家計見直し

【家計見直し】ふるさと納税で食費、生活雑貨費を削減!具体的な始め方も大公開

【家計見直し】ふるさと納税で食費、生活雑貨費を削減!具体的な始め方も大公開

こんにちは、ももたまです。

家計見直しに取り組むなら、絶対におすすめしたいのがふるさと納税です。

『納税』という言葉だけで、なんだか複雑でよく分からない。そんな理由でふるさと納税をしていない方も結構多いです。

たま
たま
正直に言えば、本当にもったいないです

ふるさと納税を活用すれば、食費や日用雑貨費を削減することができるので家計見直しにも大きな効果があります。

特に会社員の場合、複雑な手続きをしなくても、書類1枚だけで簡単に終わらせることもできるのです。

今回は、やればすぐに効果も出るふるさと納税の魅力とはじめ方を、初心者向けにまとめてみました。

 

ふるさと納税ってどういうこと?

自治体へ寄付をすることで税金を安くすることが出来る制度

ふるさと納税は『納税』という言葉がついていますが、実際に私達が行うのは『自治体への寄付』です。

たま
たま
とってもわかりづらいですよね

好きな自治体に寄付を行うと、寄付した金額を翌年の税金から控除、つまり税金を安くしてもらうことができます。

ただし、控除される金額(安くなる金額は)『寄付金額-2,000円』なので、実質2,000円分は自腹になります。

寄付と控除の例
  • 2019年に50,000円を寄付する
  • 2020円の税金が48,000円安くなる

例では2019年に5万円を支払うので、何となく損をしている気がしますが翌年の税金が安くなっているので大丈夫。

もも
もも
寄付した年の税金が安くなるわけじゃないのです

さて、実質2,000円の自腹があるなら寄付をしても損をするだけと思いますよね?

ここで重要なのが耳にすることも多い、自治体からの『返礼品』です。

実は寄付をすると各自治体から、寄附金額に応じた返礼品をもらうことが出来ます。

そして、自治体からの返礼品こそがふるさと納税をやらないもったいないポイントでもあります。

返礼品は確実に2,000円以上の価値があるので絶対にお得

自治体からの返礼品の種類は本当に多く、食品・家電・お花・旅行チケットまであります。

例えば1万円を寄付すると、10kgのお米が返礼品としてもらえる自治体もあります。

たった1万の寄付で実質2,000円分の自腹は元がとれたと言えますよね。

もも
もも
寄付をするだけでいろいろな物がもらえる
たま
たま
ふるさと納税をしてる人、してない人で差が出る理由だね

また、寄附金額が大きければもらえる返礼品も増えますが、最低2,000円から返礼品がもらえる自治体もあります。

さらに寄付は個人単位なので、夫婦共働きの場合は2人分の返礼品がもらえるのでお得度も2倍です。

手続きはワンストップ特例制度で簡単に行うことができる

『納税』というと税金関係の面倒な手続きがある、と実際多くの方が思っているふるさと納税

でも実際はワンストップ特例制度を利用すると、たった1枚の紙を書くだけでいいって知っていましたか?

たま
たま
本当に必要なことだけ書いたら市町村に送るだけ
もも
もも
しかも記入する項目はわずか4つだけ
ワンストップ申請書記入内容
  1. 日付
  2. 個人情報(名前、住所など)
  3. マイナンバー
  4. 申請可能かどうかのチェックボックス2つ

『申請可能かどうかのチェックボックス2つ』は、以下2つの項目に自分が該当するのかを考えてチェックを付けます。

チェックボックスの内容
  • 確定申告をしない
  • 寄付先が5つの自治体を越えていてない

確定申告をする予定、もしくは寄付する自治体が6つ以上になった場合は確定申告が必要になります。

例えば会社員だと住宅ローンを組んだ時、最初の年だけは確定申告が必要なのでワンストップ申請が使えないです。

2年目以降は確定申告をせず会社の源泉徴収を利用するため、ワンストップ申請が使えますよ。

ワンストップ申請後に確定申告をすることになった場合は、ワンストップ申請の全てが無効となります。そのため、確定申告時にワンストップ申請をした分も合わせて申告しましょう。

自治体の数は寄付金額が大きい場合は気にする必要がありますが、普通はあまり気にならないですね。

たま
たま
私達も毎年寄付先は3つくらいです

さて、ふるさと納税は取り組めば確実に効果があると分かったところで、次は具体的な始め方をみていきましょう。

ふるさと納税を始める3つのステップ

①自分が寄付できる上限の金額を調べよう

ふるさと納税は収入、扶養家族の有無などによって同じ収入でも寄付できる上限の金額が変わります。

独身共働き
(扶養内)
共働き
(扶養内)
共働き共働き
年収400万400万400万400万400万
結婚独身既婚既婚既婚既婚
配偶者控除ありありなしなし
扶養家族なし16歳の子供1人なし16歳の子供1人
寄付上限金額43,905円36,141円28,376円43,905円36,141円

そして、寄付金額を越えて寄付を行った場合、税金から控除されないので実質2,000円の負担金額が増えてしまいます。

例えば、寄付上限金額が40,000円の場合を考えてみましょう。

上限未満上限ピッタリ上限オーバー
寄付上限金額40,000円40,000円40,000円
寄附金額30,000円40,000円50,000円
翌年の税金控除28,000円38,000円38,000円
実質負担額2,000円2,000円12,000円

つまり、できるだけ寄付上限金額ギリギリの寄付を行うことがお得ということです。

たま
たま
寄付上限金額はネットで簡単に調べられますよ

楽天ふるさと納税のかんたんシミュレーターを使って調べておきましょう。

 

②返礼品を探して、寄付する自治体を決めよう

寄付上限金額が分かったら、自分がほしい返礼品を探しましょう。

返礼品は本当に数が多いので、果物、お米といったジャンルで選ぶと良いですが2点注意すべきことがあります。

返礼品を探すときの注意点
  1. 寄附金額あたりの返礼品の量はさまざま
  2. すぐに届くとは限らない

例えば同じ寄附金額1万円でも、自治体Aは牛肉500g、自治体Bは牛肉300gのようにバラバラです。

もちろん牛肉も同じものではないので品質の良し悪しは明確につけられませんが、量については気をつけるべきところですね。

また、寄付をしてから返礼品が届くまでの日数は、自治体ごとにばらばらです。

特にお米(白米)の場合は長期間の保存は適さないので、短い期間に寄付しすぎないようにすることも大切ですね。

ふるさと納税の返礼品にお米を選択するなら発送日に注意!ふるさと納税の返礼品にお米を選択するなら発送日に注意しよう。タイミングが早すぎるとお米が傷んでしまうし、遅すぎると別途お米を買う必要が出てきてしまいますよ。...

③寄付はクレジットカードを利用しよう

返礼品を決めたら、各自治体に対して寄付を行うだけです。

決済方法はいろいろありますが、クレジットカード払いならクレジット会社のポイントもつくのでおすすめです。

12月は駆け込み寄付が増えるので、年末ギリギリではなく余裕を持って寄付しましょう。

もも
もも
自治体によっては受付終了を早めることもあります

家計見直しなら返礼品は生活必需品がおすすめ

ふるさと納税の返礼品

家計見直しを目的にふるさと納税を活用するなら、一番おすすめの返礼品はズバリ生活必需品です。

ここでいう生活必需品とは、生活に必要なお米や洗濯・食器洗剤です。

もちろん全てを返礼品で済ますことは難しいので、生活必需品の中から単価が高いものを選ぶと良いですね。

たま
たま
私達はお米に利用することが多いかな

お米を月に10kg消費する場合、年間で120kg。10kgで4,500円とすると年間で5万4千円にもなります。

仮にふるさと納税で半分の60kg分を返礼品でもらうと、2万7千円分の支出を減らすことができます。

もも
もも
寄付するだけで2万円以上もお得になりますね

さぁ、実際のふるさと納税の始め方が分かったところで、最後に私達がおすすめするふるさと納税サイトを紹介します。

おすすめする2つのふるさと納税サイト

自治体や返礼品の取り扱いがサイトごとで微妙に違うので、いろいろなサイトを見ていると迷ってしまいます。

結論から言えば、返礼品自体に大きな差はありません

また、複数のサイトで寄付をすると寄付上限金額の管理を自分で行わなけれならないので、最初は1つのサイトを利用するのがおすすめ

たま
たま
1年間の寄附金額を覚えておくのも大変ですからね

その上で私達がおすすめするのは『楽天ふるさと納税』『ふるなび』です。

楽天ユーザなら楽天ふるさと納税で楽天ポイントを活用

普段から楽天を利用している方には、楽天ふるさと納税が一番おすすめです。

寄付に楽天ポイントを利用できますし、寄付金額に応じて楽天ポイントを貯めることもできます。

楽天のキャンペーンや、SPU(スーパーポイントアッププログラム)を活用すれば、寄附金額の20%分のポイントを手に入れることも可能です。

 

 

楽天ユーザ以外ならAmazonギフト券がもらえるふるなび

楽天を利用していないなら、寄附金額に応じて最大4%のAmazonギフト券がもらえるふるなびがおすすめです。

通常でも寄附金額の1%がAmazonギフト券としてもらえます。

Amazonギフト券は有効期限も長く、Amazonを利用する機会は必ずあるので独自ポイントよりも助かります。

 

 

まとめ:ふるさと納税で家計の支出をおさえよう!

ふるさと納税は『自治体に寄付した金額が翌年の税金から控除され、返礼品がもらえる』お得な制度です。

実質2,000円の負担がありますが、返礼品が2,000円以上の価値があるものばかりです。

たま
たま
やらないと本当にもったいないですよ!

ふるさと納税の始め方はわずか3ステップ。

ふるさと納税の3つのステップ
  1. 寄付上限金額を調べる
  2. 返礼品を決める
  3. 寄付をする

寄付後に行う手続きはワンストップ特例制度を利用すれば、わずか書類1枚です。

ふるさと納税の返礼品を生活必需品にあてることで、普段の支出も抑えることができます。

年間2万円以上も支出を削減できるので、ふるさと納税をしている人、していない人でどんどん差がついていきますよ。

もも
もも
さぁ、ふるさと納税を活用して家計見直しを始めましょう

 

家計見直しの第一歩はマネーフォワードから!
ももたま家のおすすめ理由
  • 家計簿をつける時間が激減!
  • 銀行・証券口座・クレジットカードも自動連携!
  • 予算に対する支出をリアルタイムで確認できる
  • パソコン、スマホのどちらからも利用できる

 

こちらも合わせてどうぞ♪