投資関連情報

【米国ETF投資】LQDの特徴まとめ。債券ETF、高配当ETFとしても魅力的な銘柄

LQD - iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF - BlackRock

こんにちわ、ももたまです。

私達は2019年3月から毎月積立の米国ETFのインデックス投資を続けています。

米国ETF投資(インデックス投資)の投資実績、投資銘柄を大公開
米国ETF投資(インデックス投資)の投資実績、投資銘柄を大公開2019年3月から取り組んでいる米国ETF投資の運用実績、保有銘柄、SBI証券での米国ETF投資の初め方についてのまとめ。...

この中で私達は、iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF(LQD)に投資をしています。

たま
たま
簡単に言えば有名会社の社債詰め合わせパックです。笑

今回は私達が実際に投資しているLQDについて、投資適格社債の特徴、LQDの市場価格、分配金の推移、そして私達の買付タイミングをまとめました。

LQDの投資適格社債、純資産総額、経費率

投資適格社債とは信頼度の高い社債のこと

ETFの名称にも入っている投資適格社債とは、投資が適格とされている社債のことです。

もも
もも
と言われてもよく分からないですよね。笑

まず、社債(しゃさい)についてみていきましょう。

似たような言葉に、皆さんも聞いたことがある国債(こくさい)があります。

国債は簡単に言えば国がお金を借りるために発行しているものです。

そして、私達が国債を購入すると、一定の期間(例えば3年)の後に利息をつけて支払った金額が戻ってきます。

社債は発行元が国ではなく一般の企業、例えばトヨタ自動車や任天堂といった会社がお金を借りるために発行するものです。

こちらも同じで、会社が定めた期間の後に利息がついて支払った金額が戻ってきます

たま
たま
なんとなく、国よりもリスクが高いと感じますね。
もも
もも
そうだね。じゃあ次に投資適格についてみてみよう。

社債は会社が発行するということで、会社によって信頼度が大きく変わってきます。

大企業が発行する社債と、町の小さな会社が発行する社債では安心感が全然違いますよね?

そこで、発行されている社債を格付けしている2つの会社(S&P社、ムーディーズ社)が登場します。

2つの会社はそれぞれの基準で社債を格付けしています。

投資適格社債

そして、一定のレベル以上のいわゆる信用度の高い社債を投資適格社債と呼んでいます。

たま
たま
社債の中でもさらに安心できる社債ってことだね。
もも
もも
その代わりに、利回りは低くなる傾向がありますよ。
  • 格付けが高く信頼度が高いほど利回りは低い
  • 格付けが低く信頼度が低いほど利回りは高い

では、LQDが実際にどんな会社の社債に投資をしているのかみてみましょう。

LQDが投資している投資適格社債の発行会社は超大手ばかり

2020年3月5日時点で、LQDが保有している1,985銘柄の内、保有比率の高い発行会社の上位10社をまとめました。

アメリカの会社なので聞いたことが無い会社も多いかもしれませんが、全て超大手ばかりです。

参考まで2019年10月の世界時価総額ランキングの順位も載せてみました。ちなみに、日本のトヨタ自動車が40位です。

発行会社 保有比率 世界時価総額ランキング
(2019年10月)
JPMORGAN CHASE & CO 2.94% 8位
BANK OF AMERICA CORP 2.89% 18位
AT&T INC 2.48% 19位
COMCAST CORPORATION 2.30% 37位
CITIGROUP INC 2.16% 49位
WELLS FARGO & COMPANY 2.14% 31位
VERIZON COMMUNICATIONS INC 2.02% 25位
GOLDMAN SACHS GROUP INC/THE 2.01% 圏外
APPLE INC 1.92% 1位
MORGAN STANLEY 1.90% 圏外
たま
たま
投資適格社債という意味がランキングからも伝わりますね。

投資適格社債だからとリスクが無いわけではなく、社債の中でも相対的に低いという認識を持つことが大切です。

逆に国債などと比べれば社債のほうがリスクが高いことは間違いありません。

一方で保有比率をみると一番多いJPMORGAN CHASE & COでも3%程度と広く分散されていることが分かります。

ハイリスク・ハイリターンというよりも、ローリスク・ローリターンを意識した債権ETFということですね。

さて、LQDの投資対象について理解できたところで、次はLQDの資産規模、経費率を見ていきましょう

純資産総額は約3.7兆円と多く。経費率も0.15%と少ない

LQDの純資産総額は日本円換算で約3.7兆円(1ドル108円換算)になります。

参考として日本の投資信託の純資産総額ランキング1位『ピクテグローバルインカム株式F(毎月分配)』は約1.1兆円です。

もも
もも
日本の投資信託と比べると、資産規模は圧巻ですね。

資産規模の大きさは投資家から人気があるというだけでなく、運用金額が大きいことから結果として安定した投資が期待できます。

純資産総額だけを見て投資信託を選ぶわけではありませんが、重要な指標の1つです。

たま
たま
気になる投資信託があれば、見ておくと良い指標です。

そして、LQDの経費率は0.15%かなり低いです。

ただ、私達が投資しているバンガード社のVT(0.08%)、VYM(0.06%)と比べると高く感じるかもしれません。

【米国ETF投資】VTの特徴まとめ。世界中の株式に分散投資。長期積立に魅力的な銘柄
【米国ETF投資】VTの特徴まとめ。世界中の株式に分散投資。長期積立に魅力的な銘柄VTは40以上の国の8,000以上もの株式銘柄に簡単に投資ができる銘柄。銘柄の分散は広いが、セクターや市場には偏りが大きい。市場価格は暴落もありながら右肩上がり、分配金も同様だが利回りは税引前2%と低い。定期的な買付がおすすめ。...
【米国ETF投資】VYMは高い分散&高利回りで高配当投資、インデックス投資にも魅力的な銘柄
【米国ETF投資】VYMはインデックス投資を支えるキャッシュフローが魅力的な銘柄VYMは高配当400銘柄に分散投資しているが、構成比率やセクターには少し偏りがある。利回りも3%と低めだが、キャピタルゲインが狙えるため、定期買付によってインデックス投資を支えられる魅力的な銘柄。...

日本の投資信託の信託報酬の平均は1~2%なので、いかにLQDの経費率が低いのかは簡単に分かります。

経費率や信託報酬は、言い換えれば投資をする上での運用コストです。

仮に100万円を1年間運用した場合にかかるコストがいくらになるのでしょうか?

VYM LQD ピクテグローバルインカム株式F(毎月分配)
経費率
信託報酬
0.06% 0.15% 1.81%
運用コスト 600 1,500 18,100

運用コストだけで、1万円以上も余分に支払っていることが分かります。

運用コストは投資の成果に関わらず支払うものですから、できるだけ低くすることが望ましいです。

コスト以上の値上がり、もしくは分配金がなければ結果として投資をしていても資産は減っていることになります。

もも
もも
ただ、投資信託の場合はコストがとても見えづらいです。
たま
たま
私達が投資信託より米国ETFを選んだ理由でもあります。
【米国ETF投資を選んだ5つの理由】つみたてNISAをやらない理由とは?
【米国ETF投資を選んだ5つの理由】つみたてNISAをやらない理由とは?米国ETF投資を選んだ理由は大きく5つ。①ブラックボックス、手数料を避ける。②分配金が欲しい。③税金について考えることができる。④運用金額の想定が非課税枠を超えている。⑤投資信託、米国ETFの2つを管理することが大変。...

どんな投資をする上でもコスト、経費、手数料は常に意識していきましょう。

では次にLQDの市場価格の推移をみていきましょう。

市場価格は右肩上がりが続いているが最近は少し急騰ぎみ

画像の通り、LQDの市場価格は2008年の暴落以降はゆっくりと右肩上がりを続けています。

2019年に入ってからは、これまで以上に急激に値上がりしていることも分かりますね。

値上がり率は2019年の1年で約15%と、ローリスク・ローリターンの銘柄にも関わらずかなり高いです。

もも
もも
2019年は米国市場全体がかなり上がりました。

一方、2008年の暴落時は100ドル台から85ドル台までと、こちらも約15%程下落しています。

ただ同じ時期にVT、VYMは市場価格が約50%下落したことに比べると、下落もなだらかな印象を受けます。

これこそ、債券の特徴であり、暴落を見越してリスクヘッジで債券の比率を上げようと言われるポイントです。

たま
たま
一般的に債券は株式よりも暴落の影響が小さいです。
もも
もも
リスクヘッジのために債券を持っておく考え方ですね。

リスクヘッジ:リスクを想定して、あらかじめリスクに対して対策を講じておくこと。

次はLQDの大きな魅力の1つでもある分配金についてみていきましょう。

LQDは毎月分配型で利回りはじりじりと下がっている

LQDの分配金利回り

LQDは毎月分配金が受け取れるETFですが、分配金の金額と利回りは右肩下がりであることが分かります。

それでも2013年以降は安定して3%以上の利回りを確保しているので、高配当とも呼ばれています。

同じく高配当ETFと呼ばれているVYM(バンガード・米国高配当株式ETF)と同水準ということからも利回りは悪くありません。

VYMは株式、LQDは債券という点からもリスクが相対的に低いにも関わらず分配金の利回りも高いというのは魅力的ですね。

最後に、私達が考えるLQDの買付タイミングについて見てみましょう。

LQDはどんなタイミングで買付するのがおすすめ?

私達がLQDを買付するタイミングは2つの理由がそろった時と考えています。

LQDの買付タイミング
  1. 債券の保有割合を増やしたいとき
  2. 分配金の利回りが高くなったとき

私達はVT、VYMの株式ETFを毎月期買付しているので、保有資産における株式の割合はどんどん増えていきます。

そして、現在30代でリスク許容度も比較的高い今の時点では、債券の割合は10%で十分と考えています。

30代子育て世帯のアセットロケーション
【2019年版】30代子育て世帯が目指すアセット・アロケーションを公開子育て世帯のアセット・アロケーションは、リスク資産が全資産の内4割。その中で、株式が7割、債券2割、不動産とMMFで1割。投資先は米国を中心に全世界へ。...
たま
たま
資産配分はリスク許容度に合わせて見直すことも大切ですね。

もう1つのタイミングは、分配金の利回りが高くなった時です。

LQDの市場価格は高騰し続けており、利回りも現在は税引き前3%、税引き後には2%台にまで落ち込んでしまう水準です。

LQDは他の債権ETFに比べても分配金も大きな魅力なので、分配金が低いうちは積極的に買付する必要はないと考えています。

まとめ:LQDは債券と高配当の魅力をあわせ持つ

今回は私達が実際に投資しているLQD(シェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF)の特徴についてまとめました。

LQDの特徴
  • 信頼度が高い投資適格社債に投資
  • 社債の発行元は超大手企業ばかり
  • 総資産規模は約3.7兆円とかなり大きい
  • 経費率は0.15%と低い
  • 市場価格は右肩上がりで、高騰ぎみ
  • 分配金、分配金利回りは右肩下がり

私達にとっては、VTやVYMのように毎月コツコツと積立投資をする銘柄ではありません。

それでも債権としての暴落に対する強み、分配金利回りが税引前3%程度という高配当の魅力をあわせ持った銘柄と言えます。

アセット・アロケーション(資産配分)を考えた時、債権が必要なら一度検討をおすすめする銘柄です。

米国ETF投資実績、初心者からの始め方を公開中
こちらも合わせてどうぞ♪