投資関連情報

【米国ETF投資】SBI証券における米国ETFの買付、定期買付手順まとめ

【米国ETF投資】SBI証券における米国ETFの買付、定期買付手順まとめ

こんにちわ、ももたまです。

私達は2019年3月から米国ETF投資を毎月コツコツ続けています。

米国ETF投資(インデックス投資)の投資実績、投資銘柄を大公開
米国ETF投資(インデックス投資)の投資実績、投資銘柄を大公開2019年3月から取り組んでいる米国ETF投資の運用実績、保有銘柄、SBI証券での米国ETF投資の初め方についてのまとめ。...

米国ETF投資と聞くと難しいイメージがありますが、実際の買付はとても簡単です。

また、SBI証券の魅力の1つであるETF定期買付を利用すれば、毎月の積立も簡単に行うことができます。

たま
たま
始めて米国ETFを買付するときドキドキでしたけどね。笑

そこで今回は、SBI証券における米国ETFの買付定期買付の手順を具体的にまとめました。

目次

SBI証券で米国ETFを買付する4つの手順

1.ログイン後に外国株式の専用取引サイトへ移動する

まずはSBI証券へログインをして、右下のメニューにある外国株式の取引ボタンクリックします。

クリックすると、外国株式を扱う専用サイト、外貨建商品取引サイトへ移動します。

2.銘柄やティッカーシンボルを入力して米国ETFを検索する

次に米国ETFの銘柄、もしくはティッカーシンボルを入力して検索します。

ティッカーシンボルとは上場企業や投資商品につけられたアルファベット記号です。

例えば、『バンガード トータル ワールド ストックETF』のティッカーシンボルは『VT』。

米国ETFは名称よりもティッカーシンボルの方が有名かもしれませんね。

たま
たま
名称は一般的に長いので、短いティッカーの方が便利です

今回の例では、私達も投資している『VT』を買付していくことにします。

3.各ETFの銘柄情報から買付のページへ移動

検索画面で『VT』を検索すると、銘柄情報のページに移動します。

銘柄情報のページ右側にある買付ボタンクリックして、買付のページへ移動してます。

ちなみに、銘柄情報では現在の市場価格やチャートなど確認することができます。

それ以外にも、米国ETFの魅力の1つでもある分配金履歴も確認することができますよ。

例えば『VT』の場合、画像から2019年9月24日に1口当たり0.43ドルの分配金があったことが分かりますね。

4.口数・価格・期間・預かり区分・決済方法を決める

買付ページに移動したら、5つの項目について選択・入力をします。

  1. 口数
  2. 価格
  3. 期間
  4. 預かり区分
  5. 決済方法

それぞれの項目について1つずつ見ていきましょう。

4.1 口数:米国ETFの買付は口数単位で買付を行う

米国ETFは口数単位で買付します。つまり、買付に必要な金額は市場価格×口数となります。

例えば『VT』の市場価格(SBI証券のサイト上では株価と表示)が79ドルの場合、最低でも79ドルからしか買付できません。

1口(79ドル)、2口(158ドル)というように、口数で必要な金額が決まってきます。

そのため、日本の投資信託のように金額を指定して買付することができません

もも
もも
米国ETFと投資信託の違いですね

ちなみに、買付時には手数料が必要になるので、実際の必要金額は市場価格×口数+買付手数料(買付金額×0.45%)となります。

私達はNISA口座を利用しているため、SBI証券では買付手数料が無料です。

4.2 価格:指値、成行、逆指値から成行を選択すれば良い

株式投資の経験がある方には馴染みのある、指値成行逆指値(*)ですが、米国ETF投資から始める方は初めて聞く方も多いと思います。

(*)SBI証券では米国株式において、逆指値が利用できるようになりました(2019年10月7日より)

指値はその名前の通り、銘柄が指定した市場価格(株価)になった場合に買付します。

画像は現在100ドルの銘柄が90ドルまで下落したら買付を行う、という指値のイメージ図です。

例えば、今は市場価格(株価)が高く、魅力が低い銘柄だけど、もう少し値下がりしたら買付したい場合ですね。

たま
たま
今より安くなったら買付するということです

一方、逆指値は指値と同じように銘柄が指定した市場価格(株価)になった場合に買付しますが、上昇したら買付を行います。

画像は現在100ドルの銘柄が110ドルまで上昇したら買付を行う、という逆指値のイメージ図です。

例えば、買付するか悩んでいた銘柄が伸び始めたので、今後の上昇に乗り遅れないように買付したい場合です。

もも
もも
上昇に乗り遅れないようにします

そして成行(なりゆき)は、銘柄が買付できるタイミングの価格で買付します。

成行でも現在の市場価格(株価)から大きく離れることはありませんが、決まった金額で買付はできないということが重要ですね。

私達のように米国ETF投資を長期的に行うのであれば、毎月コツコツ買付することが大切です。

現在の価格が本当に高いのか、安いのか、市場の今後は誰にも分かりません。

だからこそ、私達は成行定期的な買付を続けています。

4.3 期間:出した注文の有効期限を決める

期間は、買付注文の有効期限を指定することができます。

特に指値、逆指値のように市場価格(株価)が指定した価格になるまで待つ場合、いつまで待つのかも重要ですからね。

一方で私達のように成行で買付を行う場合は、当日中を選択しておけば問題ありません。

4.4 預かり区分:購入したETFをどの口座の扱いとするかを決める

NISAを含めると大きく3種類の預かり区分があります。

  • 一般預かり:一般口座扱いになり自ら確定申告を行う
    • メリットがほとんど無いのでおすすめしない
  • 特定預かり:特定口座扱いになり原則確定申告は不要
    • NISAを利用しない場合はおすすめ
  • NISA預かり:NISA口座扱いになり年120万円までは非課税
    • NISAを利用する場合は必ず選択

私達はNISAを利用しているため、NISA預かり選択しています。

NISAを利用しない方は特定口座扱いになる特定預かりを選択しましょう。

4.5 決済方法:円貨決済、外貨決済を選ぶ

買付を円で行うか、外貨(米ドル)で行うかを選ぶことができますが、外貨決済がおすすめです。

外貨決済をおすすめする理由は3つです。

  1. 為替手数料を抑えることができる
  2. 為替リスク対策ができる
  3. 分配金を効率よく再投資できる

円貨決済、外貨決済の比較はSBI証券の魅力をまとめた記事に記載しているので、参考にしてみて下さい。

たま
たま
通貨も分散して保有するのが良いですね
【米国ETF投資】SBI証券の4つの魅力と口座開設手順のまとめ
【米国ETF投資】SBI証券の4つの魅力と口座開設手順のまとめ米国ETF投資ならSBI証券と住信SBIネット銀行が為替手数料がわずか2銭とおすすめ。買付した外貨の入金も簡単で、定期買付ができるのも魅力的。...

後は取引パスワードを入力して、注文を確定させたら米国ETFの買付は完了です。

続いて、SBI証券の魅力の1つでもある、米国ETFの定期買付の手順をみていきましょう。

SBI証券で米国ETFを定期買付する2つの手順

1.定期買付専用ページにて対象のティッカーシンボルを検索

まず、外貨建商品取引サイトの上側にあるメニューから、取引米国定期買付クリックしていきます。

次に、買付と同様に米国ETFの銘柄、もしくはティッカーシンボルを入力して検索します。

定期買付では5つの項目を設定します。

  • 預かり区分
  • 買付日
  • 買付方法
  • 株数(口数)
  • ボーナス月コース

また、預かり区分がNISA預かりの場合、さらに2つの項目を設定します。

  • NISA枠ぎりぎり注文
  • 課税枠シフト注文

先程説明した預かり区分以外について見ていきましょう。

ちなみに設定する項目が多いと感じるかもしれませんが、実際にはほとんど設定する必要が無いですよ。

1.1 買付日選択:日付、または曜日を指定して定期買付が可能

買付日選択では日付、曜日のどちらかを指定することができます。

  • 日付指定コース
    • 毎月選んだ日(複数日指定可)に買付する
    • 毎月買付におすすめ
  • 曜日指定コース
    • 毎月選んだ曜日(複数曜日指定可)に買付する
    • 毎週買付におすすめ

私達は毎月1回、米国ETFを定期買付しているため、日付指定コース毎月1日を指定しています。

もし指定した日が日曜日などで買付できない場合は、自動的に買付日は翌営業日に変更されるので安心。

ただし、買付余力が足りず買付できない場合は、次の買付日となってしまうので注意が必要です。

もも
もも
買付余力は設定日前に一度確認しましょうね
たま
たま
私達は月末に必ず確認しています

1.2 買付方法・株数等の設定:株数や金額、決済方法の設定

金額指定の場合、指定した金額で購入できるように見えますが、指定した金額で買付できる口数しか買付できません。

例えば、『VT』の市場価格(株価)が79ドルの時、100ドルを指定して定期買付を設定しても1口しか買付できません。

右にある概算シミュレートボタンを押せば、買付口数の予定が表示されるので参考にして下さい。

なお、金額を指定して定期買付を行うと市場価格(株価)が上がってしまった場合、買付ができない可能性も出てきます。

そのため、毎月の投資金額を決めているという人は、金額指定がおすすめです。

もも
もも
例えば、毎月1,000ドルを投資する場合ですね

一方、株数指定(口数指定)の場合は市場価格(株価)に関係なく、指定した株数(口数)を買付します。

そのため、市場価格(株価)が大きく上下すると毎月の投資額も大きく変わります。

市場価格(株価)が上がれば口数を減らす、市場価格(株価)が下がれば口数を増やすといった対応が長期的には必要になりますね。

そのため、毎月の買付口数を決めているという人は、枚数指定(口数指定)がおすすめです。

たま
たま
例えば、毎月VTを5口ずつ買付する場合ですね

1.3 ボーナス月コース:指定した月だけ購入数を増やすことが出来る

ボーナス月コースは、ボーナス(賞与)のある月に買付する株数(口数)を増やしたい場合に設定します。

私達なら指定した月だけを増やすのではなく、毎月均等に口数を増やしたほうが良いと考えているため設定していません。

1.4 NISA枠ぎりぎり注文:注文株数を引き下げてNISA枠を使い切る

NISA枠ぎりぎり注文は例を考えるとわかりやすいです。

  • 1ドル:100円
  • 買付対象のETF:200ドル(1口)
  • NISA枠の残り:10万円(1,000ドル)
  • 定期買付口数:6口

この時、定期買付に必要な金額は200ドル×6口で1,200ドルですが、NISA枠の残りは5口分(1,000ドル)しかありません。

この場合、NISA枠ぎりぎり注文なら定期買付の口数を自動的に6口から5口に減らしてくれます

私達はNISA枠が減ってきたら自分達で調整するため、特に設定はしていません。

1.5 課税枠シフト注文:NISA枠で足りない分を課税枠で買付する

課税枠シフト注文はNISA枠が足りない場合、一般/特定預かりで自動的に買付してくれる設定です。

先程のNISA枠ぎりぎり注文の例を考えると、減らした1口分を一般/特定預かりで自動的に買付してくれます。

私達はNISA枠ぎりぎり注文と同じで、自分達で調整するため設定していません。

2.定期買付を設定したら設定銘柄一覧で内容を確認する

定期買付を設定すると、定期買付ページで画像のような設定銘柄一覧が確認できます。

自分達が設定した内容次回発注予定日も確認することができます。

また、定期買付の内容を変更したい場合は、右の変更ボタンから行うことができますよ。

もも
もも
次回発注予定日前には買付余力を確認しておきましょう
たま
たま
外貨積立の場合は、外貨入金を忘れずにだね

買付後は電子交付書面、保有銘柄、買付余力を確認

外国株式等取引報告書で買付した情報の詳細が確認できる

米国ETFを買付すると、『外国株式等取引報告書』が電子交付されてます。

上部のメニューから、口座管理電子交付書面クリックして、ページの中央にある閲覧クリックします。

メールボックスの中にある『外国株式等取引報告書』をクリックして表示してみましょう。

SBI証券からの外国株式等取引報告書

画像は実際の『外国株式等取引報告書』で、買付した銘柄口数金額手数料などが記載されています。

この取引ではNISA口座での買付で、買付手数料が無料ということが書面から分かりますね。

もも
もも
一度は目を通しておきましょうね

ちなみに、『外国株式等取引報告書』は即日発行されるわけではなく、買付から数日以内に発行されます。

また、発行されるとSBI証券に登録したメールアドレスにメールでお知らせがきます。

口座(外貨建)確認画面で保有銘柄、買付余力を確認する

買付、定期買付をした後は、必ず口座(外貨建)の保有銘柄買付余力予定通りかを確認しましょう。

特に定期買付の場合は、次回発注予定日が過ぎたら一度確認しておきましょう。

買付余力が足りなかった場合など、買付できなかったときは手動で買付することも必要になりますからね。

また、NISA預かりを選択した場合、同じページのNISA/つみたてNISA投資可能枠の部分で、残りの非課税金額も確認しておきましょう

定期買付できなかった時は申込履歴を確認する

通常の買付と違い、定期買付の場合は買付余力が原因で買付できないことがあります。

その場合、外貨建商品取引サイトに移動し、取引、米国、定期買付、申込履歴クリックしていきます。

定期買付を行った日付で検索してみると、画像のように買付余力不足で発注できなかったことが分かりますよ。

まとめ:米国ETFの買付、定期買付は難しくない

今回はSBI証券における米国ETFの買付、定期買付の手順を具体的にまとめました。

買付、定期買付のどちらでも、最初は慣れず大変と感じるかもしれません。

たま
たま
実際、私達も最初は戸惑うことも多かったです

ただ買付、定期買付において重要なのは買付余力だけです。

例え買付する口数を間違えても、最大でも買付余力までしか買付ができません。

また、定期買付の場合は買付余力が足りずに、発注が失敗することが実際によくあります。

特に私達のように住信SBIネット銀行で外貨積立をしている場合、定期的な外貨入金が必要です。

【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ
【米国ETF投資】住信SBIネット銀行の外貨買付・外貨積立とSBI証券への外貨入金まとめ外貨買付のため、住信SBIネット銀行へ日本円を入金する時はSBI証券の即時入金サービスを活用。外貨買付は為替手数料が2銭、為替リスク対策としても有効な外貨積立がおすすめ。...

私達は毎月定期買付をしているため、月末に買付口数と買付余力の確認、月初に実績を確認しています。

さぁ、私達と一緒に米国ETFという資産を買付していきましょう!

米国ETF投資実績、初心者からの始め方を公開中
こちらも合わせてどうぞ♪