子育てグッズ

【体験談】アクアビーズは3歳でもおすすめ?対象年齢、遊び方、購入時の注意のまとめ

アクアビーズは年少におすすめ?対象年齢、遊び方、購入時の注意をまとめた体験レビュー

こんにちは、ももたまです。

子供の3歳の誕生日プレゼントとして、アクアビーズ(対象年齢は6歳)を購入しました。

3歳だと少し早いと心配する人もしますが、購入するセットに注意すれば、3歳(年少)でも十分楽しめる知育玩具です。

たま
たま
重要なポイントは「かたちビーズトレイ」ですね。

アクアビーズはビーズも小さく、最初は大変かもしれませんが、慣れると最後まで子供1人だけで遊ぶことができます。

3歳という年齢でも、多くの工程を1人で「やりきれる」という部分に、私達はとても魅力を感じました。

そこで今回は、私達も大満足のアクアビーズに関して、子供達の体験談を含めた5つのことをまとめました。

  1. アクアビーズとはどんな知育玩具なのか?
  2. 実際に遊んでみて感じたアクアビーズの3つの魅力
  3. 遊んだからこそ分かったアクアビースの2つの注意点
  4. 3歳におすすめのアクアビースセット
  5. アクアビースをお得に購入するためのポイント

私達が愛用するブロック玩具のLaQ(ラキュー)と同じで、一人で集中して取り組める知育玩具は本当におすすめです。

アクアビーズはビーズを並べて水で固める知育玩具

子供達がつくったアクアビーズの作品達

アクアビーズは特殊なビーズを並べて水をかけることで、写真のように様々な形を作れる知育玩具です。

写真は、当時3歳(年少)だった子供が作ってくれた作品で、左下のうさぎ、右下のキリンも上手に作れていました。

もも
もも
慣れると本当に1人で遊べることが分かりますね。

アクアビーズには3種類のビーズがあり、色も豊富です。

  1. まるビーズ:20色
  2. キラキラビーズ:8色
  3. ポリゴンビーズ:20色

これらのビーズを組み合わせることで、可愛いモノからカッコいいもの、平面から立体までデザインできます。

たま
たま
男の子・女の子を問わず、一緒に遊ぶことができますよ。

そこで次は、実際に遊んでみて感じたアクアビーズの3つの魅力について見ていきましょう。

実際に遊んでみて感じたアクアビーズ3つの魅力

魅力①:水しか使わないので子供だけで安全に遊べる

アクアビーズの水入れ

アクアビーズは写真の水入れ、もしくは霧吹きで水をかけることで、ビーズをくっつけます。

同じような知育玩具にアイロンビーズがありますが、名前の通りアイロンを使わなければ固められません。

子供にアイロンは扱えないので、アイロンビーズだと親が必ず手伝わなければなりませんでした。

もも
もも
アイロンも子供達の近くでは利用したくないですよね。

一方、アクアビーズは水しか使わないため、「ビーズを並べてから完成させるまで」を全て1人で行うことができます

最初は確かに上手くいきませんが、何度も何度も繰り返し挑戦することは、子供達にも良い刺激となりました。

また、「親の手を貸りなくても1人で遊べる」という経験を、子供達はアクアビーズを通して得ることができました。

たま
たま
子供が自分で考え、挑戦ができる仕組みが良いですね。

魅力②:かたちビーズトレイなら3歳の初心者でも大丈夫

アクアビーズのかたちビーズトレイ

アクアビーズのセットの中に、写真の「かたちビーズトレイ」が付属しているセットがあります。

アクアビーズを初めて触る3歳児には、小さなビーズを決まった場所に置くだけでも大変です。

もも
もも
だからこそ、対象年齢が6歳なのでしょうね。

でも、かたちビーズトレイを活用すれば、自分で好きなビーズをトレイに入れるだけです。

ビーズも1粒ずつ入れる必要もありませんし、指で上から押さえれば自然と穴にも入ります。

実際、3歳の子も購入して直ぐに取り組むことができて、アクアビーズに慣れることができました。

たま
たま
ビーズに慣れたら、少しずつステップアップできますよ。
アクアビーズの透明なトレイ

かたちビーズトレイでアクアビーズに慣れたら、次は写真の透明トレイに挑戦してみましょう。

今度は周りのカタチが決まっていないので、自由にビーズを使ってデザインができます。

ただ、自由と言われても、どんな風に置いたら良いのか想像することは難しいでしょう。

アクアビーズの透明トレイとイラストシート

そこで活躍するのが、透明トレイの下に差し込むことができる、写真のイラストシートです。

イラストシートには動物などがビーズで描かれているので、同じ色のビーズを置くだけで簡単に作れます。

ただ、初めてアクアビーズを触る場合、いきなりイラストシートを活用するのは6歳でも難しいでしょう。

もも
もも
小さなビーズを選んで置くって意外に難しいですからね。

そのため、下記のように「かたちビーズトレイ」から「透明トレイ+イラストシート」へのステップアップがおすすめです。

かたちビーズトレイ

  • 自分でビーズを入れて固めてみる
  • 好きなビーズを選んで入れてみる

透明トレイ+イラストシート

  • ビーズを選んで指定された場所に置く
  • ビーズの色を使い分ける

繰り返しになりますが、子供のペースに合わせて取り組める仕組みが、アクアビーズの魅力と言えるでしょう。

魅力③:イラストシートはネットで簡単に追加ができる

アクアビーズのイラストシート

アクアビーズは購入すると、写真のようなイラストシートが標準で付属しています。

たま
たま
私達が購入したセットには12枚入っていましたね。

ただ、デザインも一般的なモノが多く、季節に合わせた以下のようなデザインは入っていません。

  • 春…ひな祭り、サクラ
  • 夏…七夕、海の生き物
  • 秋…ハロウィン
  • 冬…クリスマス、お正月

ところが、アクアビーズ公式サイトでは、季節のデザインを含めた数多くのイラストシートが無料で公開されています。

無料公開のイラストシートの数は、なんと500シート以上で、現在も定期的に更新されています。

私達も実際に利用してみましたが、ダウンロードして印刷するだけでとても簡単でした。

もも
もも
子供達が好きなデザインも、きっと見つけられますよ。

ちなみに、小学1年生になった上の子は、ネット上のアクアビーズ作品を見ながら、自分で真似していました。

ディズニーなどの人気キャラクターも、アクアビーズで簡単に作ることができます。

子供達が大きくなれば、イラストシートも必要なく好きなデザインを作れることもアクアビーズの魅力です。

 

さて、続いては実際にアクアビーズで遊んだからこそ分かった、2つの注意点を見ていきましょう。

実際に遊んでみて分かったアクアビーズ2つの注意点

注意点①:ビーズは小さいので、床に散らばることも多い

アクアビーズの大きさ
パーツの大きさ

  • レゴデュプロ
  • レゴ
  • アクアビーズ

写真を見ても分かるように、アクアビーズはかなり小さいため、床に落ちても中々気づきません。

遊んだ後、床に転がっていることも多く、掃除機をかけた時に吸ってしまったこともあります。

たま
たま
愛用しているダイソンの掃除機の中で舞っていましたね。笑

また、乳児など小さい子供がいる場合は、口に入れてしまう可能性もあります。

遊ぶ子供の年齢は3歳からでも大丈夫ですが、乳児がいる場合は遊ぶ場所を限定するなど工夫しましょう。

注意点②:ビーズは消耗品のため追加購入する必要がある

アクアビーズは消耗品

写真は乾燥が足りずに、壊れてしまったアクアビーズの作品の一部です。

もも
もも
乾燥させる時間が短いと、よく壊れてしまいますね。

作品が壊れた時は、パーツ同士をくっつけながら水をかけることで、接着させることはできます。

ただ、一度くっついた状態のビーズは、バラバラにして別の作品に再利用することができません

アクアビーズはビーズ自体が溶けてくっつくため、ビーズは消耗品です。

セットを購入すると、ビーズの数はかなり多いですが、遊び続けていくとビースは足りなくなります。

LaQ(ラキュー)のようなブロック玩具とは違い、追加購入が必要という点は気になるところでした。

たま
たま
遊ぶ頻度にも寄りますが、半年経っても足りてますよ。

ちなみに、ビーズは1色から購入できますが、セットで購入したほうが安くておすすめですよ。

 

さて、アクアビーズの魅力と注意点が分かったところで、次は私達がおすすめするセットを紹介します。

3歳~6歳ならスーパーアクアビーズDXプラス

アクアビーズには本当に色々なセットがあるので、私達も購入する時はかなり悩みました

たま
たま
アクアビーズ好きのママ友・パパ友にも相談しましたね。

そして、私達が3歳の誕生日プレゼントとして購入したのが、「アクアビーズ スーパーアクアビーズDXプラス」でした。

実は、初心者向けセットとして「はじめてのアクアビーズ」がありますが、かたちビーズトレイが入っていません

アクアビーズ スーパーアクアビーズDXプラスは数年前のモデルのため、値段も最新版より安いというメリットもあります。

さらに、「ビーズケース・透明トレイ」も2つずつあるため、子供達が一緒に遊んでも喧嘩しないところも魅力でした。

アクアビーズのビーズトレイ、透明トレイが2つ

写真のように、ケースも2つに分けられるということも、子供達が別々で遊べるという点で良かったです。

もし、子供が1人で、対象年齢の6歳前後なら「はじめてのアクアビーズ」も良いでしょう。

アクアビースをお得に購入するためのポイント

アクアビースをお得に購入するためのポイント

アクアビーズは、店舗よりもネット通販で購入することをおすすめします。

私達もトイザらスなどのおもちゃ屋に足を運びましたが、数も種類も多く販売されていませんでした。

さらに、店舗だと割引も少なく、楽天やAmazonのセールと合わせて購入したほうが圧倒的に安かったです。

例:はじめてのアクアビーズ

  • 店舗:3,300円(税別)
  • ネット:2,180円(税込)
たま
たま
私達もネット通販(Amazon)で購入しましたよ。

また、私達が購入した「アクアビーズ スーパーアクアビーズDXプラス」は、最近発売されたものではありません。

そういう意味でも、店舗では在庫が無い可能性が高いためネット通販が1番でしょう。

まとめ:アクアビーズは3歳でも遊べる知育玩具

今回は3歳(年少)でも安全に1人で遊べる知育玩具、アクアビーズについてまとめました。

アクアビーズの3つの魅力
  1. 水しか使わないので子供だけで安全に遊べる
  2. かたちビーズトレイなら3歳の初心者でも大丈夫
  3. イラストシートはネットで簡単に追加ができる

対象年齢は6歳とありますが、「かたちビーズトレイ」があれば3歳からでも遊ぶことができます。

もも
もも
1人で遊べるという仕組みが1番の魅力ですね。

また、アクアビーズに慣れていくにつれて、イラストシートを活用して遊べるように、ステップアップできます。

かたちビーズトレイ

  • 自分でビーズを入れて固めてみる
  • 好きなビーズを選んで入れてみる

透明トレイ+イラストシート

  • ビーズを選んで指定された場所に置く
  • ビーズの色を使い分ける

ビーズは小さく、床に落ちていることもありますが、実際に買って遊んでみて、私達はとても満足しています。

店舗では数も種類も多くはないので、ネット通販を活用して「かたちビーズトレイ」付きを購入しましょう。

たま
たま
子供が1人で遊べることも、知育玩具には大切な要素ですね。

以上、ももたまでした!

子供の習い事はスマイルゼミ(通信教育)がおすすめ!
ももたま家が愛用している理由
  • タブレットで幼児、小学生も楽しく学べる!
  • 小学生タブレット教材No1と、教材も面白い!
  • 無料の資料請求で体験ブックがもらえる!
  • 全額返金保証付きと安心して取り組める!

 

こちらも合わせてどうぞ♪