投資実績

【2020年4月】米国ETF投資、企業型確定拠出年金の運用実績【30代子育て世帯】

【2020年4月】米国ETF投資、企業型確定拠出年金の運用実績【30代子育て世帯】

こんにちわ、ももたまです。

2019年3月から米国ETF投資、企業型確定拠出年金を開始して13ヶ月が経ちました。

コロナウィルスの影響で米国市場は大きく下落した後、なかなか落ち着かない状況が続いています。

たま
たま
私達も初めての暴落を、身を持って体感しています。

ただ、20年以上という運用期間を考えている私達にとって、今は淡々と投資し続けていくだけ

コロナウィルスが実生活にも影響を与えはじめ、仕事・子育て・副業も今まで通りとはいきません。

だからこそ、投資に関しては運用方針と資金管理を守り続けていくだけですよね。

では、さっそく私達の投資・運用方針と2020年4月度の運用実績を見ていきましょう。

セミリタイア環境をつくるための投資・運用方針

私達は人生の目標の1つに55歳までにセミリタイア環境をつくることを挙げています。

そのために、家計見直しによる支出の倹約投資による資産の積上副業による収入の複数化に取り組み続けています。

【2020年版】30代子育て世帯の人生の目的・目標を大公開。自分達の幸せを目指そう
【2020年版】30代子育て世帯の人生の目的・目標を大公開。自分達の幸せを目指そう私達の人生の目的は『今と未来を全力で楽しむこと』。そのために『夫婦いつまでも手をつないで歩くこと』、『家族で47都道府県、夫婦で世界50ヶ国制覇すること』、『55歳までにセミリタイア環境をつくること』を目指す。...

投資においては、米国ETF投資企業型確定拠出年金に取り組んでいて、それぞれの投資・運用方針は以下のとおりです。

運用方針 米国ETF投資 企業型確定拠出年金
投資対象 VT、VYMなどの米国ETF 外国債券・株式インデックス
投資方法 毎月定期積立(一般NISA) 毎月定期積立
運用期間 20年以上 20年以上
積立金額 年間約240万(月約20万) 年間約60万(月約5万)
備考 積立金額は適宜調整 給与の一部を加えた最大積立金額
※2020年7月より月約1万円に減額

ではさっそく、2020年4月の投資・資産運用の詳細な実績をみていきましょう。

米国ETF投資の買付、運用実績を公開

米国ETF・MMFの買付銘柄、保有銘柄の評価額

私達が2020年4月14日時点で、保有している全ての銘柄と評価額(1ドル=107.92円)と共に表にまとめました。

銘柄 口数 取得単価 現在値 損益($) 損益計($) 損益計(円) 評価額別割合
VT 208 74.64 66.28 -8.36 -1,738.05 -187,570 56.58%
VYM 37 85.97 75.82 -10.15 -375.53 -40,527 11.51%
LQD 8 117.34 130.55 13.21 105.68 11,405 4.29%
IYR 7 87.59 75.67 -11.92 -83.47 -9,008 2.17%
MMF 1 6,201.74 0 0 0 25.45%
合計 -2,091.37 -225,701 100%

私達は月初に定期買付をしていますが、2020年4月はコロナウィルスによって株価は大きく下落しました。

買付金額は約20万円と変えていないため、買付の口数を増やしました。

  • VT:26口
  • VYM:5口
  • 買付金額:1,917.85ドル(約20万円)

暴落によって株価が下落すると、保有する資産の評価額は下がるため損失となることが多いです。

誰だって損はしたくありませんが、暴落は必ず起きますし、避けられるものではありません。

たま
たま
ただ、言い換えれば安く米国ETFを買付できます。

私達は最終的に世界がコロナウィルスに打ち勝ち、経済が回復・成長する未来を信じています。

だからこそ、現在の含み損の状態でも特に不安もありませんし、いつもどおり買付することもできました。

もも
もも
むしろ、2年目に暴落が経験できて良かったです。

米国ETF・MMFの銘柄別の保有割合

保有している米国ETFとMMFを、現在の評価額で計算した銘柄別の保有割合がこちらです。

2020年4月の米国ETF、MMFの保有割合

実は2020年3月に急激な円高が進んだ時、ドルの買付を10万円ほど余分に行いました。

そのため、MMFの保有割合が25%を超えるほど大きくなってしまいました。

たま
たま
今振り返っても、衝動的な行動だったと少し反省してます。

結果的に円高は短期的に終わり、すぐに円安に戻ったため得をしたと言えます。

ただ、円高も暴落と同様にどれだけ続くのかはわからず、コツコツ定期買付していくほうが良いと考えています。

それでも、コロナウィルスの影響で急激に円高が進んだ時、思わず夫婦で飛びついてしまいました

もも
もも
初めての暴落で、ソワソワして落ち着かなかったですね。

百聞は一見にしかず、何事も本当に体験してみないとわからないと実感した出来事でした。

そういう意味でも、投資2年目というタイミングで暴落を体験できていることは良かったと感じています。

まだ暴落が落ち着いたとは思えないので、今回の失敗を次回の経験に活かしていきます。

なお、割合が増えたMMFは4月分の外貨積立を減らして、5月の米国ETF買付の資金にしていきます。

米国ETF・MMFへの投資額・評価額推移

2020年4月時点の投資額と評価額を加えた推移グラフがこちらです。

2020年4月の投資、評価額推移
年月 運用金額(円) 評価額(円) 損益差額(円) 運用増加額(円) 為替(1$)
2020年4月 2,886,137 2,660,436 -225,701 483,635 107.92
2020年3月 2,402,502 2,204,521 -197,981 121,348 103.45
2020年2月 2,281,154 2,429,221 148,066 286,944 109.94
2020年1月 1,994,210 2,101,004 106,794 114,643 109.61
2019年12月 1,879,567 1,949,852 70,285 95,503 108.60
2019年11月 1,784,064 1,835,116 51,052 249,262 108.87
2019年10月 1,534,802 1,566,652 31,850 278,829 108.69
2019年9月 1,255,973 1,298,611 42,638 179,458 108.05
2019年8月 1,076,515 1,094,417 17,902 143,598 105.99
2019年7月 932,917 962,301 29,384 276,055 108.88
2019年6月 656,862 653,210 -3,652 140,442 108.47
2019年5月 516,420 504,925 -11,495 128,734 109.64
2019年4月 387,686 392,882 5,196 100,846 111.49
2019年3月 286,840 289,873 3,033 286,840 110.00
2019年2月 0 0 0 0

先月に引き続いて評価額はマイナスですが、想像よりも株価が下落していかないと感じています。

一時的な下げ幅は本当に大きかったですが、ダウ平均株価を見てみると

  • 2020年2月12日:29,551.42ドル
  • 2020年3月23日:18,591.93ドル
  • 2020年4月13日:23,390.77ドル

一時的な下げ幅は本当に大きかったですが、4月14日時点では再度上がり続けています。

今後も暴落が続いていけば評価額はマイナスのままですが、それでも私達はコツコツと積立続けていきます。

たま
たま
今後、グラフがどんな風になるのか楽しみですね。笑

米国ETF・MMFからの分配金の推移

2020年4月14日における米国ETF・MMFからの分配金の詳細と推移をグラフにまとめました。

2020年4月の米国ETF・MMFからの分配金推移
日付 ティッカー等 分配金($) 年度別の累計($) 2019年3月からの累計($)
2020年3月18日 VYM 15.98 220.56 230.93
2020年3月31日 VT 36.14 256.70 267.07
2020年4月1日 IYR 3.77 3.77 270.84
2020年4月8日 LQD 2.24 6.01 273.08

2019年3月にVTからの分配金を受け取り、2019年度の分配金は256.70ドル(約2万7千円)となりました。

何もしなくても年間2万7千円、月2千円ほどの収入を生み出す資産を手に入れたともいえます。

もも
もも
夫婦で毎月、ランチを食べに行けますね。

私達は分配金を全て再投資していますが、受け取った分配金の額を見ると、資産を築いていることを実感できます。

【米国ETF投資】SBI証券における分配金について。配当金との違い、利回り、税金、受取、再投資
【米国ETF投資】SBI証券での分配金に関するまとめ。利回り、税金、再投資がポイント【体験談】米国ETFから支払われる分配金。利回りも重要だが、3つの税金を理解し確定申告によって節税することも重要。受け取りは外貨(米ドル)のため、手動で買付、少額なら外貨建MMFも活用しよう。...

インデックス投資を行っている私達にとって、分配金は重要な指標ではありません。

ですが、分配金が入ってくる月はワクワクしますし、投資を続けるモチベーションが上がります。

私達にとって分配金は、インデックス投資を続けていく大きな支えになると実感しています。

たま
たま
ただ積立し続けるだけというのは、本当に大変ですからね。
【米国ETF投資を選んだ5つの理由】つみたてNISAをやらない理由とは?
【米国ETF投資を選んだ5つの理由】つみたてNISAをやらない理由とは?米国ETF投資を選んだ理由は大きく5つ。①ブラックボックス、手数料を避ける。②分配金が欲しい。③税金について考えることができる。④運用金額の想定が非課税枠を超えている。⑤投資信託、米国ETFの2つを管理することが大変。...

企業型確定拠出年金(企業型DC)の運用実績

企業型確定拠出年金の推移をまとめたのがこちらのグラフです。

2020年4月の企業型確定拠出年金(企業型DC)の運用実績
年月 運用金額(円) 評価額(円) 損益差額(円) 積立額(円)
2020年4月 1,224,985 1,211,674 -13,291 51,000
2020年3月 1,165,978 1,148,589 -17,389 51,000
2020年2月 1,114,978 1,226,521 111,543 51,000
2020年1月 1,063,978 1,132,969 68,991 51,000
2019年12月 1,012,978 1,070,251 57,273 51,000
2019年11月 961,978 1,017,567 55,589 51,000
2019年10月 910,978 925,467 14,489 51,000
2019年9月 859,978 879,373 19,395 51,000
2019年8月 808,978 805,050 -3,928 51,000
2019年7月 757,978 765,500 7,522 51,000
2019年6月 706,978 699,493 -7,485 51,000
2019年5月 655,978 667,057 \11,079 51,000

企業型確定拠出年金(以下、企業型DC)も、コロナウィルスの影響を受けて評価額はマイナスです。

現在は給与の一部を追加で拠出していますが、55歳のセミリタイア環境構築に向けて、追加拠出をやめることを決めました。

そのため、2020年7月からは積立金額を約1万円に減額される予定です。

もも
もも
企業型DCは65歳以降に向けた資産運用ですからね。
たま
たま
私達は今の資産運用に集中すべきと判断しました。

暴落リスク・為替リスク時の資産減少額を確認

2020年4月現在、暴落リスク・為替リスクによる資産減少見込みがこちらです。(1ドル=107.92円)

リスク計算 運用金額(円)
(※評価額マイナスのため)
暴落時の想定額(円) 暴落リスク
(5割減)
為替リスク
(3割減)
米国ETF 2,216,845 775,896
MMF 699,292 468,504 ×
企業型DC 1,224,965 612,483 ×
合計 4,111,102 1,856,882

暴落によって投資している資産が約411万から約185万円まで減少する可能性があります。

今月からリスクをより明確にするため、米国ETF投資を米国ETFとMMFに分けました。

  1. 米国ETF
  2. MMF
  3. 企業型DC

米国ETFは暴落リスクによって評価額が下落しますが、MMFは金利が下がるくらいしか影響がありません。

そのため、MMFは為替リスクのみだと考えています。

もも
もも
今回の暴落で、MMFの金利は大きく下がりました。

例えば、ブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンドも、これだけ金利が下がっています。

  • 2019年12月16日:1.219%
  • 2020年4月13日:0.202%

なお、暴落リスク・為替リスクについては別記事にまとめてありますので、下落局面だからこそ振り返っておきたいですね。

【米国ETF投資】株価暴落・為替(円高)リスクで米ドル資産は最大3割まで減る
【米国ETF投資】株価暴落・為替(円高)リスクで米ドル資産は最大3割まで減る米国ETF投資において、過去に株価暴落によってETFの市場価格は▲56.9%、円高によって米ドル資産は▲24.24%になったという事実がある。その上で、長期・積立・分散を意識した投資を行うべき。...

最後に

2020年4月に米国ETF投資も2年目となり、コロナウィルスによる暴落を今まさに体感しています。

たま
たま
マイナスの評価額も見慣れていくのかな?笑

ただ、リスクを把握し資産が半分以下になることを想定していること。

さらに、資金管理を徹底しているので、普段の生活には何も影響が無いことから不安は全くありません

それでも暴落という大きな出来事に、夫婦で落ち着かずドルを買付したことは本当に自分達でも驚きました。

もも
もも
これが経験の差ということなのかもしれませんね。

これからも少しずつ経験を積み重ねながら、20年以上の投資を夫婦で楽しんでいきます。

米国ETF投資実績、初心者からの始め方を公開中
こちらも合わせてどうぞ♪