投資関連情報

【2019年版】アメリカETF投資に向けたSBI証券のETF買付手順、定期買付設定方法

アメリカETF投資に向けたSBI証券のETF買付手順、定期買付設定方法

こんにちわ、ももたまです。

私達は現在アメリカのETFに対して毎月コツコツと積立投資を行っています。

30代子育て世帯の2019年8月の資産運用・投資実績を公開(通算損益175.62ドル、累計配当43.98ドル)
30代子育て世帯の2019年8月の資産運用・投資実績を公開(通算損益169.86ドル、累計配当46.49ドル)2019年8月度の資産運用実績は通算損益169.86ドル、累計配当46.49ドル。今月はNYダウ平均株価の暴落、円高進行が話題になっていますが、大切なのはリスクを知っておく事。...

実体験を元に、前回の記事では住信SBIネット銀行を利用した外貨買付方法と、SBI証券への入金方法をまとめました。

アメリカETF投資向け住信SBIネット銀行の外貨買付、SBI証券口座への入金方法のまとめ
【2019年版】アメリカETF投資向け住信SBIネット銀行の外貨買付、SBI証券口座の入金方法のまとめアメリカETF投資に向けて外貨を住信SBIネット銀行で買付し、SBI証券口座へ入金する必要があります。具体的な手順も紹介しますが、為替リスク下げるための外貨積立もおすすめです。外貨積立時は定期的なSBI証券口座への入金も忘れずに。...

今回はいよいよSBI証券口座でのアメリカのETF買付の方法、そして定期買付方法を紹介していきます。

実際の買付自体はとても簡単で、私達と同じように長期的な積立投資を考えている方は毎月コツコツ買付するだけです。

これからアメリカのETFへの投資を考えている方、アメリカETFの買付・定期買付方法を知りたい方にとって、今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

もも
もも
いよいよ資産を手に入れる時ですね

目次

SBI証券におけるアメリカのETF買付方法

ログイン後に外国株式の専用ページへ移動する

SBI証券へログイン後、外国株式を扱う専用のページ(外貨建商品取引サイト)へ移動します。

SBI証券の外国株式取引専用ページへ移動

銘柄やティッカーシンボルを利用して対象のETFを検索する

外貨建商品取引サイトでは、アメリカ以外にも中国、韓国、ロシア等様々な国々の商品を購入する事が出来ます。

今回はアメリカのETFなので、アメリカのETFの銘柄、もしくはティッカーシンボルを検索します。

ティッカーシンボルとは各商品につけられたアルファベット記号です。

例えば『バンガード トータル ワールド ストックETF』のティッカーシンボルは『VT』になります。

アメリカのETFでは商品名称よりもティッカーシンボルの方が有名ですね。

たま
たま
むしろ商品名称の方が聞きなれない

今回はVTを買付ける事を例に挙げて説明をしていきます。

ETFの各種情報ページがから買付ページへと移動する

VTを検索すると各種情報が確認できるページに移動します。

買付のボタンを押すことで買付ページに移動することが出来ます。

また、それ以外のタブではETFの様々な情報を確認することが出来、私達も各種ETFを知るのに利用しています。

SBI証券の外貨建商品取引サイトのETF情報

色々な情報が綺麗にまとまっているのでとても見やすいです。

また直近のチャートなどはもちろん、配当金履歴なども見ることが出来ます。

たま
たま
興味のあるETFなど見てると楽しい
SBI証券でのETF情報の確認

 

買付では、口数・価格・期間・預かり区分・決済方法を指定

買付ページでは口数・価格・期間・預かり区分・決済方法をしていきます。

一つずつ確認していきましょう。

SBI証券の外貨建商品取引サイトのETF買付ページ

 

口数:ETFの購入は口数単位でしか行う事が出来ない

日本の投資信託の場合は値段を指定(例えば、1万円分等)購入することが出来ます。

しかし、アメリカのETFは1口単位でしか購入できないため、最低でもETFの基準価額が必要になります。

VTの場合2019年7月24日では基準価額が76.28ドル。

つまり、この基準価額×口数が買付に必要な金額となります。

アメリカのETFは口数単位でしか購入が出来ない。

 

価格:指定した価格で買う指値、買付出来る価格で買う成行がある

株式投資をしたことがある方には馴染みがある指値、成行ですが、アメリカのETF投資が初めての投資の場合は良く分からないと思います。

指値はその名前の通り、指定した通りの価格に達した際に購入します。

75ドルで指値買付:現在の基準価額が80ドルで75ドルになったら買付

ただ、アメリカのETF投資を長期的に行うのであればあまり利用する事がありません。

どちらかというと値段を気にせずコツコツ積み立てていく事が大切だからです。

そこで利用するのが成行(なりゆき)です。

成行はその名の通り買えるタイミングで買う事になります。

現在の基準額から大きく離れる事は無いですが、決まった金額で買う事が出来ません。

とはいえ、実害のあるほど大きく離れることはまずないので、成行で十分です。

指値は指定した価格で、成行は現在買付出来る価格で購入する方法。

 

期間:出した注文の有効期限を決める

指値の場合は価格が指定した価格になるまで待つ必要があります。

その期間を注文を出した日(注文日)とするか、ある程度先まで有効とするかを選ぶことが出来ます。

成行で注文する場合は注文日としておけば良く、指値を利用するなら必要に応じて期間を設定しましょう。

もも
もも
まぁ、注文日以外使わないです

注文の有効期限を決められるが成行なら注文日でOK。

 

預かり区分:購入したETFをどの口座の扱いとするかを決める

NISAを含めると口座には大きく3種類の預かり区分があります。

  • 一般預かり:一般口座扱いになるので必要な場合は自ら確定申告を行う
    • メリットはほぼないのでおすすめしない
  • 特別預かり:特別口座扱いになるので原則確定申告は不要
    • NISAを利用しない場合はこれを選択
  • NISA預かり:NISA口座扱いになるので120万円までは非課税
    • NISAを利用する場合は必ずこれを選択

私達は夫婦ともにNISA口座を利用しているのでNISA預かりを選択しています。

特別預かりにすれば配当金も課税された状態で受け取ることになりますよ。

NISA口座を利用しないなら特別預かり、利用するならNISA預かり。

 

決済方法:円貨決済、外貨決済を選ぶ

VTを円で購入するか、ドルで購入するのかということを選択します。

口座開設の記事でも紹介した通り、私達は外貨決済をおすすめしているので、外貨決済を選択します。

アメリカETF投資を始める為のSBI証券の魅力紹介と口座の開設のポイント
【2019年版】アメリカETF投資を始める為のSBI証券の魅力紹介と口座の開設のポイントアメリカのETFへの投資を始めるならSBI証券&住信SBIネット銀行が一番おすすめ。口座開設は簡単で、マイナンバーと本人確認書類をWebアップロードすれば翌営業日には取引できます。SBI証券の魅力を再確認してアメリカのETFへの投資を始めましょう。...

 

SBI証券のみ設定できる定期買付方法

定期買付専用ページにて対象のティッカーシンボルを検索

上部メニューの取引→米国→定期買付を選択していきます。

SBI証券の定期買付方法

その後、ティッカーシンボル検索後、対象のETFの定期買付画面に移動します。

定期買付時は預り区分、買付日選択、買付方法・株数等の選択、ボーナス月コースを選択します。

通常買付時には無かった部分を説明していきます。

 

買付日選択:日付、または曜日を指定して定期買付が可能

買付日選択では『日付指定コース』と『曜日指定コース』を選択することが出来ます。

  • 日付指定コース:毎月選んだ日(複数日可)に定期買付を行う
  • 曜日指定コース:毎月選んだ日(複数曜日可)に定期買付を行う

毎月購入する場合は、日付指定コースで1日や31日をしておきましょう。

毎週購入する場合は、曜日指定コースで曜日を設定しておきましょう。

私達は毎月1回購入している為、毎月1日に購入することを設定しています。

SBI証券の定期買付方法における買付日選択

ちなみに1日が日曜日などで買付出来ない場合は、自動的に翌買付稼働日に変更されるので安心ですね。

 

買付方法・株数等の設定:枚数や金額、決済方法の設定

定期買付では金額を指定して購入できるように見えます。

SBI証券の外貨建商品取引サイトのETFの定期買付における枚数・金額姉弟

ただこれは、金額の内実際に買える枚数分しか買付されないので注意が必要です。

例:80ドルのETF定期買付時に100ドル指定すると1口のみ購入

毎月コツコツ積立購入する場合は確実に購入する為にも枚数指定をおすすめします。

金額指定だと、ETFの標準価額が上がった場合に買付が出来ない可能性が出てきます。

もも
もも
もちろん、枚数指定でも買付余力が無ければ買付出来ませんよ

例:80ドルのETF定期買付時に100ドル指定し、ETFが101ドルになると買付出来ない

 

ボーナス月コース:指定した月だけ購入数を増やすことが出来る

ボーナスが入る月は通常の購入数よりも増やしたいという場合に利用できます。

ボーナス月に購入を増やすくらいなら、全体的に購入数を増やした方が良いと思います。

私達は特に設定はしていません。

SBI証券の外貨建商品取引サイトのETFの定期買付のボーナス月設定

 

NISA枠ぎりぎり注文:注文株数を引き下げてNISA枠を使い切る

一般NISA枠は年間120万円です。

定期買付の枚数が1以上の場合、NISA枠の残りに合わせて自動的に変更するかどうかを選べます。

1ドル=100円、ETFを200ドルとする。

  • NISA枠の残り:10万円
  • 定期買付口数:6口
  • 必要買付金額:12万円(200ドル×6)

上記の場合に設定しておくと、定期買付口数を自動的に6口から5口に減らしてくれます。

私達はNISA枠が減ってきたら自ら調整する予定なので設定していません。

 

課税枠シフト注文:NISA枠で足りない分を課税枠で買付する

先ほどの例でいえば、6口から5口に減らしたわけですから1口分足りていないことになります。

その1口を一般扱い、もしくは特定扱いにして自動的に買付してくれます。

私達は必要であれば自ら調整するので設定していません。

 

定期買付をすると設定銘柄を一覧で確認することが出来る

定期買付を設定すると定期買付ページで設定銘柄一覧を確認することが出来ます。

ここから定期買付の内容を簡単に変更できるのも便利ですね。

SBI証券の外貨建商品取引サイトのETFの定期買付の設定一覧

 

買付を行ったら電子交付書面で内容が確認できる

電子交付書面にて詳細な買付情報を確認することが出来る

ログイン→口座管理→電子交付書面にて書面を閲覧することが出来ます。

SBI証券の買付電子交付書面

ただし、書面は即日発行されるわけでは無い為、買付から数日後に発行されます。

 

念のため口座確認画面で買付資産と買付余力などを確認

私達は定期買付が正常に終わっていることを口座管理画面からも確認します。

買付完了後、外国株式を扱う専用のページ(外貨建商品取引サイト)へ移動し、口座管理画面へ移動します。

買付余力、NISA投資可能額、株式(NISA預かり)を確認し、予定通りかどうかを確認しています。

SBI証券の買付確認のための口座確認

 

最後に

今回はいよいよSBI証券口座でのアメリカのETF買付の方法、そして定期買付方法を紹介していきます。

実際の買付自体はとても簡単で、私達と同じように長期的な積立投資を考えている方は毎月コツコツ買付するだけです。

これからアメリカのETFへの投資を考えている方、アメリカETFの買付・定期買付方法を知りたい方にとって、今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

こちらも合わせてどうぞ♪