投資関連情報

【米国ETF投資】SBI証券における買付、定期買付、確認手順のまとめ【体験談】

【米国ETF投資】SBI証券における買付、定期買付、確認手順のまとめ【体験談】

こんにちわ、ももたまです。

私達は2019年3月から米国ETFによるインデックス投資に取り組んでいます。

米国ETF投資(インデックス投資)の投資実績、投資銘柄を大公開
米国ETF投資(インデックス投資)の運用実績、投資銘柄、具体的な始め方を大公開2019年3月から取り組んでいる米国ETF投資の運用実績、保有銘柄、SBI証券での米国ETF投資の初め方についてのまとめ。...

米国ETF投資と聞くと難しいイメージがありますが、実際の買付はとても簡単です。

たま
たま
初めて買付したときは、ドキドキでしたけどね。笑

また、SBI証券の定期買付サービスを利用すれば、毎月の積立も簡単にできます。

そこで今回はSBI証券での米国ETFの買付、定期買付手順を具体的にまとめました。

買付後の確認方法も3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ではさっそく、米国ETFを買付するための手順4つからみていきましょう。

目次

SBI証券で米国ETFを買付するための手順4つ

手順1.外国株式の専用取引サイトへ移動

SBI証券では米国ETFを含めた外国株式を扱う専用サイト、外貨建商品取引サイトがあります。

そこでSBI証券へログイン後、右下メニューにある外国株式の取引ボタンをクリックして移動します。

手順2.銘柄やティッカーを入力して米国ETFを検索

外貨建商品取引サイトに移動したら、次は買付する米国ETFを検索します。

画像にある検索窓に銘柄名、もしくはティッカーを入力しましょう。例えば、

  • 銘柄名:バンガード トータル ワールド ストックETF
  • ティッカー:VT
たま
たま
私達は最初、ティッカーもよく分かってなかったです。

ティッカーとは、上場企業やETFなどの投資商品につけられたアルファベット記号です。例えば、

ティッカー 種別 企業名/ETF名
MSFT 企業 マイクロソフト
AAPL 企業 アップル
AMZN 企業 Amazon.com
VT ETF バンガード トータル ワールド ストックETF
VYM ETF バンガード 米国高配当株式ETF
LQD ETF iシェアーズ iBoxx USD投資適格社債 ETF

米国ETFは銘柄名が長いので、短いティッカーが良く使われます。

もも
もも
ティッカーが分かると投資家っぽいですね。笑

今回の手順では、私達が投資しているVTを例に挙げて説明していきます。

【米国ETF投資】30代の子育て投資家の保有銘柄を大公開
【米国ETF投資】30代の子育て投資家の保有銘柄を大公開30代子育て世帯が実際に投資を行っているアメリカETF投資銘柄のまとめ。株式、債券、不動産、それぞれに関するETFに投資をしているが、いろいろな特徴をしっかり理解しておこう。...

手順3.米国ETFの銘柄情報から買付ページへ移動

VTを検索すると、米国ETFの銘柄情報ページに移動します。

このページでは、銘柄の市場価格、チャート、分配金の履歴などを確認できます。

例えばVTの場合、2019年9月24日に1口当たり0.4348ドルの分配金がありました。

たま
たま
年間分配金が表示されることも嬉しいですね。

今回は買付なので、右上にある買付ボタンから買付ページへ移動しましょう。

手順4.口数・価格・期間・預かり区分・決済方法を設定

最後に買付ページで、5つの項目を選択・入力をすれば完了です。

  1. 口数
  2. 価格
  3. 期間
  4. 預かり区分
  5. 決済方法

分かりづらい項目もあるので、1つずつ詳しくみていきましょう。

もも
もも
米国ETFならではの表現もありますからね。

米国ETFを買付する時の5つの項目の詳細

項目1.口数:買付金額に合わせて口数を選択

米国ETFの買付は口数単位で行います。

たま
たま
投資信託のように金額を指定して買付はできません。

また、買付には買付手数料(約定代金の税込0.495%)も必要になります。

そのため、毎月決まった金額で投資したい場合は、自分達で口数を計算する必要があります。

例えば、VTを毎月5万円投資したい場合、市場価格に合わせて買付口数が変わります。

もも
もも
1ドル=110円で計算しています。
市場価格(ドル) 口数 約定金額(ドル) 買付手数料(ドル) 総額(円)
50 9 450 0 49,500
60 7 420 0 46,200
70 6 420 0 46,200
80 5 400 0 44,000
90 5 450 0 49,500

SBI証券では、VTを含む米国ETF(9銘柄)の買付手数料が無料です。

私達のように一般NISAだと、全ての海外ETFの買付手数料も無料というのも魅力です。

SBI証券の魅力については、こちらの記事を参考にしてみてください。

【米国ETF投資】SBI証券のおすすめ理由5つと口座開設のポイント4つ【体験談】
【米国ETF投資】SBI証券のおすすめ理由5つと口座開設のポイント4つ【体験談】米国ETF投資ならSBI証券と住信SBIネット銀行が為替手数料がわずか2銭とおすすめ。買付した外貨の入金も簡単で、定期買付ができるのも魅力的。...

項目2.価格:指値、成行、逆指値から成行を選択

次は買付する価格を3つから選びます。

  1. 指値
  2. 成行
  3. 逆指値(*)

*SBI証券では2019年10月7日より、米国株式取引において逆指値が利用できるようになりました。

たま
たま
それぞれを1つずつ、詳しくみていきましょう。

指値はその名前の通り、銘柄が指定した市場価格になった場合に買付します。

画像は現在100ドルの銘柄が、90ドルまで下落したら買付を行う指値のイメージ図です。

具体的には、今の市場価格が高い銘柄を値下がりしたら買付したい場合に利用します。

たま
たま
銘柄の割安さを考えて買付するということですね。

逆指値は指値と同じように、銘柄を指定した市場価格になった場合に買付します。

ただし、逆指値は市場価格が上昇した場合に利用します。

画像は現在100ドルの銘柄が110ドルまで上昇したら買付を行う逆指値のイメージ図です。

具体的には、銘柄の市場価格が高くなり、今後の上昇に乗り遅れないように買付したい場合に利用します。

もも
もも
銘柄の人気や成長性を考えて買付するということですね。

最後は成行(なりゆき)で、銘柄が買付できるタイミングの市場価格で買付します。

現在の市場価格から大きく離れることはありませんが、決まった金額で買付できないことが重要です。

私達のように長期的なインデックス投資を行う場合、買付は成行がおすすめ

インデックス投資では市場価格を気にせず、毎月買付することが大切ですからね。

たま
たま
私達は成行で毎月の定期買付を行っています。

項目3.期間:買付注文の有効期限は当日中を選択

次は買付注文の有効期限を2つから選びます。

  1. 当日中
  2. 期間指定

指値、逆指値だと市場価格が指定した価格になるまで待つ必要があるので、期間は重要ですね。

ただ、私達のように成行で買付を行う場合は、当日中で問題ありません。

項目4.預かり区分:特定預かり、もしくはNISA預かりを選択

次は預かり区分を3つから選びます。

  1. 一般預かり(一般口座)
  2. 特定預かり(特定口座)
  3. NISA預かり(NISA口座)

一般預かりは自分で確定申告を行う必要があるため、おすすめしません。

NISAを利用しない場合は、特定預かりを選択しましょう。

たま
たま
私達は一般NISAを利用しているので、NISA預かりですね。

私達が一般NISAを選んでいる理由は、こちらの記事を参考にしてみてください。

【米国ETF投資を選んだ5つの理由】つみたてNISAをやらない理由とは?
【米国ETF投資を選んだ5つの理由】つみたてNISAをやらない理由とは?米国ETF投資を選んだ理由は大きく5つ。①ブラックボックス、手数料を避ける。②分配金が欲しい。③税金について考えることができる。④運用金額の想定が非課税枠を超えている。⑤投資信託、米国ETFの2つを管理することが大変。...

項目5.決済方法:外貨決済を選択

最後に決済方法を2つから選びます。

  1. 外貨決済
  2. 円貨決済

私達は外貨決済3つの理由からおすすめしています。

さて、買付手順が分かったところで、次は定期買付の手順をみていきましょう。

SBI証券で米国ETFを定期買付するための手順2つ

手順1.定期買付専用ページで買付銘柄を検索

外貨建商品取引サイトの上部メニューから、取引、米国、定期買付を選び、定期買付専用ページに移動します。

次に、買付と同様に米国ETFの銘柄名ティッカーを入力して検索します。

最後に定期買付に必要な最大6つの項目を設定、入力して完了です。

  1. 預かり区分
  2. 買付日
  3. 買付方法・株数(口数)
  4. ボーナス月コース
  5. NISA枠ぎりぎり注文(NISA利用時)
  6. 課税枠シフト注文(NISA利用時)

買付で説明した預かり区分以外について、1つずつ詳しくみていきましょう。

もも
もも
項目数は多いですが、内容は簡単ですよ。

項目1.買付日選択:日付、または曜日を指定

まず買付日選択では、2つから選択します。

  1. 日付指定コース
    • 毎月選んだ日(複数日指定可)に買付
    • 毎月買付におすすめ
  2. 曜日指定コース
    • 毎月選んだ曜日(複数曜日指定可)に買付
    • 毎週買付におすすめ

私達は毎月1回定期買付を行うため、日付指定コース1日を選択しています。

もし、1日が日曜日などで買付できない場合、自動的に買付日は翌営業日となります。

ただし、買付余力が足りず買付が失敗した場合、自動で再度買付はされないため注意しましょう。

たま
たま
私達は月末に買付余力を必ず確認しています。

項目2.買付方法・株数等の設定:口数、もしくは金額を設定

次に買付方法、決済方法を2つから選択します。

  1. 株数指定/金額指定
  2. 外貨決済/円貨決済

株数指定(口数指定)は、市場価格に関係なく指定した口数を買付します。

銘柄の市場価格が上昇すると、買付に必要な金額が高くなるので注意が必要ですね。

例えば、VTを毎月5口買付する場合をみてみましょう。

市場価格(ドル) 買付口数 約定金額(ドル)
50 5 250
60 5 300
70 5 350
80 5 400
90 5 450

一方で金額指定の場合、指定した金額で買付できる口数を買付します。

もも
もも
指定した金額で買付できるわけではありませんよ。

そのため、市場価格が上昇すると買付する口数が減っていくことになります。

例えば、毎月500ドルでVTを買付する場合をみてみましょう。

市場価格(ドル) 買付金額 買付口数 約定金額(ドル)
50 500ドル 10 500
60 500ドル 8 480
70 500ドル 7 490
80 500ドル 6 480
90 500ドル 5 450

決済方法は買付手順で説明したとおり外貨決済がおすすめです。まとめると、

  • 毎月の買付口数を決めている→口数指定(外貨決済)
  • 毎月の買付金額を決めている→金額指定(外貨決済)
たま
たま
私達は口数指定(外貨決済)を設定しています。

項目3.ボーナス月コース:設定しない

次にボーナス月コースですが、ボーナス(賞与)のある月の買付する口数を増やす時に利用します。

私達は余剰資金が増えると、指定月ではなく毎月均等に口数を増やすため設定していません。

もも
もも
時間もできるだけ分散したいですからね。

項目4.NISA枠ぎりぎり注文(NISA預かり時):実行しない

次はNISA枠ぎりぎり注文ですが、これは実際の例を見ると分かりやすいです。

情報 ポイント
為替 1ドル=100円
VTの市場価格 100ドル/口
NISA非課税枠の残り 10万円(1,000ドル) 買付できるのは10口
定期買付口数 12口→10口へ変更

NISA枠ぎりぎり注文を実行すると定期買付の口数を、自動的に12口から10口に減らしてくれます。

私達はNISA枠が減った時は自分達で調整したいため、現在は設定していません。

項目5.課税枠シフト注文(NISA預かり時):実行しない

最後に課税枠シフト注文ですが、これもNISA枠ぎりぎり注文の例を見ると分かりやすいです。

情報 ポイント
為替 1ドル=100円
VTの市場価格 100ドル/口
NISA非課税枠の残り 10万円(1,000ドル) 買付できるのは10口
定期買付口数 12口
(NISA枠ぎりぎり注文: →12口を特別預かりで買付
(NISA枠ぎりぎり注文: →10口をNISA、2口を特別預かり扱いで買付

私達はNISA枠ぎりぎり注文と同じで、自分達で調整したいため設定していません。

手順2.定期買付設定後、設定銘柄一覧で内容を確認

定期買付サービスを設定すると、定期買付ページで設定銘柄一覧が確認できます。

ここで自分が設定した内容次回発注予定日も確認することができます。

もし変更したい場合は、右の変更ボタンから行えるので覚えておきましょう。

たま
たま
次回発注予定日前には、買付余力を確認しましょうね。
もも
もも
外貨積立の場合は、外貨入金も忘れないようにしましょう。

これで買付、定期買付の手順について分かりましたが、最後に買付後に確認するポイント3つをみていきましょう。

米国ETFの買付後に確認するポイント3つ

1.外国株式等取引報告書で買付内容を確認

米国ETFを買付すると、外国株式等取引報告書が電子交付されます。

SBI証券の上部メニューから、口座管理、電子交付書面をクリックします。

閲覧ボタンから、交付された外国株式等取引報告書を確認してみましょう。

SBI証券からの外国株式等取引報告書

画像は実際の外国株式等取引報告書で、買付した銘柄口数金額手数料などが記載されています。

もも
もも
買付手数料が無料だったことも書面から分かりますね。

ちなみに、外国株式等取引報告書は買付から数日以内に交付され、メールで連絡も入ります。

2.口座(外貨建)確認画面で保有銘柄、買付余力を確認

次に口座(外貨建)の保有銘柄買付余力予定通りかを確認しましょう。

特に定期買付の場合は、次回発注予定日が過ぎたら一度確認することをおすすめします。

たま
たま
買付が失敗していたら、手動で買付が必要ですからね。

また、私達のように一般NISAを活用する場合は、残りの非課税枠も同じページで確認しておきましょう。

3.定期買付が失敗した場合は申込履歴を確認

もし、定期買付が失敗した場合は、申込履歴から理由を確認しましょう。

外貨建商品取引サイトに移動し、取引、米国、定期買付、申込履歴をクリックします。

定期買付を行った日付を検索すると、画像のように詳細を確認することができます。

もも
もも
画像は買付余力の不足が理由で失敗した場合です。

まとめ:米国ETFの買付、定期買付は難しくない!

今回はSBI証券における買付に関する3つのことを、具体的にまとめました。

  1. 買付手順
  2. 定期買付手順
  3. 買付後の確認ポイント

買付、定期買付は、私達も最初は慣れずに大変と感じていました。

たま
たま
設定や入力の内容も分からないことが多かったですからね。

ただ、実際に重要なことは買付余力だけです。

買付する口数、定期買付の回数や期間を間違えても、買付余力までしか買付できません。

逆に外貨積立を利用してる場合は、定期的な外貨入金を忘れないことも大切ですね。

【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ
【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ【体験談】住信SBIネット銀行での外貨買付、外貨積立、SBI証券への外貨入金の考え方、具体的な手順を紹介。おすすめは為替手数料が2銭と安い外貨積立。ただし、外貨入金は定期的に自動で行えないので注意。...

私達のように月初に定期買付を利用するならば、月末と月初に確認するだけで大丈夫。

  • 月末
    • 外貨入金、買付余力の確認
    • 買付金額、口数の確認
  • 月初
    • 定期買付結果を確認

米国ETFの買付が無事に終わったら、合わせて分配金や再投資についても理解しておきましょう。

【米国ETF投資】SBI証券における分配金について。配当金との違い、利回り、税金、受取、再投資
【米国ETF投資】SBI証券での分配金に関するまとめ。利回り、税金、再投資がポイント【体験談】米国ETFから支払われる分配金。利回りも重要だが、3つの税金を理解し確定申告によって節税することも重要。受け取りは外貨(米ドル)のため、手動で買付、少額なら外貨建MMFも活用しよう。...
米国ETF投資実績、初心者からの始め方を公開中
こちらも合わせてどうぞ♪