子育てアイデア

子供達と一緒にカブトムシの幼虫を育ててみることになった

カブトムシの幼虫

こんにちわ、ももたまです。

最近とても暖かくなってきて虫取りの季節となってきましたね。

子供達は虫が大好きなので、最近のお出かけには虫取り網とかごを持っていく事が多いです。

お出かけ先の野原で虫とりを楽しんでいたら近所の方が声をかけてくださいました。

『私達の畑でカブトムシの幼虫がいるんだけどいるかい?』

たまちゃんと子供達は大はしゃぎしながら、幼虫を貰う事にしました。

ついに始まった虫たちとの共同生活、さぁどうなる事やら。

たま
たま
絶対しっかり育ててみんなでかわいがろうねっ!
もも
もも
お~~いぇ~~い(虫が苦手)

カブトムシの幼虫

実際のカブトムシの幼虫です。

カブトムシの幼虫1

たまちゃんの手と比較しても結構大きいことが分かります。

お店で見かける幼虫よりもかなり大きかったので、子供達も最初は驚いていました。

ただ、さすが子供で慣れるのも早く興味津々で、直ぐに触り始めていました。

カブトムシの幼虫2
たま
たま
こんな大きいし、お店では絶対味わえないよっ!
もも
もも
た、たまちゃん落ち着くんだ

たまちゃんは虫が大好きなので、実は子供以上にはしゃいでいました。

カブトムシの幼虫を育てる

私達はこれまでカブトムシの幼虫を育てた経験がありません

去年はクワガタを育てのですが成虫を捕まえてからだったので、幼虫からは初体験。

未経験ですが、せっかくいただいた大切な命なので子供達と一緒に頑張って育てていきます。

幼虫の間は容器に入れて飼育用の土と適度な湿度を保つだけで良いとのこと。

今ある虫取りかごを利用してホームセンターで飼育用の土を購入してきました。

賃貸だと動物などを飼う事が出来ないので、自分達で生き物を世話をするという経験は貴重ですね。

さぁ、無事に飼育容器も出来たので幼虫を移動させ後は成長を見守るだけです。

もも
もも
子供達は気になって何度も覗き込んでいました。笑
カブトムシの幼虫 飼育容器

子供達の反応

最初に頂いた時は大はしゃぎだった子供達。

翌日には興味がだいぶ薄くなっていましたね。

幼虫は基本土の中で外からは見えなく、特にお世話することも有りません。

定期的に湿度を保つためにお水を上げたりするくらいですね。

家庭菜園のように頻繁に水を上げることがないので、興味が薄くなるのは仕方がないかな?

すくすく育っていく事を期待しながら子供達と成長を楽しんでいきます!

たま
たま
子供と一緒に私も結構楽しんじゃってますね
もも
もも
え、知ってたよ。笑

さなぎになる

先日たまちゃんが興奮気味にさなぎになったことを教えてくれました。

もも
もも
(あれ?一番楽しんでるよね?)

さなぎは土の中でなるので見えないかと思っていたら、下から覗き込むと見えました。

カブトムシのさなぎ

驚いたのは以前の色に比べるとかなり茶色になっていました。

カブトムシの抜け殻やさなぎは茶色なんですが、実際に目の当りで体感するとちょっと感動しますね。

そんな話をたまちゃんにしたら、『虫も良いものでしょ?』っと言われたのですが。

もも
もも
これはこれ、それはそれ

子供達の反応はというと、意外に落ち着いていましたね。

下の3歳の子もさなぎは理解しつつも、上手く成虫のイメージと結びつかないみたいです。

成虫になって動き出した時の反応が楽しみです。

たま
たま
羽化するところは絶対みたいっ!
もも
もも
が、がんばろうね

カブトムシ育成のまとめ

  • 近所の方から幼虫をいただいた
  • たまちゃんと子供達は大喜び
  • 動物を飼えない賃貸でも虫ならOK
  • 幼虫は普段お世話することが少ない
  • 無事にさなぎになった
  • 本当に茶色になる事に少し感動
  • 3歳の子にはイメージがし辛い
  • 成虫になった時の反応が楽しみ

以上

こちらも合わせてどうぞ♪