子育てグッズ

アクアビーズは年少におすすめ?対象年齢、遊び方、購入時の注意をまとめた体験レビュー

アクアビーズは年少におすすめ?対象年齢、遊び方、購入時の注意をまとめた体験レビュー

こんにちわ、ももたまです。

3歳の子供にアクアビーズをプレゼントしましたが、実はアクアビーズの対象年齢は6歳とあります。

少し早いかと心配していましたが、購入するセットに注意すれば、年少(3歳)でも十分楽しめる知育玩具でした。

たま
たま
ポイントはかたちビーズトレイです♪

最初はビーズも小さく大変と感じるかもしれませんが、慣れてくると水で固めるところまで一人でできます

今回は私達も大満足のアクアビーズについて、子供達との体験談をもとにまとめてみました。

LaQ(ラキュー)と同じように、一人で集中して取り組む姿に子供の成長を感じますね。

created by Rinker
¥7,424
(2020/02/25 00:54:08時点 楽天市場調べ-詳細)

LaQ(ラキュー)
【6歳誕生日プレゼント】LaQ(ラキュー)は幼児におすすめの知育玩具!口コミ・レビューLaQ(ラキュー)は年中、年長(5歳、6歳)におすすめのパズルブロック、知育玩具。パーツの種類が少ないからこそ、幼児でも想像力を育むことができるのが魅力。男女問わず楽しめる。...

アクアビーズはビーズを並べて水で固める知育玩具

子供達がつくったアクアビーズの作品達

アクアビーズは水に溶ける特殊なビーズで、並べて水をかけることで写真のようにいろいろな形をつくって遊べる知育玩具です。

もも
もも
写真は実際に3歳の子が作ってくれた作品です
たま
たま
左下のうさぎ、右下のキリンも上手に作れていますね

アクアビーズのビーズには大きく3つの種類があり、色も豊富です。

  1. まるビーズ:20色
  2. キラキラビーズ:8色
  3. ポリゴンビーズ:20色

これらのビーズを組み合わせることで、可愛いものからカッコいいものまで、本当にいろいろなデザインが作れます。

ではアクアビーズの概要が分かったところで、次は実際に遊んで感じたアクアビーズの3つの魅力についてみていきましょう。

実際に遊んでみて分かったアクアビーズ3つの魅力

1.水しか使わないので、安心・安全に子供だけで遊べる

アクアビーズの水入れ

アクアビーズは写真の『水入れ』、もしくは『きりふき』で水をかけて、ビーズをくっつけて完成させます。

似たような知育玩具にアイロンビーズがありますが、名前の通りアイロンを使ってビーズをくっつけなければなりません。

幼児ではアイロンは扱えないので、アイロンビーズの場合は親が必ず手伝わなければなりませんでした

アクアビーズの場合、作り上げるまで全て一人で行うことができ子供達にはとてもいい刺激です。

最初は確かに上手くいきませんが、サポートをしすぎず、子供に一人で遊べるということを体験してもらうことがとても良かったです。

たま
たま
子供自身が考えて、挑戦ができる仕組みが良いですね

2.かたちビーズトレイがあれば、3歳の初心者でも大丈夫

アクアビーズのかたちビーズトレイ

アクアビーズには、写真のかたちビーズトレイが付属しているセットがあります。

3歳でアクアビーズが初めてだと、小さなビーズを指定された場所に置いていくだけでも相当大変です。

そんなとき、このかたちビーズトレイなら好きなビーズを自分で選んで入れるだけ。

たま
たま
3歳の子でもすぐに取り組むことができました

かたちビーズトレイで、ビーズの使い方に慣れてきたら少しずつ透明トレイを利用していきましょう。

アクアビーズの透明なトレイ

アクアビーズは写真の透明なトレイに、ビーズを置いていくことで好きなデザインをしていきます。

ただ、自由に入れても良いということは子供には難しく、ましてやデザインとなると大人でも難しいですよね

アクアビーズの透明トレイとイラストシート

そこで役に立つのが、透明トレイの下に差し込むことができる写真のイラストシートです。

イラストシートには動物などがビーズで描かれており、同じ形・色のビーズを置くだけで描かれているデザインを作れます。

ただ初めてアクアビーズを触るなら、イラストシートがあっても6歳の子でも中々上手く使いこなせませんでした。

もも
もも
3歳の子ならなおさらですよね

最初はかたちビーズトレイで、ペンを使ってビーズの取り扱いかたと、水を使って固めることに慣れていく。

その後はイラストシートを使って、ビーズを選び・指定指定された場所に置いていくことへステップアップしましょう。

少しずつ、子供のペースに合わせて取り組めるような仕組みも、アクアビーズの魅力ですね。

アクアビーズのマジカルペン

セットによっては、複数のビーズを入れて簡単に切り替えられる、写真のマジカルペンが入っています。

私達も使ってみましたが、入るビーズの色・量が限られるので、あまり使い勝手は良くなかったです。

それよりも、いろいろなビーズをしっかりと分別できるケースの方が重要ですよ。

たま
たま
ケースについては、後のおすすめのところでも紹介します

3.イラストシートはネットで簡単に追加ができる

アクアビーズのイラストシート

写真は私達が購入したスーパーアクアビーズDX(デラックス)プラスに付属していたイラストシートです。

枚数は全部で12枚ありましたが、いろいろなデザインを作るためにもたくさん欲しいところです。

もも
もも
冬ならサンタ、春ならひな祭りとか作りたいですね

実はアクアビーズ公式サイトでは、季節のデザインを含めたいろいろなイラストシートを無料で公開しています。

ダウンロードをして印刷するだけで、簡単に追加のイラストシートを手に入れることができます。

しかも、その数は500シート以上と本当に多く、今でも定期的にどんどん更新されています。

たま
たま
子供が作りたいデザインも見つかりますよ

ちなみに、6歳の子はネット上のアクアビーズ作品を見ながら、自分で簡単に真似をして作ることができます。

ディズニーなどの人気キャラクターも、アクアビーズで簡単に作れるのも実は隠れた魅力です。

さて、アクアビーズの3つの魅力が分かったところで、次は2つの注意点をみていきましょう。

実際に遊んでみて分かったアクアビーズ2つの注意点

1.ビーズはとにかく小さいので、床に散らばることも多い

アクアビーズの大きさ

これはレゴデュプロ・レゴ・アクアビーズ・爪楊枝を並べ、大きさを比較した写真です。

アクアビーズは小さく、床に落ちても気づかずに、遊んだ後の床に転がっていることも結構多いです。

たま
たま
掃除機をかけたときに、吸ってしまったこともあります

また、床に落ちるだけなら良いですが、乳児などの小さい子が口に入れてしまう可能性もあります。

遊ぶ子供の対象年齢は3歳でも大丈夫ですが、小さい子がいる環境なら注意すべきですね。

2.アクアビーズは消耗品のため、追加で購入もできるが割高

アクアビーズは消耗品

写真は乾燥が足りずに壊れてしまったアクアビーズの一部ですが、壊れた部分をくっつけて水をかければ直すことはできます

もも
もも
乾燥時間が短かったりすると、よく壊れますね

ただ、写真の状態からビーズをバラバラにして、別の作品に再利用をすることはできません

水をかけるとビーズ自体が溶けるため、もとの形に戻すことができない、つまりアクアビーズは消耗品なのです。

セットで購入するとビーズの数は結構はいっていますが、最終的にはビーズが足りなくなってきます。

ビーズは1色から追加で購入することもできますが、セットで購入したほうが安くておすすめですよ。

created by Rinker
¥2,481
(2020/02/25 00:54:08時点 楽天市場調べ-詳細)

レゴやLaQ(ラキュー)とは違い、遊び続けていくと結果的に割高になっていくのは気になるところですね。

さて、アクアビーズの魅力注意点をみてきましたが、最後に私達のおすすめセットと購入場所についてです。

アクアビーズのおすすめセットと購入場所

子供が6歳未満ならスーパーアクアビーズDXプラス

アクアビーズには本当にいろいろなセットがあり、私達も購入する時には悩みました

たま
たま
先輩ママ・パパさんにも相談しましたね

そんな私達がおすすめするのが、『アクアビーズ スーパーアクアビーズDXプラス』です。

created by Rinker
¥7,424
(2020/02/25 00:54:08時点 楽天市場調べ-詳細)

初心者向けに『はじめてのアクアビーズ』というセットがありますが、これにはかたちビーズトレイが入っていません

また、アクアビーズ スーパーアクアビーズDXプラスは数年前のモデルのため、値段も最新版より安いというメリットもあります。

そしてビーズケース・透明トレイも2つあり、子供達が一緒に遊んでも喧嘩しないという内容が1番の決め手でした。

アクアビーズのビーズトレイ、透明トレイが2つ
もも
もも
実際、透明トレイが2つあるのは大正解でした
たま
たま
ケースが分離して広げられるのもGoodでしたね

もし、子供が1人で対象年齢の6歳前後なら『はじめてのアクアビーズ』も検討して良いですね。

created by Rinker
¥2,180
(2020/02/25 00:54:09時点 楽天市場調べ-詳細)

おすすめの購入場所は店舗よりもネット通販が安い

アクアビーズを購入するなら実際の店舗よりも、ネット通販の方が絶対におすすめです。

私達もトイザらスなどのおもちゃ屋さんに見に行きましたが、数も種類も多くはありませんでした。

さらに、店舗だと割引も少なく、楽天やAmazonのセールと合わせて購入したほうが安かったです。

それに『アクアビーズ スーパーアクアビーズDXプラス』は新商品ではないので、店舗での取り扱いもなかったです。

たま
たま
私達もネット通販(Amazon)で購入しました

まとめ:アクアビーズは年少でも遊べる知育玩具

今回は年少(3歳)でも安心安全1人で遊べる知育玩具、アクアビーズについてまとめました。

対象年齢は6歳ですが、かたちビーズトレイが入っていれば、3歳の子でもしっかり遊ぶことができます。

3歳の子も今ではイラストシートを使って、自分の好きな動物やデザインに一生懸命取り組むようになりました。

もも
もも
6歳の子は人気キャラクターを、ネットで探して作ってますね

アクアビーズは確かに小さく、片付けきれずに床に落ちていることもありますが、実際に買ってみて本当に満足です。

1人で完成までやりきることができる仕組みで、集中力を身につけることもできる素敵な知育玩具ですよ。

created by Rinker
¥7,424
(2020/02/25 00:54:08時点 楽天市場調べ-詳細)

ももたま家の家計簿、家計見直し術を公開中!
こちらも合わせてどうぞ♪