020年2月:82ドル(1口)→利回り2%

だからこそ、「分配金が増えている」という事実も、十分魅力的と言えるわけです。

なお、私達が投資している銘柄であるVYM、LQDの利回りは税引前で3%台です。

【米国ETF投資】VYMは高い分散&高利回りで高配当投資、インデックス投資にも魅力的な銘柄
【米国ETF投資】VYMはインデックス投資と相性が良く、分配金も魅力的な銘柄インデックス投資なのに高配当ETFのVYMを定期買付する理由とは?VYM以外の高配当ETFとの比較からVYMの特徴とあわせて、定期買付をおすすめする理由を紹介します!...
LQD - iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF - BlackRock
【米国ETF投資】LQDの特徴まとめ。債券ETF、高配当ETFとしても魅力的な銘柄債権ETF、高配当ETFとしても人気があるLQDの特徴を実際のデータをもとに解説します!過去の暴落時の市場価格推移、分配金・分配金利回り推移からおすすめの買付タイミングも紹介します!...

VTを買付する「おすすめのタイミング」

VTはインデックス投資に適した銘柄なので、おすすめは毎月の定期買付です。

世界中の株式銘柄に分散投資ができ、経費率の低さからも十分な魅力があります。

一方で、過去の暴落と為替リスクを考えると、今後も市場価格が大きく下落する可能性は高いでしょう。

もも
もも
一度暴落が起きれば、長期的に株価は下落しますからね。

また、為替リスクに関しては、外貨積立を活用することが最適です。

もし、みなさんのリスク許容度が高いのであれば、「一括投資」も選択肢としては考えられます。

それでも、多くの人が暴落時に耐えられず売却してしまうので、私達としては積立投資がおすすめです。

【初心者向け】投資を始める前に理解すべきリスク許容度とは何か?
【初心者向け】リスク許容度の考え方、重要性を理解しよう【長期投資に必要不可欠】投資に必要不可欠な「リスク許容度」について初心者向けに分かりやすく解説します!リスク許容度を超えた投資をすれば、苦しみに最終的には大きな損失に繋がります。まずは自分のリスク許容度をしっかり把握しましょう!...

暴落が起きて、市場価格が何ヶ月も下落し続けていく中でも、コツコツ買付し続けられるかが重要になる銘柄です。

たま
たま
だからこそ、資金管理がとても大事なんですよね。

まとめ:世界全体への分散・積立投資におすすめ

今回は私達も実際に投資しているVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)に関してまとめました。

VTの特徴
  • 40ヶ国、8,000銘柄以上の株式に投資
  • 各銘柄への投資はしっかり分散されている
  • セクターと投資先市場の偏りはある
  • 時価総額に応じて銘柄を自動で調整
  • 純資産総額は1.4兆円と十分な多さ
  • 経費率も年々下げており、現在は0.08%と低い
  • 市場価格、分配金は右肩上がり
  • 分配金利回りは税引前2%と低い
  • 毎月の積立投資がおすすめ

VTはインカムゲイン(分配金)を期待する銘柄ではなく、キャピタルゲイン(値上がり益)を狙う銘柄です。

そして、VTだけで世界中の株式に分散投資ができ、世界経済の状況に合わせて銘柄も自動で調整してくれます。

たま
たま
投資に強い興味がなく、時間も避けない私達にぴったり。

一方で、投資には暴落を避けることはできず、VTも大きな影響を受けます。

その中でも投資をし続けていくことが、資産を形成する上では必要不可欠となります。

だからこそ、日々の家計をしっかり見直しながら、資金管理を徹底していきましょう

もも
もも
家計見直しと同じで、コツコツと積立ですね。
年間貯蓄300万円以上の家計見直し術、家計簿を大公開
年間貯蓄300万円以上の家計見直し術、家計簿を大公開普通のサラリーマン世帯が、年間貯蓄300万円以上、総資産3,000万円以上を達成するための秘訣とは何か?実際に取り組んできた実績と体験談と共に、家計見直しのポイントを大公開します!...

 

\ VTへ投資するならSBI証券がおすすめ /

米国ETF投資はマネーフォワードで一括管理!
ももたま家のおすすめ理由
  • 家計簿に証券口座を加えて自動連携できる!
  • 外貨建でも円換算で資産表示ができる!
  • 最新の資産状況がリアルタイムで分かる!
  • 資産推移もグラフで分かりやすく確認できる!

 

こちらも合わせてどうぞ♪