投資関連情報

【米国ETF投資】VYMはインデックス投資を支えるキャッシュフローが魅力的な銘柄

【米国ETF投資】VYMは高い分散&高利回りで高配当投資、インデックス投資にも魅力的な銘柄

こんにちわ、ももたまです。

私達は2019年3月から米国ETF投資を毎月コツコツ続けています。

米国ETF投資(インデックス投資)の投資実績、投資銘柄を大公開
米国ETF投資(インデックス投資)の投資実績、投資銘柄を大公開2019年3月から取り組んでいる米国ETF投資の運用実績、保有銘柄、SBI証券での米国ETF投資の初め方についてのまとめ。...

この中で私達はバンガード・米国高配当株式ETF(以下、VYM)を、毎月積立しています。

たま
たま
簡単に言えば、米国高配当株式詰め合わせパックです。笑

今回はインデックス投資を支える意味でも魅力的なVYMの特徴、そして私達の買付タイミングについてまとめてみました。

VYMは構成銘柄が多さが特徴的な高配当株式ETF

VYMは米国高配当株式ETFと呼ばれていますが、米国高配当株式ETFには他にも3つあります。

  1. SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF(SPYD)
  2. iシェアーズ 好配当株式ETF(DVY)
  3. iシェアーズ 米国高配当株ETF(HDV)

この中で、VYMの特徴を一番わかりやすく表現するためには、構成銘柄数を比較してみると良いです。

なお、米国株式は約5,400銘柄もあるので米国株式における割合も合わせてみてみましょう。

VYM SPYD DVY HDV
構成銘柄数 400 79 100 75
米国株式における割合 約7.4% 約1.5% 約1.9% 約1.4%
分配金利回り 3.07% 4.51% 3.43% 3.35%

VYMの構成銘柄は400、米国株式全体の7.4%もあり、他のETFに比べると広く分散していることが分かります。

一方で、分配金利回りは税引前3.07%と他のETFに比べると低いことが分かります。

ちなみに私達が投資をしている、他のETFの分配金利回り(2019年1月時点)がこちらです。

  • VT:バンガード トータル・ストックETF(2.31%)
  • LQD:iシェアーズ iBoxx米ドル建て投資適格社債ETF(3.23%)
  • IYR:iシェアーズ 米国不動産ETF(2.96%)
もも
もも
LQD、IYRとほとんど変わらない利回りですよね
【米国ETF投資】30代の子育て投資家の保有銘柄を大公開
【米国ETF投資】30代の子育て投資家の保有銘柄を大公開30代子育て世帯が実際に投資を行っているアメリカETF投資銘柄のまとめ。株式、債券、不動産、それぞれに関するETFに投資をしているが、いろいろな特徴をしっかり理解しておこう。...

そこで、VYMの特徴の1つでもある分散について、もう少し詳しく見てみましょう。

VYMは構成銘柄以外の分散性はそこまで高くない

構成割合も4%を超える株式銘柄が含まれている

VYM、SPYD、DVY、HDVの構成銘柄の上位10銘柄と割合をまとめてみました。

VYMは2019年12月31日、それ以外は2020年1月29日付のデータです。

構成割合 VYM SPYD DVY HDV
1位 4.01%(JPM) 1.70%(NWL) 2.55%(T) 9.95%(T)
2位 3.58%(JNJ) 1.62%(WU) 2.24%(QCOM) 9.21%(XOM)
3位 2.85%(PG) 1.59%(JWN) 2.15%(F) 7.05%(JNJ)
4位 2.73%(XOM) 1.58%(CTL) 1.83%(OKE) 6.65%(VZ)
5位 2.63%(T) 1.56%(SO) 1.83%(STX) 5.72%(CVX)
6位 2.40%(INTC) 1.56%(LEG) 1.81%(CTL) 5.58%(PFE)
7位 2.34%(VZ) 1.55%(ABBV) 1.74%(PPL) 4.83%(WFC)
8位 2.14%(MRK) 1.54%(STX) 1.68%(MO) 4.37%(KO)
9位 2.12%(CVX) 1.54%(ETR) 1.67%(WDC) 4.25%(CSCO)
10位 2.01%(PFE) 1.50%(CPB) 1.66%(ETR) 3.69%(PEP)

SPYDやDVYは構成割合が1位の銘柄でも、わずか1~2%と低いですが、VYMとHDVは4%以上と偏りがありますね。

VYMは400銘柄に分配していますが、上位10銘柄で構成比率の25%を占めています。

たま
たま
銘柄数は多くても均等に分散しているわけではないのです

では次に、それぞれのETFの構成銘柄をセクター別で見てみましょう。

VYMはセクターも比較的分散されているが、均等ではない

VYM、SPYD、DVY、HDVのセクター別の構成割合をまとめてみました。

VYMは2019年12月31日、それ以外は2020年1月29日付のデータです。

VYM SPYD DVY HDV
1位 19.0%(金融) 18.3%(不動産) 26.7%(公益) 22.1%(エネルギー)
2位 13.9%(消費財) 16.6%(消費財) 13.9%(金融) 17.3%(通信)
3位 13.6%(ヘルスケア) 11.3%(公益) 13.3%(消費財) 16.9%(ヘルスケア)
4位 10.4%(テクノロジー) 11.2%(エネルギー) 9.4%(情報技術) 10.3%(金融)
5位 9.2%(消費サービス) 10.3%(生活必需品) 7.6%(生活必需品) 10.3%(生活必需品)
6位 8.8%(公益) 9.4%(金融) 7.4%(エネルギー) 8.5%(公益)
7位 8.2%(資本財) 7.0%(情報技術) 7.3%(素材) 7.5%(情報技術)
8位 8.2%(石油・ガス) 5.6%(電気通信) 7.3%(通信) 5.0%(資本財)
9位 5.1%(電気通信) 4.9%(素材) 4.9%(資本財) 1.8%(一般消費財)
10位 3.6%(素材) 3.0%(ヘルスケア) 1.8%(ヘルスケア) 0.4%(キャッシュ)

VYM、SPYDは比較的、セクターも分散されていますが、それでも偏りがあることがわかりますね。

DVY、HDVについては20%を越えるセクターもあり、偏りも大きいです。

一言で米国高配当株式ETFと言っても、偏りがあれば景気や将来性で差が生まれてくることになります。

もも
もも
とにかくETFなら安心!と考えないことが大切

例えば、SPYDは不動産を18%も含んでいて、HDVと組み合わせると割合が少ないヘルスケアや通信などが補填できます。

ETFは1つの銘柄でかなり分散されているので、少しの組み合わせだけで十分に分散できることも魅力です。

さて、セクターを見てもVYMの分散がとても魅力的というわけではないことは分かりましたが、VYMの魅力とは何なのか?

そこで次は保有銘柄ではなく、VYM自体の純資産総額経費率、設置日を見てみましょう。

純資産総額は約2兆円、経費率は驚きの0.06%

VYM、SPYD、DVY、HDVの純資産総額、経費率、設定日をまとめてみました。

VYM SPYD DVY HDV
純資産総額 約3兆円 約0.2兆円 約2兆円 約0.8兆円
経費率 0.06% 0.07% 0.39% 0.08%
設定日 2006年11月09日 2015年10月22日 2003年11月7日 2011年3月29

VYMは他の米国高配当株式ETFに比べて、純資産総額は約3兆円と多く、経費率も0.06%と低いことが分かります。

また設定日が2006年なので、13年以上運用され続けてきた実績もあります。

純資産総額が大きいということは、それだけ買付され、大きな金額を運用できるということ。

経費率も同じく運用期間が長いDVYと比べれば十分安いのも、バンガード社ならではと言えますね。

では次に、VYMの市場価格の推移を見ていきましょう。

たま
たま
他のETFとのパフォーマンスの違いに注目です

市場価格は他の米国高配当株式ETFより伸びている

VYMを基準にした市場価格のパフォーマンスを比較すると、VYMが1番高いことが分かります。

SPYD、HDVは設定日が短く、これまで大きな暴落を経験していないことも分かります。

一方で、VYM、DVYは2009年のリーマン・ショックでは大きく暴落していますが、その後VYMは大きく伸ばしたことが分かります。

DVYとVYMは純資産総額も近いですが、幅広い銘柄に分散していたVYMの強みが、市場価格の回復に生きたと言えます。

つまり、VYMは高配当と名前に付いていますが、値上がり益(キャピタルゲイン)を期待できる銘柄と分かります。

もも
もも
私達がVYMを買付している大きな理由の1つです

では、米国高配当株式ETFには重要な指標の1つでもある、分配金利回りについて見てみましょう。

VYMの分配金利回りは約3%前後を推移

VYM、SPYD、DVY、HDVの年間分配金を、年末の市場価格で割り分配金利回りとして算出しました。

VYM、SPYD、DVY、HDVの分配金、利回り推移

どの銘柄も一口あたりの分配金額はゆっくりとした右肩上がりを示しており、増配し続けていることが分かります。

それに合わせて市場価格も上がっているため、各年度末の分配金利回りとしては横ばいと言えますね。

分配金利回りだけをみればSPYDは税引前約4.5%と、他のETFと比べて1%ほど高いため、米国高配当株式ETFとしては魅力的です。

たま
たま
利回りによって必要な投資金額もかなり変わりますからね

参考までに、年間60,120,180万円の分配金を得るために、必要な投資金額を利回り別にまとめてみました。

分配金額 利回り1% 利回り2% 利回り3% 利回り4%
年間60万円 6,000万円 3,000万円 2,000万円 1,500万円
年間120万円 12,000万円 6,000万円 4,000万円 3,000万円
年間180万円 18,000万円 9,000万円 6,000万円 4,500万円

VYMはどのタイミングで買付するのがおすすめか?

私達は毎月のような定期買付が、VYMのおすすめ買付タイミングだと考えています。

ただし、これは私達がインデックス投資、つまり値上がり益(キャピタルゲイン)を目的とした投資方針だからです。

VYMは構成銘柄数も多く、パフォーマンスも他の米国高配当株式ETFに比べると良く、暴落からの回復もDVYに比べて早かったですね。

一方で、分配金利回りは税引前約3%と、他の米国高配当株式ETFに比べても低い水準でした。

ただ、インデックス投資をする私達にとって、分配金は重要な指標とは考えていません

もも
もも
では、どうして私達はVYMの定期買付を行っているのか?
たま
たま
それは、インデックス投資を継続していくためです

インデックス投資はとにかく続けることが難しい

VYMはインデックス投資を支える魅力的な銘柄

インデックス投資は、指標にしたがってコツコツと積み上げ続けていく理論的には最適解とも言われる投資手法です。

ただし、分配金のようなキャッシュフローは期待できず、資産の増加を実感することが難しいです。

分配金がでない投資信託の場合なら、証券会社の画面で評価額+100万円と数値で見られるくらいです。

もも
もも
これを何十年も続けるのは精神的にも大変です

実際、インデックス投資を続けていく中で、多くの人が他の運用方針(高配当、個別株)に変えていきます。

それが良いかどうかは今回のポイントではなく、私達はインデックス投資を続けていこうと考えています。

そのためにも、分配金のようなキャッシュフロー、つまり資産からの収入が増えることは精神的にも大きな支えになります。

実際、2019年3月から米国ETF投資を始め、2019年の累計分配金は2万円を超えました。

たま
たま
好きなことに使える2万円って本当に大きいですよね

そこで私達は、インデックス投資をしながらキャッシュフローを増やすためにVYMを活用しています。

VYMのキャッシュフローはインデックス投資の支え

VYMの分配金利回りは他の高配当株式ETFに比べると低いですが、VTの2%に比べれば十分高いです。

また、VYMは市場価格の上昇も狙えるため、定期的な買付を行うことができる魅力があります。

定期的な買付はコツコツ続けやすく、精神的にも負担が少なく、積み上げていくだけで自然と分配金も増やせます。

通常、高配当投資を行う場合、買付は定期的ではなく市場価格が下がった時、つまり暴落時にたくさん買付することが理想です。

もも
もも
市場価格が下がると利回りが良くなるからですね

ただし、株式投資にそこまでの時間をかけられず、知識・経験が浅い私達には暴落時の一括投資はかなり難しいです。

そこで、定期的な買付ができ、なおかつ値上がり益(キャピタルゲイン)を狙えるVYMを定期買付しています。

まとめ:インデックス投資を支える高配当株式ETF

今回は私達が実際に投資しているVYM(バンガード・米国高配当株式ETF)についてまとめました。

VYMの特徴
  • 米国の高配当400銘柄に分散投資
  • 構成銘柄割合、セクターには偏りがある
  • 純資産総額は多く、経費率も0.06と十分低い
  • パフォーマンスは他の米国高配当株式ETFよりも良い
  • 分配金利回りは税引前3%と他よりも低い
  • 買付タイミングは定期買付がおすすめ
  • インデックス投資を支えるのに最適な銘柄

米国高配当株式ETFとしては、銘柄構成数は多いですが利回りの魅力も小さく、分散もとても広いとは言い切れないVYM。

ただし、構成銘柄数の分散によってパフォーマンスが良く、値上がり益(キャピタルゲイン)も狙える魅力は大きいです。

そのため、定期的に買付することでインデックス投資を支えることができる、数少ない米国高配当ETFです。

そのため、最終的にはVT同様にVYMも市場価格が成長したら売却することを検討しなければなりませんね。

ただ、増配率がプラス、つまり一口あたりの分配金は伸びているので、今後の暴落状況によっては保有し続ける可能性もあります。

米国ETF投資実績、初心者からの始め方を公開中
こちらも合わせてどうぞ♪