家計見直し

【家計見直し】自宅のネット環境をモバイルWi-Fiに切り替えて通信費を安く

【家計見直し】モバイルWi-Fiを活用して通信費・固定費を安くしよう!

こんにちわ、ももたまです。

家計見直しにおいて、最優先に取り組むべきことは固定費の見直しです。

もも
もも
一度下げてしまえば、ずっと支出を減らせますからね。

今回は通信費、特に自宅のインターネット費用について考えてみましょう。

私達も以前は、光回線やホームWi-Fiを利用して月額5,000円ほど払っていました。

今ではモバイルWi-Fiに切り替え、実質月額約3,500円です。

年間で1万円以上安くでき、持ち運びも自由なので、屋外でもネットを思いっきり楽しめます。

たま
たま
格安SIMの通信容量も気にしなくてもいいですからね。

そこで今回はモバイルWi-Fiとは何か?から、私達がおすすめするモバイルWi-Fiを2つ紹介します。

おすすめのモバイルWi-Fi
  1. GMOとくとくBB WiMAX2+
    • UQ mobileが毎月、最大で500円割引
    • 速度が安定して早い
    • ただし、速度制限の可能性がある
  2. よくばりWi-Fi
    • 料金が安い
    • 24時間使い放題
    • 速度制限も無し

ではさっそく、モバイルWi-Fiとは何か?ということからみていきましょう。

モバイルWi-Fiは持ち運びが自由にできる通信機器

光回線、ホームWi-Fi、モバイルWi-Fiのイメージ図

画像は光回線ホームWi-FiモバイルWi-Fiを表現したものです。

たま
たま
それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。
メリット デメリット
光回線 有線のため通信が安定し、速度も早い
通信容量の制限が基本的には無い
回線工事が必要
料金が高い
ホームWi-Fi コンセントに差すだけで工事が不要
通信も安定し、速度も比較的早い
通信容量制限がなくなってきている
持ち運べない
料金が高い
モバイルWi-Fi 料金が安い
自由に持ち運ぶことができる
通信も安定し、速度も比較的早い
通信容量制限がなくなってきている
料金体系が複雑
種類が多く分かりづらい

数年前のモバイルWi-Fiは速度も遅く、通信容量制限もあり、使いづらかったです。

ですが、今では新しい会社がどんどんと登場し、速度は早く、通信容量も多く値段も安くなってきました。

実際、私達もこれまで色々なネット環境を利用してきました。

  • 2016年10月まで…光回線
  • 2019年4月まで…ホームWi-Fi
  • 現在…モバイルWi-Fi

利用しているGMOとくとくBB WiMAX2+は使い勝手が本当によく、とても気に入っています。

もも
もも
ネットでストレスを感じることは全くないですね。

そこでモバイルWi-Fiをより詳しく知るために、4つの魅力をみていきましょう。

モバイルWi-Fiの魅力4つ

1.利用するために工事が不要で、月額料金も安い

利用するために工事が不要で、月額料金も安い

光回線(NURO 光G2V)、ホームWi-Fi(SoftBank Air)、おすすめのモバイルWi-Fi2つの月額料金を比較してみました。

サービス名 月額料金 注意
光回線 NURO 光G2V 4,743円~ 別途、工事費用が必要
ホームWi-Fi SoftBank Air 3,800円~ 13ヶ月目~:4,880円
モバイルWi-Fi GMOとくとくBB WiMAX2+ 2,170円~ 3ヶ月目~:3,480円
37ヶ月目~:4,263円
よくばりWi-Fi 3,450円~

モバイルWi-Fiは光回線のような工事が不要のため、工事費用が一切かかりません。

また、月額料金もモバイルWi-Fiにすれば月1,000円以上年間1万円以上も安くなることが分かります。

たま
たま
切り替えるだけで、後はずっと通信費を安くできますね。

2.屋外への持ち運びが自由にできる

屋外への持ち運びが自由にできる

モバイルWi-Fiはコンセントが不要なので、屋外にも自由に持ち出すことができます。

おでかけが大好きな私達にとって本当に魅力的で、出先でも気軽にネットを楽しむことができます

また、移動中の車の中でもiPadとSpotifyで好きな音楽、カラオケを子供達と楽しんでいます。

もも
もも
最新の曲も、聞きたい曲も無料で好きなだけ楽しめます。
Spotifyは無料で時間無制限で楽しめる!好きな曲を再生、スキップする方法を大公開
Spotifyで子供と好きな曲をどこでも自由に無料&無制限で楽しむ裏技!音楽を楽しもう!Spotifyはタブレット端末を利用すれば、好きな曲を自由に楽しむことができる。スマートスピーカー、モバイルWi-Fiを活用すれば、室内・車内・屋外でも音楽を楽しめる。無料時間制限も新規アカウント作成で回避できる。...

3.通信容量が気になる格安SIMとの相性が抜群

通信容量が気になる格安SIMの悩みも解決

私達は格安SIM(UQ mobile)を利用しており、スマホ代は夫婦合わせて月額約4,000円です。

たま
たま
以前は大手キャリア(au)で月額約1万円でしたね。
【家計見直し】スマホを格安SIMに乗り換えて通信費を安くしよう!
【家計見直し】格安SIMでスマホ代は夫婦で月4千円以下にできる!【体験談】格安SIMにするだけで夫婦のスマホ代は月4千円以下にできる。大手キャリアと比べたら年7万円も安くなるので、すぐに取り組むべき。格安SIMは数が多いので、キャリア別おすすめ格安SIMを参考に切り替えよう。...

ただ、格安SIMだと料金は安いですが、通信容量が少なく自由にネットを使えないのが気になるところ。

特に屋外で利用する場合、無料Wi-Fiが無いと気軽に動画などネットは楽しめないですよね?

格安SIMとモバイルWi-Fiの組み合わせ

そんな時モバイルWi-Fiなら、どこでも持ち歩くだけで、通信容量を気にせずネットを楽しむことができます。

もも
もも
通勤中などは格安SIMの容量でも十分ですよ。
たま
たま
私達もおでかけの時に持ち出すくらいですね。

4.通信も安定しており、速度が遅いと感じることがない

通信も安定しており、速度が遅いと感じることがない

モバイルWi-Fiを考えた時、私達も通信が途切れたり、速度が遅くならないか心配でした。

もも
もも
安くても使い勝手が悪いのはダメですよね。

結論から言えば、YouTubeで高画質の動画を見ても何の支障もなく使えます

ブログやSNSなどを頻繁に利用していても、速度が気になったことはありません。

もちろん、山間部などスマホでもネットが使えないところでは通信できないこともあります。

たま
たま
ただ、そういう場所なら逆にあきらめられますけどね。笑

ちなみに、GMOとくとくBB WiMAX2+よくばりWi-Fiでは通信エリアが異なります。(後で説明しますね)

さて、モバイルWi-Fiの魅力4つが分かったところで、今度は気になる注意点2つを見ていきましょう。

モバイルWi-Fiの気になる注意点2つ

1.WiMAXは速度が制限される場合がある

光回線、ホームWi-Fi、おすすめのモバイルWi-Fi2つの通信容量制限についてまとめたのがこちらです。

サービス名 月間容量制限 注意
光回線 NURO 光G2V 容量制限なし 一般的な利用に限る
大量ダウンロード時は制限
ホームWi-Fi SoftBank Air
モバイルWi-Fi GMOとくとくBB WiMAX2+ 3日間で10GBを超えると速度制限(*)
*翌日の18:00~27:00
よくばりWi-Fi 一般的な利用に限る
大量ダウンロード時は制限

全て月間通信容量に制限はありませんが、WiMAXだけは注意が必要です。

WiMAXは速度制限に入る場合がある

WiMAXは直近3日間の通信量の合計が10GBを越えると、翌日の18:00~27:00まで速度制限されます。

ただ、速度制限中も1Mbpsの速度が出るので、Youtubeの標準画質なら快適に見ることができます。

もも
もも
速度制限中はネットが遅いなとは感じますね。

ただ、ネットを頻繁に利用する私達でも3日間で10GBを超えるのは超高画質の動画をたくさん見た時くらいです。

画質 データ量 10GB
Youtube
(5分間)
超高画質 約113MB 約88回(約7時間)
高画質(HD) 約60MB 約166回(約13時間)
標準画質(SD) 約17.5MB 約570回(約47時間)
低画質 約10MB 約1,000回(約83時間)

そのため、例えば家族全員で動画もたくさん楽しみたいなら、よくばりWi-Fiがおすすめです。

2.モバイルWi-Fiは会社が多く、契約内容も複雑

モバイルWi-Fiは会社が多く、契約内容も複雑

モバイルWi-Fiが魅力的なのに、中々広まらない大きな理由が会社の多さと、契約内容の複雑さです。

例えば、モバイルWi-Fiの会社はざっと調べただけでも10社以上あり、サービス名も契約内容も全て違います。

たま
たま
どこが良いのか、何を見たら良いのか分からないですよね?

そこで、モバイルWi-Fiを比較するポイントを抑えながら、おすすめのモバイルWi-Fiを2つ紹介します。

モバイルWi-Fiの比較ポイントとおすすめの2つ

モバイルWi-Fiの比較ポイントを料金サービスに分けてまとめました。

今後、新しいモバイルWi-Fiが出たときにも使える観点なので、ぜひ参考にしてみて下さい。

モバイルWi-Fiの料金を比較する時のポイント7点

モバイルWi-Fiの料金を比較する時のポイントは全部で7点です。

  1. 月額費用
  2. 最低契約期間
  3. 事務手数料
  4. スマホ割引の有無
  5. 1年後、解約時の総額
  6. 2年後、解約時の総額
  7. 3年後、解約時の総額
たま
たま
7つのポイントをいくつかの会社で比較してみました。
月額費用 最低契約期間 事務手数料 スマホ割引 1年後解約時の総額 2年後解約時の総額 3年後解約時の総額
GMOとくとくBB WiMAX2+ 1,2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:3,480円
3年 3,000円 UQ mobile
最大500円/月
2,170円×2
+3,480円×10

+3,000円(事務手数料)
+19,000円(解約料)

=61,140円
2,170円×2
+3,480円×22

+3,000円(事務手数料)
+14,000円(解約料)

=97,900円
2,170円×2
+3,480円×34

+3,000円(事務手数料)
+0円(解約料)

=125,660円
カシモWiMAX 1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月目:3,480円
25ヶ月目以降:4,079円
3年 3,000円 UQ mobile
最大500円/月
1,380円×1
+3,480円×11

+3,000円(事務手数料)
+19,000円(解約料)

=61,660円
1,380円×1
+3,480円×23

+3,000円(事務手数料)
+14,000円(解約料)

=98,420円
1,380円×1
+3,480円×35

+3,000円(事務手数料)
+0円(解約料)

=126,180円
よくばりWi-Fi 3,450円 2年 3,800円 3,450円×12
+3,800円(事務手数料)
+12,000円(解約料)

=57,200円
3,450円×24
+3,800円(事務手数料)

+0円(解約料)
=86,600円
3,450円×36
+3,800円(事務手数料)

+9,500円(解約料)
=137,500円
どんなときも Wi-Fi 3,480円
25ヶ月以降:3,980円
2年 3,000円 3,480円×12
+3,000円(事務手数料)
+19,000円(解約料)

=63,760円
3,480円×24
+3,000円(事務手数料)
+0円(解約料)

=100,520円
3,480円×24
+3,680円×12

+3,000円(事務手数料)
+19,000円(解約料)

=140,180円

料金を考えるときは、事務手数料や解約手数料を加えた1~3年の総額を見るようにしましょう。

WiMAXの場合はUQ mobileを利用すると最大月500円割引があるところも重要です。

もも
もも
1年で最大6,000円も通信費を安くできますからね。

モバイルWi-Fiのサービスを比較する時のポイント3点

モバイルWi-Fiのサービスを比較する時のポイントは全部で3点です。

  1. 通信エリア
  2. 端末の返却
  3. 速度制限
たま
たま
3つのポイントを先ほどと同じように比較してみました。
通信エリア 端末の返却 速度制限
GMOとくとくBB WiMAX2+ WiMAX独自 不要 3日間で10GBを超えると速度制限(*)
*翌日の18:00~27:00
カシモWiMAX
よくばりWi-Fi SoftBank圏内 不要
※2年未満は要
無制限
どんなときも Wi-Fi docomo,au,SoftBank圏内

WiMAXはサービスを提供する会社が違うだけで、サービスの内容は全て同じです。

つまりWiMAXを選ぶ時は、単純に料金が安いサービスを選べばいいということですね。

なお、WiMAXは独自の通信エリアのため、利用する時はエリア確認をしておきましょう。

また、端末の返却は見落としがちですが、返却が必要な場合は付属品なども保管しておかなければなりません。

たま
たま
本当に会社ごとに、契約内容が全然違いますよね。

その上で、今回私達がおすすめするモバイルWi-Fiは、GMOとくとくBB WiMAX2+よくばりWi-Fi2つです。

GMOとくとくBB WiMAX2+はUQ mobileの割引が魅力



私達も利用してるGMOとくとくBB WiMAX2+は他のWiMAXを取り扱う会社に比べて、総額が安いです。

WiMAXならUQ mobileの割引があるため、スマホ代も安くすることができます。

もも
もも
学割なら月額980円ということも魅力ですね。

そこで、スマホ代とWiMAXの通信費について、いろいろな組み合わせで比較してみました。

UQ mobile
+
WiMax
楽天モバイル
+
WiMax
大手キャリア
+
ホームWi-Fi
大手キャリア
+
光回線
スマホ代 1,980円 2,980円(1年無料) 5,980円 5,980円
2台目(学割) 980円
(13ヶ月間)
2,980円
(学割無し&1年無料)
980円
(12ヶ月間)
980円
(12ヶ月間)
自宅ネット代 3,480円 3,480円 4,300円 4,743円
スマホ割引 -500円 × × ×
合計 5,940円 9,440円 11,260円 11,703円

私達も毎月の家計簿で公開しているように、通信費は月1万円以下です。

 

 

一方で、家族で高画質動画をたくさん見ることが多いならよくばりWi-Fiがおすすめです。

料金の安さと容量無制限を兼ね備えたよくばりWi-Fi

よくばりWi-Fiは他の会社よりも魅力が満載のモバイルWi-Fiです。例えば、

  • 月額3,450円という料金の安さ
  • 容量無制限
  • 2年以降なら端末返却も不要

SoftBankの通信網を利用するため、通信エリアはWiMAXよりも広いです。

2019年9月に登場してから人気も高く、今からモバイルWi-Fiを契約するならよくばりWi-Fiにしますね。

 

まとめ:モバイルWi-Fiを活用して通信費を安く

今回は通信費の見直しとして、モバイルWi-Fiについてまとめました。

月額料金が安く自由に持ち運びもでき、屋外でも気軽にネットを楽しめます。

さらに、通信容量が気になる格安SIMと組み合わせることで、通信費をさらに安くすることができます。

たま
たま
私達も以前に比べて通信費は年6万円以上安くなりました。

一方で取り扱い会社も多く、契約内容も複雑で、どこが良いのか分かりづらいです。

そんな時はGMOとくとくBB WiMAX2+、よくばりWi-Fiを私達はおすすめします。

おすすめのモバイルWi-Fi
  1. GMOとくとくBB WiMAX2+
    • UQ mobileが毎月、最大で500円割引
    • 速度が安定して早い
    • 速度制限時間帯(*)以外は使い放題
    • (*18:00~27:00)
  2. よくばりWi-Fi
    • 24時間使い放題
    • 通信制限無し
    • 料金が安い

通信費のような固定費は、一度切り替えて安くすれば効果がずっと続きます。

家計見直しの秘訣は、取り組めることからすぐに始めてコツコツ積み上げていくこと。

さぁ、まずは自宅のネット環境をモバイルWi-Fiに切り替えましょう。

ももたま家の家計簿、家計見直し術を公開中!
こちらも合わせてどうぞ♪